図画・工作

DIYでできちゃう!!
ナメクジ型バイクを戦車ZOOKにしましょう!

Img_7697
僕の愛車 ナメクジ型バイクが生まれ変わりました! 思いっきりミリタリーに「戦車仕様」にしてみました。どっちかというとPOPでキュートで華奢なバイクがなんともはやイカツクなりましたでしょう?

 ビフォー・アフターを比べてみると…
Zook_beforeafter
▲ビフォーはオレンジ。これもオリジナルカラーではなくて、元々はチョコレート色の焦げ茶(ファンキーブラウン)でした。でも塗装ではなくプラスチックむき出しだったので経年変化で表面が白く傷んできましたので、マーチ・オレンジに自分で塗装したのです。でも塗装も汚れてきたし、他のプラの部分が傷んできたので思い切って塗装しなおすことにしました。どうです? かっちょいいでしょ〜(自己満足の世界なのであまり気にしないで(笑))

 さて、今回の塗装に関してはアメリカ雑貨のネットショップ[キャンディ・タワー]さんのページで勉強させていただきました。このサイトの「戦車ズーマー」を読んだからこそやってみよう!という気持ちになったのです。そしてキャンディ・タワーさんが開発した戦車塗料(水性)とプライマーがとても使いやすかったです。これがなければやる気にはならなかったと思います。賃貸マンションに住んでいるので駐車場で塗装作業とか禁止なんです。スプレーとかできれいにやりたいけどできないんですよね。この戦車塗料は水性で刷毛塗り。だからこれならなんとかなるかもと。

 では始めましょう。

Img_7027
▲ヘッドライトまわりのプラが白くヤレています。

Img_7030
▲エアクリーナーのカバーも同様にプラが白くヤレています。
 
Img_7031
 
Img_7035
▲タンクやマフラー付近は金属ですがここもなんだかくたびれています。くたびれ加減はやや残しつつもなんとかしたい。

Img_7037
▲戦車仕上げにする前に洗車です(笑)
 
Img_7039
▲そしてサンディング。紙やすり + スポンジで塗装の表面を荒らします。塗装の食いつきを良くします。

Img_7042
▲スポンジにサンドペーパーを貼り付けたものが売ってますのでそれを利用するのがいいでしょう。僕は百均で買ったサンドペーバーをスポンジに自分で貼り付けましたけど(笑)

Img_7043
▲ロゴを残すかどうかは迷ったのですが、戦車仕様には似合わないのでスクレイパーで削り取ることに。下に元のファンキーブラウンの色が見えていますね。ZOOKロゴ、サヨウナラ〜

Img_7040
▲マスキングはあとで剥がしやすいマスキングテープを使います。こういうのは百均でも売ってます。

Img_7044
▲表面を荒らしたらプライマーを塗ります。これはさらに塗装の定着を良くするものです。

Img_7045
▲2時間もあれば乾くのですが、今回は作業をサッサと進めるためにヒートガンを導入しました。これめっちゃ便利です。ヘアドライヤーとは熱量が違います。逆にこれをヘアドライヤーに使うと髪の毛が縮れちゃいますョ(笑)

Img_7050
▲ここからの作業は、ZOOKをリビングに上げて続行。小ぶりなバイクの特権ですね。おちついて作業ができます。

Img_7053
 
Img_7052
▲ベースは刷毛塗りで行います。水性塗料なので室内でも臭くなくて助かります。

Img_7047
▲塗装に飽きたらマフラーのカバーなどにプライマー塗りを。
 
Img_7054
▲だいたい塗れました〜

Img_7055
 
Img_7056
▲仕上げは、スポンジとんとん。これで表面のざらつき感を表現します。プラボディのZOOKが重々しい金属ボディもどきになってしまうのです。
 
Img_7057
▲ステンシルは普通はスプレーでやるのですが、プレートを密着させないといけませんしマスキングをシビアにしないと失敗します。このキャンディ・タワーさんが考案されたスポンジとんとん方式が実に初心者にも簡単です。
 
Img_7059

Img_7060
▲そして最後にウェザリング。いわゆる汚しですね。錆を表現する色を入れていきます。一度筆に塗料を取り、かすかすになるまで塗料を落としてからその筆で入れます。あ、書くのを忘れてましたがパレットはこれもキャンディ・タワーさんのオススメの段ボールを使っています。Amazonとかからたくさん来るのでいっぱい家にありますし、使い終われば洗う手間もなく捨てるだけ。

Img_7063
▲じゃ〜ん。初日の仕上がりです。休憩含めて10時間ぐらいの作業でほぼ完成しました。こんな本格的な塗装はプラモも含めて初めての経験でしたがなんとか僕でもできてしまいました。

