携帯・デジカメ

【悲報!?】LUMIX LF1に潜む影! そして落下事故、そして…

P1050501_2

悲しいお知らせ。先週から香港旅行に行ってました。旅行の報告は別途しますが、その旅行中にワタクシ、iPhone 5sを某所に落下水没させたというニュースをFacebookに書いて全国を震撼させてしまいましたが、さらに悲しいお知らせです。

 写真の一番下、中央から右斜め上に伸びる影。おわかりいただけただろうか。ではその部分を強調した写真を見ていただこう。

P10505012

 センサーにダストの付着しているのである。

15403860_1275519842505553_582830958
▲写真中央のコンパクトデジカメがLUMIX DMC-LF1。小型で電子ビューファインダーが付いているのが使いやすい

 カメラはLUMIX DMC-LF1。コンデジだ。つまりレンズが外せない。ということはセンサーのクリーニングは自分ではできない。(※レンズが外せる一眼レフや一眼タイプのデジカメでも素人がセンサーの苦リーリングを行うことはメーカーは推奨していない)
それに加えてクリーニングするには本体を分解しないといけないので、単純なメンテではなく修理扱いになり、修理に出すと作業工賃が多くかかり、何万円単位の費用が掛かってしまう。写真によってはわかりにくい物もあるがずっと同じ位置に出ている。カメラを振り回したり振動させたりしても位置が変わらない。ダメだ。これはもうモチベーションがリーマンショック以上に下落してしまった。そしてその上に悲しい出来事がさらに重なった。

 ホテルのベッドの上にLF1を放り出して僕は意気消沈していた。そのときガシャッカラカラカラ… 布団の上のものを取ろうとした係の者(うずらヒヨコ)がLF1を引っかけて床に落下させてしまったのだ。悲しいことは重なるものだ。もうダメだ。ツイてない。僕の人生は完全に終了だ。今回の旅は出がけにも不幸な事故があった。新しいデオドラントスプレーを使おうとして貼ってあったPOPのシールを剥がして捨てるとき少したたんだら角が立ってそれが左親指の腹に突き刺さって流血。これが痛い痛い。これが不幸の始まりだった。そしてiPhone 5s水没…などなど。

 ところがである。落としたLF1の動作を確認した。一応凹みも割れもなかったし、動作もできるようだ。念のため試し撮り。この落下のショックでもしかして…!
 その通りだった。落下のショックでセンサーのダストが取れてしまった。ズームしたりわざとピンぼけで白い壁を撮ってみたりしてもあのおぞましき影は出ていない。なんともはや怪我の功名である。

 係の者の粗相は災い転じて福となったのである。普段は場合によっては鬼のように×××形相で、
「そんなん知らんよ!こんなとこに置いてるんが悪いんや!」
 と全身全霊で総攻撃をしてくる性質のある係の者がこの時だけはあまり心のこもっているとも思えない軽い調子ではあったが、
「ごめんごめ〜ん」
 と言ったのも不思議だったが、まあとにかく鬼ではなくて女神様に見えた。一応の感謝を表しておく。だからラストデーの以降の写真には気持ち的にも写真的にも影は写っていない。All's well that ends well.
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

シリーズ「にこにこニコン」に新作25枚
Nikon D100

2016101401905

はい、今夜はお待ちかね(誰が?)Nikon D100で夜写真街スナップを撮りましたョ〜。

 D100の新作25枚はコチラ→ アルバム「にこにこニコン」に追加の25枚

13 October 2016
Hirakata City, Osaka, JAPAN
Nikon D100
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G (IF)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シリーズ「monochronicle」新作35枚
Nikon D40

20161012211132
Nikon D100の記事を書いたのでD100を持って出ようかと思ったんですが、やはりちょっと大きかったので仕事の荷物に忍ばせるのはどうかと思い、リトルNikonのD40にしました。軟弱ですみません(笑) でも今日は渋くモノクロです。35枚。どうぞご覧ください。

