映画・テレビ

うずまきシネマ
『ターミネーター ジェネシス 新起動』

13315489_1116333091757563_129100796

Amazonプライム会員になっているので、通販品はけっこうすぐ届くとかまあ便利に使っているのだけど、Amazonビデオのサービスが開始されて、これけっこう楽しめる。[プライム]マークが付いている作品はなんと無料で見ることができるのですね。

 無料だからって旧作ばかりとは限りません。というわけで、Blu-rayが発売されてまだそんなに経ってないのに無料公開されている作品がありました。そんな中の一本。今夜は『ターミネーター ジェネシス 新起動』を観ました。シュワちゃんのターミネーター復帰第1作。

 ストーリーは意外な大どんでん返しとかそんな方向へ行くの?という良い意味でも悪い意味でも裏切り展開はなく、ターミネーターとしての王道の運び。無理はしてない。でも飽きさせないように作ってありました。イ・ビョンホン、出てました。喋りません(笑) だから怖いです。でもすぐ死にます。

 そして今回のサラ。めっちゃ可愛かったのが収穫です。時間を行き来することで過去が変わってそこから続く未来がまた変わっていくというのは、時間が直線で進んでいるのではないのはなかなかややこしいけど、でもなんとなくわかる気がしました。

 時空を超えるとき、次元転送装置でしたっけ?あれに乗るには裸ん坊になりますね。サラとカイルが裸ん坊でビカビカピシャ〜!と。

 若いシュワちゃん、油ギッシュなシュワちゃん、老けたシュワちゃんが登場するのも見所の一つ。DVD買うか借りるかしようと思っていたところだったのでプライムで観れたのはラッキーでした。ただちょっぴり残念なのはせっかくリブートしたといってもいいこのシリーズの続編が、このジェネシスがアメリカ本国でヒットしなかったために暗礁に乗り上げているらしいんです。日本ではヒットしたし、世界的にみたらそこそこいけてると思うのでぜひぜひ続編を期待したいと思います。シュワちゃんのあのぎこちない笑顔をもっと観たいから(笑)

スタッフ
監督:アラン・テイラー
製作:デビッド・エリソン
   ダナ・ゴールドバーグ
製作総指揮:ビル・カラッロ
      レータ・カログリディス
キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)
エミリア・クラーク(サラ・コナー)
ジェイ・コートニー(カイル・リース)
ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー)
イ・ビョンホン(T-1000)

原題:Terminator Genisys
製作年:2015年
製作国:アメリカ
配給:パラマウント
上映時間:126分

▼メイキング映像はこちら↓

| | Comments (2) | TrackBack (0)

気になる! 泉じゅんという女優

13055823_1087370981320441_892358482

このところ、伝説の日テレ火曜9時のアクションドラマ『プロハンター』を見ています。各話のことは何年か前に1〜4話まで書いたのでその続きはおいおい書きたいと思っているのですが、今日はシリーズ後半の単発ゲストのことを少し書こうかと。

 第19話「標的は誰だ?」。この回、藤竜也さんが二役をやります。水さんじゃない方の人物の恋人が泉じゅん。この泉じゅんさんがいいのです。そして、珍しく水さんが惚れられます。半分だけど。

 今回は草刈さんは見せ場はバイクだけ(笑) 菊島警部、今回は頑張ってます。脚本と演出のバランスが良くて特に前半がテンポ良くてだれるところがなかったです。

※写真は、泉じゅん。登場シーンの写真じゃないのでドラマの中のとはイメージが違うけど。

13051720_1087371134653759_850632367

泉じゅんさんって調べてみると、日活ロマンポルノにも出てたらしい。残念ながら見たことはないのですが、DVDとかなってるのかな?
 僕は泉じゅんさんはテレビでの印象が強く、学園ドラマに出ていた記憶があってどのドラマか思い出せなかったのだけど、わかりました。TBSの『おおヒバリ!』というドラマでした。
 たしか主人公の北大路欣也のオニ山先生との絡みが多かったはず。他に古谷一行、島田陽子、高橋洋子…懐かしすぎる。