Img_7064

Img_7072

Img_7073

▲今回のステンシルのプレートは百均(Seria)に売っているものの中からクルマバイク系とミリタリーっぽいものを使いました。スピード リミット 55ってZOOKは頑張っても40キロちょいしか出ないのだけど(笑) ガソリンタンクには「ディーゼル オンリー」と。シャレです、シャレ。ZOOKは軽油じゃなくガソリンですョ。マフラーカバーの「25 NOV 1991」はこのZOOKの登録日です。自分で作った桜型も入れました。自衛隊をイメージして。

Img_7123
 
Img_7275
▲ちょっとまだステンシルが足りないなぁさびしいなぁということでオリジナルを作って追加することにしました。自衛隊をイメージして桜型を入れたので、文字でも「J.G.S.D.F.」(陸上自衛隊)と入れました。

Img_7583_2
 
Img_7584
▲これで完成です。もう少しステンシルを追加しました。

22256543_1584269418297259_156136072
▲上から2つは右舷、いちばん下は左舷側。「MS50」はZOOKの開発コード名、「A-AF26」はZOOKの正式な型番、「AF05E」はZOOKのエンジンの型式、「3.3PS」は馬力。非力だなぁ(笑)
 
Img_7702
▲ヘルメットもミリタリーっぽいものを先に入手していたので合います。

Img_6994

Img_6996_2
▲バイク用ヘルメットなんて買うの二十年ぶりぐらいでしょうか。このヘルメットは『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』という自衛隊舞台のアニメがあるらしく、それ風のバイク用ヘルメットが出てて、それのベースになったモデルでアニメの設定の自衛隊デカールはなしですっぴん。でも色がマットグリーン。ホントはこれの白ヘルメットを買ってウルトラ警備隊風を作ろうと思ったのだけど、この色いいなぁということでこっちを買いました。デカールないだけで半額以下です。あ、この色ならサバゲにも使えるかな…て、サバゲしたことないけど(爆) 何にもないのは寂しいので自作のシールを貼りました。イメージは攻殻機動隊 S.A.C. の一般ヤラれ隊員のヘルメット(笑) 自衛隊イメージのZOOKと合わないけど、ヘルメットのシールを先に作っちゃったから。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Img_7088
【資料画像】
▲ZOOKってミリタリーっぽくないと思っていたんですが、そうでもないみたいです。これイギリス軍の空挺部隊が使っているバイク。ZOOKそっくりです。これは折りたためて落下傘部隊が一緒に降下させて、下りた先で偵察などに使うようです。というわけで、イメージはこれということで(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

百均材料と廃品でスマホホルダー

12711099_1049303781793828_668631720
会社で工作をしました。いやいや、工作といっても、人を陥れるとか、注文を取るためにハニートラップを仕掛けるとか、そういう工作ではありませんョ。

 うちの職場で唯一優先に使える営業車は軽四のワンボックス スズキのエブリィ。そのエブリィにだけカーナビがないんです。でまぁ、iPhoneでカーナビというのが最近はまともに使えるようになってきたので困りはしないのですが、ホルダーはやっぱりいいものが欲しい。でもこれを会社で買ってもらうとなると手続きは面倒だし、説明も面倒。

 先日偶然会社の廃棄物置き場で年代物のカーナビを見つけました。電源供給のケーブルなどはなかったのでカーナビは使えませんが、吸盤付きのアングルが付いてる。これ使えないだろうか。

 そして百均のスマホフォルダを買ってきて、ノコギリでカット。穴を開けてネジ止めしました。この手のモノを買うとそこそこ使えるもので2000円ぐらいするから100円(自腹だけど)の材料費でできちゃったのはお得。

 先日実際に使ってみました。なにせ、元本物のカーナビのアングルなんでしっかりホールドして全く不安なし。これならiPhoneでのナビが快適になります。だいたい地図は最新だし、混雑情報も逐次更新されるし、目的地も音声で検索できるし、スマホでナビの方がいいですよね、最近。GoogleマップかYahoo!カーナビが使い勝手もよく無料なんで助かってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3分工作「iPhone/iPad用スタイラスペン」予算210円

R0011847
じゃ〜ん! iPhone用のスタイラスペンの自作、ネットで検索するといろいろな人が挑戦していました。んで、僕もやってみました。これが出来上がり写真です。これが、売ってるスタイラスペンよりも書き味がいいんですよ。たった210円、3分でできるわりに。皆さんも作ってみませんこと?(^ε^;)

R0011844
これが材料その1。天然セルロース製の吸水セルロースふきん。セルローススポンジでももちろん可。105円です(笑)。電導性スポンジとか、静電気除去関係の素材もありますが、これよりは値段が上がります。105円のこれでオッケー。