★こちらから→ 「今回アップの35枚の写真」

12 October 2016
Hirakata City, Osaka, JAPAN
Nikon D40
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋だ! 散歩だ! 写真を撮ろう!
Nikon D100

14682103_1210433255680879_136341840
ディスカバー手持ち機材!企画(笑) なんどか同じようなことを書いていたりもするので「またか?」とお思いの方もあろうかと思いますが、お許しを。

 すでに保有カメラ台数が使用サイクルを上回り、さりとて売却するほどの価値がないため、捨てるに捨てられない状態になっているワタクシのカメラ機材たち。だから手持ち機材は増やさないようにして、持っているものを活用して遊ばなくてはと心に命じてはいるのですが…。

 というわけで、手持ちのカメラのお気に入りを再発見するための企画です。その第1弾は、Nikon D100。これは、かつて[エムユーケイカメラサービス]の小菅店長が愛用されていたものをいただきました。僕の持っている一眼レフでは一番デカい(笑) なんか、このカメラで撮っていると「オレ、カメラマンじゃ〜ん」という気分になれます。うずらまんだけど(笑) レンズは中古ですがオールマイティなスーパーレンズを自分で調達しました。

14706980_1210439342346937_299511918
D100は、コンパクトフラッシュを使う機種だけど、何かとSDカードの方が便利なので、SDカードにアダプタをかまして使用しています。
 レンズはAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G (IF) を常用。中古で入手したのですが、このレンズも大柄ですけど、ほんと使いやすい。取り立てて超望遠が必要とか超広角が必要とかマクロが必要とかでなければ、35mm EQIV.で27mm〜202.5mmですから、広角から望遠までカバーしていて、これ一本あればかなりの撮影に対応できます。D100のボディともバランスがいいし。

 そしてネックストラップはわざと付けずに、カメラ自体が大柄なので、取り回しが気軽にできるように日常はハンドストラップで。このハンドストラップは実は無印良品のイヌの首輪だったりします(笑)

 ネックストラップが必要なときは、三脚穴を使った、ファーストストラップを使っています。ハンドストラップとの取り替えが簡単だし、たすき掛けしたときにこのファーストストラップはバツグンの取り回しなので他のカメラにもよく使っています。

 画素数は600万画素。六ツ切り(A4ぐらい)の大きさまでのプリントに耐えうる画質です。今となっては低い解像度だと思わなくもないですが、その代わり画像ファイルのファイルサイズが小さいのでパソコンの中で取り扱いが楽でいいです。後日、撮った写真も載せますね。


デジタル一眼レフカメラ「Nikon D100」
希望小売価格 300,000円〈税別〉
(ボディ本体、Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3、クイックチャージャー MH-18、Nikon View 5 CD-ROM、USBケーブル、ビデオケーブル、ストラップ、LCDモニタカバー、ボディキャップ、アイピースキャップ付)
2002年6月22日発売

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FBアルバム「コンデジ魂」
十三界隈

カメラのSDカード中に眠っていた写真を発掘したのでどど〜んと28枚載せました。

 パナソニックのコンパクトデジカメ、LUMIX LX3で撮った、大阪の猥雑な街、十三(じゅうそう)界隈です。今日はモノクロ編。この日はほとんどをモノクロで撮ってました。

 これ考えると商店街の火事(2014年3月7日)の前に撮ってるので今はもうない風景もここに記録されているわけですね。そういう意味では感慨深い。

(※アルバムに載せてるので、28枚過ぎるとまた過去の写真を頭から見ることになると思います。コンデジでも撮ったるで〜!という主旨のアルバムです(笑))

LUMIX LX3
DC VARIO-SUMMICRON f=5.1-12.8mm ASPH.
(35mm EQIV.24-60mm)/F2.0-2.8
23 Nov. 2013
Juso, Osaka, JAPAN

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「広角機動隊S.A.C.」本日解散!!
忘れないで。貴方が写真にアクセスするとき、私は必ず貴方の傍にいる。

2015112992521

泣いても笑っても本日が最終日となりました。お昼12時から開場しています。本日は出展者がたくさん在廊していますので、あんなことやこんなこと聞きたいことをなんでも聞けますので、ぜひ遊びに来てください。会場にいない場合でも近くをうろうろしていますので、係のものにお申し付けください。すぐ呼びつけます(笑)

 第1回ハーフ判特集「面白半分」、第2回ゆかいな写真「ご陽気にまいりましょう!」の図録も若干ご用意しています。特に第1回分は絶版になっていますので他では入手できません。欲しい方は今すぐっ!