 主題歌がYouTubeにありました↓

 
 泉じゅんさんって料理研究家の結城貢さんの奥さんなんですね。女優は引退されてたまにしかテレビに出ません。残念。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うずまきシネマ「0&1」中田圭監督作品

9cbad75e

中田圭監督の映画『0&1』を観た。2001年だからもう15年前の作品になる。でも感覚的な古さは感じられない。

 中田監督は東京の夜をずっと撮ってる。これがいつも思うのだけど無理がなく、ほんとに自分の隣にすぐある世界に思える。生々しい空気。そして、全体に流れるけだるさとやるせなさが切ない。

 殺し屋として育てられた若者の男女。出会ってはいけない男女が出会ってしまう。飼い犬同士の接触は掟破りなのだ。そして二人は組織に追われる身となる。

 モチーフとしてはよくあるのだが、それをリアルな東京で、そして直球ではない変化球の言葉少ない台詞で紡いでいく。ざらりとした画面の効果が一層それを盛り上げる。

0_and_one

 主役「0」役の石川絵里はずっと孤独を感じているので寂しく、そして厳しい表情ばかりなのだが、1シーンだけ笑うところがあって、これがなかなかチャーミングなのだ。

 主役のもう一人「1」を演じる加藤隆之は母は黒澤明監督の娘さん、そして祖父は名優 加東大介なのだそうだ。雰囲気が香港の俳優・監督の周星馳(チャウ・シンチー)に似ている。

 大物ゲストとして、夏八木勲とジョー山中が出演している。お二人とも鬼籍に入ってしまわれたのがとても残念だ。この二人の登場シーンで、作品世界の厚みがぐっと増す。主人公たちとの絡みが少ないのが残念。「0」と夏八木さんの会話とか欲しかったなぁ。
 夏八木さんとジョーさんの登場はアクション映画でおなじみの横浜 神奈川区千若町のバー「POLE STAR」というのがにくい!

 ストーリーは、無理なひねりや、ビックリさせるためだけのどんでん返しはなく、淡々と流れていく。ラストのガンアクションは特に音がリアルでこのあたりは日本映画にありがちな軽さはない。むしろ香港のノワール映画っぽい。監督自身も追う者の一人として登場。ヒッチコックよりも長くハッキリ写ってる(笑)

 本編の他にDVDには特典映像があって、ラストシーンの別テイクが入っていた。こちらは少し救われる内容で僕としてはコチラの方が好みだけど、映画としては本編でのラストが良いと思った。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2002正式出品作品
水野晴郎的超特急 新鋭監督映画祭参加作品
秋田シネマフェスティバル参加作品
2001年/日本語/73分/ノマッズ・エンターテイメント提供

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うずまきシネマ「もっとも あぶない刑事」+α

10644251_1051740084883531_768286636

『もっともあぶない刑事』を観た。この映画、ラストを覚えているので前にも観てるはず。でもストーリーはすっかり忘れていたので、クリアな脳みそで楽しめた。

 ストーリーは柏原寛司の脚本だから一定の水準以上は期待できると思ったけど、期待より上を行ってた。エンタテインメントとしてのフットワークの良さを失わないのがあぶ刑事の信条だから。敵役で“弁慶”刈谷俊介が大暴れしてくれるのもうれしい。ただ台詞がほとんどないけど。
 今回のヒロインは真梨邑ケイ。死ななかったのが良かったけど、それはタカと恋に落ちないからだろう(笑)

 今回もアクションはふんだん。村川監督だからカーチェイスも思いっきり。パトランプ1個の古いパトカーはつぶれると思ったけど、ロングサイズが付いてる新型もつぶしてたから、やっぱ映画はいいなぁと感動。カーアクションはもちろん吹き替えだと思うけど、顏が映るところは恭兵ちゃんがやってるところもあって、カッケー!