R0011843
材料その2。金属製のえんぴつ補助軸。短くなったえんぴつに継ぎ足して使うやつですね。105円。材料はこの二つだけです。

R0011845
はい。僕がダイソーで買って来た「ザ・ふきん 吸水セルロースふきん」は、使う前に一度水洗い、または薄い中性洗剤などで洗った方がいいです。そして写真のように適当な大きさに鋏でカットします。500円玉よりちょっと大きいぐらいかな。

R0011846_2
カットしたセルロースふきんを包み込むというかてるてる坊主状にするというかとにかくスタイラスペンの先を作るわけです。円の形に切りましたので、裾側(円周)が一番かさ高くなりますので、あまりにも太すぎたら適当に鋏で斜めにエッジをカットしてみたり、工夫は必要。

R0011842_2
えんぴつ補助軸の締め付け部を取り外して、ぎゅうぎゅうと押し込んで、こんな感じになりました。これに締め付け部をはめてキュッキュッとしめれば、ハイッ出来上がりぃ〜! 所要時間3分。

R0011848
こんな感じで、お絵かきソフトでも使えます。市販のものも持っていますが、けっこう力をかけないと線が描けないのですが、この手作りの方は自然な感じで描けます。
 吸水セルロースふきんは、1枚買うとかなり余るので、お友だちと一緒に1枚買って分けてもいいでしょう。

Img_0906_2


| | Comments (4) | TrackBack (0)

プラスチックの二眼レフ/大人の科学 vol.25

Otona744
今日の昼下がり、家の用事でホームセンターに出かけた後、ちょっと東香里のTSUTAYAに寄って、『大人の科学』25号/付録:35mm二眼レフカメラを買ってきました。

 『大人の科学』と言えば過去にもカメラはピンホールカメラ、ピンホールのステレオカメラがありましたが、今回はなんと二眼レフです。二眼レフということはピント合わせができるということです。シャッターは単速なので、撮影の許容範囲は狭いかもしれませんが、ピント合わせができるのはうれしいです。

Otona745
 レンズは1枚のいわゆる単玉。本誌の作例を見ると周辺部がめちゃ流れてますが、ご愛敬ですね。二眼レフはファインダを両目で見ることができるのでこんな付録カメラでも、ちゃんと立体で見えるんですよ。これは感動です。
 組み立てには1時間と見ていましたが1時間半ほどかかりました(^ε^;)。本誌の説明で部品名に一部間違いがありました。(パネのA、Bが逆)

Otona746b
というわけで、RICOHFLEX VIIと並べてみました。小さくてかわいいですね。フィルムは35mmで画面は長方形。3:2ぐらいかな? 一応ファインダフードはたためます。ストラップは付いてないけど、ストラップ取り付けはできるようになっています。あ、そうそう、RICOHFLEX VIIと比べるとこの付録カメラの方がフィルムの巻き戻しができるという優れた点があったのだった。RICOHFLEX VIIはRicohkinで35mmフィルム使っても、巻き戻しはできませんからね〜。

 今日は組み立てで時間切れ。まだ試し撮りができませんでした。僕の場合、ピンホールもピンホールステレオも組み立てて結局写真をちゃんと撮らずに終わってしまいましたが、これはちょっと撮ってみたいなと思います。
 そうそう、このカメラはちゃんと名前が付いていました。「Gakkenflex」というらしいです。
 シャッター速度がどれぐらいなのか、また絞りがどれぐらいなのかの目安がわからないけど、フィルムを100入れるか400入れるか、ちょっと迷ってしまいます。こんなときダイソーフィルムの200があったらな〜(^ε^;)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

学研『大人の科学』14号
ステレオ・ピンホールカメラ

070127stereopinhole2
今日、ちょっと散歩のついでに、ビレッジ・ヴァンガード系の、「本屋に見えない本屋」と自分で書いている(^ε^;)[EIGHTY-SIX]に寄りました。そこでこの「元祖ふろく付き 大人版「科学と学習」『大人の科学』vol.14を買ってきました。今回の付録はステレオ・ピンホールカメラ。おまけにパノラマ・ピンホールカメラにもなるそうです。
 本誌にはホンマタカシ、赤瀬川原平が登場していますので、これは買わないわけにはいかないでしょう。

070127stereopinhole0
 付録の箱をあけるとしっかりと発泡スチロールの枠に付録の部品が格納されていました。組み立て時間は1時間と説明に書いてあります。さっそく組み立ててみました。
 まあ、よっぽど失敗しない限り1時間はかからないと思います。組み立ては特に難しいということはありません。

 070127stereopinhole4
 このカメラのうれしいのは、三脚穴があるところです。ピンホールカメラなので露光時間は長くなりますからこれは使い勝手がよくなりますね。
 全体的なデザインも前のピンホールカメラよりも一層クラッシックな感じで細部にも気配りが見られます。これで写真を撮ってみないといけませんね。このカメラの企画は、前のピンホールカメラが好評で、今でも問い合わせが多いけど、増産ができないそうで、新しくピンホールカメラを作ろうということになったとのこと。
 さて、使ってみての感想など、詳細はまた報告します。
学習研究社刊
『大人の科学』magazine vol.14
2300円(税込み)