 こんなに条件の良いギャラリーでヌケプロがグループ展をするのはこれが最後になるかもしれません。この機会をお見逃しなく!

 では最後に少佐の言葉より。
「それにしても、写真は広大だわ
 もうすでに、私たちの知らない次のフォトグラフが、生まれ始めている」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心斎橋筋からAcruギャラリーまで
広角機動隊S.A.C.〜ヌケプロ写真展3

大阪市営地下鉄 心斎橋駅 北2番出口のエスカレーターを上がると、心斎橋筋商店街です。これを北の方向へ向かいます。アーケードの中を通っていきますので雨でも濡れません。そして、[BOOK・OFF]を右に見つけたらもうすぐ。[ファミマ]の角を右に曲がります。

 ハイ着きました。このように早歩きだと15秒ぐらいでしょうか。※到着時間には個人差があります。

ではもうちょっと落ち着いて見てみましょう。途中からですが、[BOOK・OFF]を右に見つけたらもうすぐです。[ファミマ]の角を右に曲がります。喫茶店のとなり。ビルの地下へ下りる白い階段があります。

 というわけで、水曜日はお休みです。残りの会期は、11/26(木)、27(金)、28(土)、29(日)最終日は18時までです。どうぞ、ご近所お誘い合わせの上お越しください。最終日は出展者の在廊が一番多いと思います。遊びに来てくださいね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我々は広角機動隊だ!
11月22日夜、Acruに搬入完了!!

Sac01_2
11/22(日)夜、「少佐、全員装備A2で招集をかけろ!」ということで(笑)、集合し搬入展示作業を行いました。

 作品はいったん、東京のRoonee 247 Photographyに送り、マット加工と額装を依頼しています。Rooneeはプロの写真家が個展をしたり額装依頼するようなギャラリーですが、アマチュアに対しても安価で上質のサービスを提供しているだけでなく、細かいことまでいろいろと相談に乗ってもらえるので、首都圏でグループ展をするときにお世話になって以来、大阪でグループ展をするときもマット加工と額装をお願いしています。。Rooneeと、前回に引き続きグループ展を開催する心斎橋のギャラリーAcru Galleryとは、合同の企画展も開催するなど連携体制も整っているので、利用者としても便利に利用できます。

 というわけで、東京で、マット加工、額装された作品がAcru Galleryに宅配便で届き、メンバーは集合して梱包を解き、Acru Galleryの大谷さんのアドバイスを受けながら展示作業を行いました。

 kimiさん、YANBOさん、ぽんとさん、あっきいさん、〇sakaさんとワタクシ うずらまんの6名が揃いましたので作業はスムーズに捗り予定より早く終了しました。

 さてさて、本日12時、いよいよ開幕です! ご近所お誘い合わせの上(笑)、ぜひご来場ください!
 
2
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

図録発売開始!
撮れって囁くのよ、私のゴーストが。 広角機動隊S.A.C.〜ヌケプロ写真展3

Tolot00

ヌケプロ企画 グループ写真展 第3弾!「撮れって囁くのよ、私のゴーストが。広角機動隊S.A.C.」の図録が出来ました。フルカラー62ページ/文庫サイズ。TOLOTで作成しましたから、営利目的では販売できませんので、販売価格はTOLOTで作って出しの、500円です(TOLOTアプリでの通販の場合は、税・送料込み)。