 この映画のカオルが大好き。可愛さも最高潮だと思う。そして、少年課 松村課長がバイクでかっこよく登場! いいねぇ。それから、近藤課長の最後の出演でもある本作は近藤課長の見せ場もあります。

 ラストが思わず『オレがハマーだ!』かっ!と言いたくなる(笑) とにかく、映画シリーズの一旦区切りの作品なので思いっきりやってる感じはしました。あぶ刑事は「火9」の系譜のアクションドラマとしておもしろさを大切に、映画はさらにスケールアップしている。これが正しいあぶ刑事だっ!

オマケ。
 映画『さらば あぶない刑事』の広告用(B2)ポスター2種類、某関係筋から入手しました。廃棄直前にお願いしてもらい受けたのでちょっと4つに折られていて折り目が入ってますが(笑) でも我が家の大事な宝物です。さっそく壁に貼り出しています。

12747402_1050004658390407_239729014
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うずまきシネマ「人生スイッチ」

12696931_1044337472290459_572710848
アルゼンチン映画『人生スイッチ』を観た。ブラックユーモアの6話構成のオムニバス作品。気づいたときには劇場公開終わってたので、DVDを買って早速観てみましたョ。アルゼンチン映画というのは初めてかも。日本版のポスターははっきり言ってあんまり良いとは思いません(失礼)。内容を誤解しそうな感じがします。その誤解も「やりやがったな〜」という快感があればいいのですが、「ちょっと違うのでは?」という違和感が残る感じなんで。でも映画はすっごく興味深い作品でした。

01okaesi
▲第1話「おかえし」
 これ、公式サイトでこの第1話だけ無料公開してたんですよ。これ観てこの映画が観たくなったのです。
 美人モデルが仕事とバカンスを兼ねて飛行機に乗る。そこで隣り合った紳士と会話しているうちに、奇遇にもある人物と関係があるという共通点に気づく。すると、その会話を聞いていたその近くの人も、そしてさらに…。小説で読んだらおもしろそうな題材を見事に映像化している。6本の中でもこの話が一番ショートショートとして切れがいい。

02omotenasi
▲第2話「おもてなし」
 男が仕事の帰りに立ち寄ったレストランで起こるできごと。サスペンスフルでスリリングでおもしろいが、ちょっと後味が悪いのが玉に瑕。

03puncture
▲第3話「パンク」
 これを見たときスピルバーグの『激突!』をすぐに思い出した。運転中に性格が一変する人は実際にいるからこういうトラブルはあるだろう。それを映画としてのスペクタクルを加えて表現してある。お話としては突き進んでいく感じ。

04hero
▲第4話「ヒーローになるために」
 ストーリーとしては僕がいちばんイヤな感じで運んでいきます。ほんとに見てるのが辛くてやりきれない。あぁ、こういう話は嫌なんだよなぁ…と思っていると、ラストで救われます。このラストがあるからこの話は好き。

05gusoku
▲第5話「愚息」
 最初は何とかならないものかと思っているものの、だんだん人のエゴが鼻についてきて、よし親父良く割り切った!と思って、そして最後にいや〜な終わり方をするという話。お話としてはこれもありと思うけど。

06happy
▲第6話「ハッピー・ウエディング」
 かなり嫌な展開をします。だんだん辛くなります。花嫁に感情移入しかけたときに、えええっ?となって、めちゃくちゃ気分悪くなり、そして最後はちょっと救われる感じ。実際にこんなことがあったら嫌だけど、お話の中ではこれもいいかも。このあとは絶対強く結びつくよな、と思う。そうなって欲しいと思うだけかもしれないけど。

 というわけで、今回めずらしく、ネタバレを気にしてもごもごと書いてみました。この6本の中では第1話「おかえし」が一番好きかな。

▼では予告編をどうぞ↓

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【うずまきシネマ】「スティーブ・ジョブズ」(2013年アメリカ)