『大人の科学』vol.14の案内
『大人の科学』編集部blog

| | Comments (0) | TrackBack (0)

掌に街角を

フォトモの街角仕事の帰りに、昨日買ってきた本です。
 前々から注目しているんですが、フォトモって楽しいですね。立体物をできるだけ六面に近く写真を撮り、それを貼り合わせて立体物にする。正確な立体でなくても、それなりに雰囲気が出てしまうところがいいです。著者は銀塩カメラでこれを作っているそうですが、デジカメだともうちょっと楽に作れそうですね。僕も夏休みの自由研究としてやってみたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水よう絵日記
人形

051019enikki
ここ数年、ジャパニーズ・ホラーが世界を震撼させていますが、それにあやかってかあやからずかわからないけど、今日は藁人形のお話。僕の工作魂を母がバラバラにしてしまう!の巻ともいう…(^ε^;)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

真っ赤なプライドを捨てろ!

03cm.jpg

愛用のライカ M4-P。このライカをカスタマイズ。それは僕の今までの主義主張をちょっとだけひん曲げるような行為に等しかった…。詳細は→こちらをご覧ください。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

小さなカメラの小さな写真集

shasinsyu
 
Rollei35で撮った写真で小さな写真集を作ってみました。

 プリントアウトしてノリとカッターと。表紙は色画用紙。カバーは本屋さんのカバー式で掛けました。もちろんハンドメイドです。まず3冊作って、大きさがそろっていません(^ε^;)。写真はもちろんネットでも未発表のもの。見たい? 見たい人は、まず →こちらを探してください。ちょっと増刷しようかと考え中。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

男は黙ってぬいぐるみ…

robochan3.jpg

人形が好きというと、アニメ的美少女キャラのフィギュアが好きなのかと勘違いされそうで、慎重に書かないといけないと思うんですが、僕は人形が好きです。
 どんな種類の人形が好きなのかというと、人形劇用の人形や仕掛けのあるもの。『サンダーバード』に代表されるスーパーマリオネーションやNHKの『新・八犬伝』等の棒操り人形、『セサミストリート』のマペットなどが僕の理想の人形です。
 だから子供のころのおもちゃとしても怪獣の人形でもできるだけ手足も自由に動くものが好きでした。可動しないのはつまらない。
 糸でぶら下げるタイプの操り人形もいくつも作りました。また下から棒で操るタイプの人形もいろいろと。

 ぬいぐるみの類も嫌いではありません。小学生のころお気に入りだったのは、明治のチョコレートで流行ったゴリラのぬいぐるみ。応募はしたけど本物は結局当たらなかったので、本物よりも二回りも小さいモドキのやつを買ってもらって、大事にしていました。そのゴリラの服を作ったり、ベッドを作ったり乗り物を作ったり、周辺の道具をボール紙とかセロテープとかを駆使して作って遊びました。
 簡単なぬいぐるみも作りました。
 でもそれらは一つとして残っていません。あんなに好きだったのにみんなどこへ行ってしまったんでしょう。

 先日、子供の裁縫をちょっと手伝った時に、ついでに久し振りにぬいぐるみを作ってみました。ロボットのぬいぐるみです。(モチーフが変?)動物とか人間とかそういうので作らないところが、僕らしいというか(自分で言うか?)。
 やはり大人の男の手に合う指ぬきはなく、針も細くて指先が痛いのですが、それでも何かに取り憑かれたように、集中して作りました。縫うのが難しい曲線はさけて、直線ばかりの構成で、しかもその場で適当にハサミを入れていって形は縫い上がるまでわからないという適当な作り方です。
 前に友人からもらい、テディベアを初めて見て、ぬいぐるみで手足が可動というのに感動しました。こういう単純な仕掛けで、ぬいぐるみがずいぶんと面白くなるものです。
 そして十年ぐらいが経過して、ぬいぐるみを作ってみることになったときに、そのアイデアを使うことにしました。だから手足が動きます。また、足を大きくすること。綿を固めに詰めることで自立ができるようにしました。テディベアの場合は首は固定ですが、僕はロボットにしたので、首も動くように手足と同じ仕掛けにしました。
 名前は「ROBO_CHAN」と付けました。「ロボチャン」だと『がんばれ!ロボコン』に出てくるようですね。真似ではないんですけど…。

 で、次は何を作るかというと、多分もう当分は作らないだろうと思います。とりあえず最近のぬいぐるみ作りたい熱はこれで解消したので(笑)。僕は精度を高めていくようなタイプではなく、適当にある程度のものができたら満足して、はい次!って感じなんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)