 展示作品と関連作品の収録の他、広角機動隊S.A.Cが現場で採取した様々な写真が収録されています。+αとして、読み物企画も満載です。レンズかんたんガイドエッセイ「広角レンズとは」と誌上レンズ展示「今回使用した広角レンズ」、ヌケプロ図録名物開催地散歩案内「大阪のココスキ」、そして今回の広角レンズ縛りの企画ベースとなった「広角機動隊S.A.C イメージビジュアル・コレクション」…これだけ詰め込んで、500円です! ぜひご家庭に1冊、常備ください(笑)

 会場のAcruで販売しますが、通販での購入方法はこの記事の一番下をご覧ください。

Tolot01
 
Tolot02
 
Tolot03
 
Tolot25
 
Tolot30
 
Tolot27

【TOLOTのアプリを使った通販での購入方法】
TOLOTのサービスで図録を作りましたので、TOLOTのシステムを使って通販が可能になりました。通販には専用iOSもしくはAndroidのアプリのダウンロードと、TOLOTへの登録が必要になります。ご了承ください。(パソコンからの購入はできません)
 iOS、Androidのスマートフォン、タブレットを使ってTOLOTから購入できます。

①TOLOTのアプリをダウンロード
 (各スマホのアプリのダウンロードのところで「TOLOT」で検索してください)
②TOLOTにユーザ登録
アプリを起動しログインしてから、Webブラウザで以下のURLにアクセスしてください

https://mc.tolot.com/minchu/mt7fqod08y?minchu_iOS=sms

【パスワード】9639 (※注文期限は2016年2月20日まで)

 ※アプリなどを使わずに通販をご希望の方は銀行振り込みと郵送での通販もできます。こちらは振込手数料が振り込み者のご負担です。ご了承ください。こちらをご希望の場合は、うずらまん までご連絡ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご来場ありがとうございました!
楽♡ふぉと写真展 〜樂〜第3回終了

東京 四谷のCrossRoad Galleryでの「第3回 楽♡ふぉと写真展 〜樂〜」にご来場ありがとうございました。連日、けっこうなお客さまで盛況だったようです。

 さて、今回僕が展示した作品がこの写真です。

■作品タイトル「楽しかったなぁ、あのころ」
 あのころ、がむしゃらだった。幸せだった。
 だから悔いはない。
 Nikon J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm + Photoshopでレタッチ

Dsc_0600bws

 写真展のテーマ「楽」を反芻している人、という解釈にしました。撮影場所は、大阪の天満橋駅バス乗り場です。心斎橋からトコトコと歩いて天満橋。バス乗り場を通りがかりに一瞬で撮ったものです。この人物にとても惹き付けられました。哀愁という言葉では言い表せないぐらいのものがひっそりと存在していた気がします。
 天満橋というのは個人的には短期間しか過ごしていない街なのですが、良い思い出と嫌な思い出が混在する街です。南の方に向かうと坂になって上っていく。北は天満の天神さんへ行くのにまず長い天満橋を渡る。これが冬だとすさまじく寒いんですね。人生悲喜こもごもを背負った人たちがとぼとぼと歩いている、そんな街です。まあ、勝手な思い込みの部分もありますが(笑)

 この写真、実はFacebookに撮った日にちょこっとアップしたことがあるんですが、そんなもん誰も覚えてないだろうと思っていたら、東京のお友だちが見に行ってくれて、どっかで見たことあると思ったと。わはは。

 グループ写真展というと、たいがいはライフワークである街歩きの不思議物件を採取した写真でどっちかというとお笑い要素の多いものを出すことが常でしたが、実はこういうドキュメンタリータッチのも撮ってるんです。あんまり見せてませんけどね。
 今回も東京の会場には行けずに作品だけ行って帰ってくるということになっちゃったんですが、一度は行かないと行けませんね。他の参加者の作品を見たいんですよね。他の人のを見ると刺激を受けるし、写欲がぐんぐん溜まってくるんですよね(笑)

 というわけで、ご来場ほんとうにありがとうございました。今月は大阪でグループ展「撮れって囁くのよ、私のゴーストが/広角機動隊S.A.C.」をしますので、ご近所の方はお気軽にご来場ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