Sjimage1
映画『スティーブ・ジョブズ』2013年公開のをAmazonプライムで観ました。実に面白かった。この映画どうも世間様では評判は真っ二つだったそうですね。確かに、Appleのことを知らない人が観ると退屈かも知れません。
 みんながAppleを意識するのはなんと言っても、カラフルなiMacの登場、iTunesやiPodでの音楽ライフの革新、そしてiPhone。この映画には、ボンダイブルーのiMacがスケッチ段階で登場するだけだし、iPodは一番最初のが発表されるシーン、そこまでです。

Sjimage4

 ウォルター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』(講談社刊)上・下巻を読んだ人には非常にうまく映像化しているので感動的だったでしょう。僕自身はAppleの本に関しては昔からあまり読まなかったのですが、僕もこの本だけは読んでいたので、ほんとうによくわかりました。キャスティングも良く、メイク、そして演技も良かった。

Sjimage2_2

 でも、たとえば最初の彼女との破局と、なかなか認めなかった娘のリサのことが、結婚した後に引き取って一緒に暮らしているくだりなどは、さらっとしか描かれないので見過ごしてしまう人もいるかも知れません。全体がテンポ良くというか良すぎる感じで、映画というよりもむしろミュージックビデオに近い感覚で作られている感じがしました。ダラダラがない。どんどんわからない人は放置する感じ。興味がある人や知ってる人なら、だから飽きる暇がないのです。キーワードがちりばめられていますからネ。

Sjimage3

 とはいうものの、この先を見たい。ジョブズはAppleに復帰して“タイタニック”を引き上げて空にまで飛ばしてしまうのですから。Macintoshだけじゃない。iPhone、iPad、そしてピクサー。ジョブズは現実歪曲フィールドを駆使して、人を面白がらせたり、罵倒したり、興奮させたり、やる気にさせたりしながら、次々と夢を見させてくれました。そして、iPhone 4s発表の次の日に亡くなった。そこまで、描くのは長くなりすぎるなら、前後編でもよかったような気がします。

 画面作りも、配役も良かっただけに、ここまでで終わりにするのは惜しいと。2015年に別のジョブズの映画が公開されるようですが、そっちもいつか観てみたいと思います。エンタテインメントとしてもアメリカンドリーム爆発映画で終わってくれる方がスカッとしますしね。

 Amazonプライムって、いいですね。うちはADSLのいちばん遅いヤツなんですが快適に観れました。レンタルするのもなんだか最近面倒だし。いつでも観られるならメディアで所有する必要もないから、配信っていいかもしれません。同じ作品を何度も観るというのはそんなにないわけで、そういう作品は決まってるのでディスクを買って持っていてもいいけど。置く場所もなくなってきて、家族に責められますしネ(笑) でもどうしても買ってしまうのですけどネ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【うずまきシネマ】
『ボーン・アイデンティティー』2002年 アメリカ

Img_1762

マット・デイモン主演『ボーン・アイデンティティー』をDVDで観た。主人公が夜の海に漂っているのを漁船に救われるところからシーンはスタートする。なぜそんなところにいたのか、なぜ銃で撃たれているのか。

 身体に埋め込まれたカプセルからスイスの銀行の貸金庫の口座番号が。自分は誰なのか。貸金庫にヒントが。次に探ってみるのは自分のアパートのあるというパリ。なぜか追っ手が迫る。迫る追っ手を自然な動きで倒してしまう。アメリカ領事館も頼りにならない。警察も追ってくる。そして詐欺の被害に遭って所持金をなくし、ビザが下りなくなって困っている女性と知り合う。彼女はクルマを持っていた。そこから前半の見所、彼女のおんぼろローバーミニでのカーチェイスが繰り広げられる……。

 Img_1763

そんなにど派手ではないですが、けっこうアクションシーンもふんだんで、適度なラブシーンもあり、地味ではあるけど観だすと止まらなくなるサスペンス・アクション映画です。キャンパストップの赤いミニ。なぜか右のフェンダーだけが黒い。僕はやっぱりミニ目当てでこの映画を観たんですけど、満足まんぞく。めちゃカッコイイです。ミニの出てくる映画というと『ミニミニ大作戦』の方が有名だとは思いますが、この映画は負けてはいませんでした。というか、監督は『ミニミニ大作戦』が大好きなんじゃないかなぁ。
 他にもセリフがけっこう気が利いてるし、ガンアクションもあるし、マット・デイモンが男前過ぎないのがいいし、ヒロインも可愛すぎないのがいい。これはお気に入りの一本になりました。

▼↓カーチェイスシーンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『てっぱん』下宿・田中荘最後の親子丼を再現してみた!

P1000860
▲お好み焼店「おのみっちゃん」の店頭セット。

NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』も終わって1週間以上が経ちました。震災の影響で、放送が1週間休止になったので、最終回は4月にずれ込んだというのは朝ドラ史上初のできごとかも。

 ドラマについては、本当によかった。出ている人、ストーリー、音楽…全てが見ていて心地よかったです。みんな生きてる感があふれててほんとによかった。

 主人公のあかりは、僕は最初はそんなに好きでも嫌いでもなかったんですがそれがだんだん好きになっていったことが変化として大きかったかもなぁ。最初は加奈の方が好きだったんです。
 それが美織ちゃんの演技が自然で見ているうちにどんどん引き込まれて、役者さんが演じていると思えなかったんです。ほんとに尾道から出てきて大阪で生きてる女の子だと思えて。だから駅伝くんとのこともほんとに心配しちゃった。

 そして、あかりも加奈も好きだけど、富司純子の初音。富司さんが大阪弁を使えるとは思ってなかったんです。それまでとくに最近はお上品な役が多かったし、ワイドショーの司会でも澄ました感じだったんであんまり好きではなかったのだけど、今回はほんま大阪のおばちゃん。しかもちょっと口の悪いおばちゃんで、それがまた生き生きとしてるのが素晴らしかった。ゴリさんとの掛け合いも最高。

 そしてほんとに一番好きになったのは、おとうちゃん村上錠(遠藤憲一)。エンケンさん、普段怖い役が多いけどこんなにあったかいおとうちゃん。ほんとにええおとうちゃんじゃ。かっこええ。
 村上錠は古いタイプガンコ親父のキャラに一瞬見えます。絡んでくると話がややこしくなるんちゃう、と。でも違ってました。錠は慌てふためきもするけど、ここぞの時にはちゃんと適切に対処している。頭で考えるのではなく全身で考えるタイプなんですね。だから判断も早いし、正しい。僕は父親の見本がなくて育ったので、自分がちゃんと父親ができるかとても不安なんですが、こういうおとうちゃん、ええなと思いました。もちろんおかあちゃんの真知子(安田成美)もよかった〜。二人のお兄ちゃんもね。
 他にも、笹井さんとか浜勝の社長とか、コーチとか好きな人だらけなんやけど…。続編作ってくれないかなぁ。あかりと駅伝くんのことも気になるしな。でも今年後半のドラマは決まってるんですよね。その後でもいいから…。

273820380

 というわけで、名残惜しいというか、ずっと見ててうらやましかったというか、昨日の最終週一挙再放送を見て、下宿・田中荘の最後のご飯として初音が作った親子丼を作ってみました。残念ながら出汁はいちから取るのは僕にはムリなのでそこだけ手を抜きました(笑)。

 公式ページには、玉子丼の作り方が動画で掲載されているので、それを参考に、あとはドラマでちらっと映った初音の手順を思い出しながら作りました。これね、出汁を本格的に取らなかった手抜き式というのもあるけど、そんなに手間はかからないです。それでいてめちゃ美味しいです。皆さんもぜひ作ってみてください。玉子丼の作り方動画はもうすぐ公開終了となるので、早めに一度見ておいてくださいね〜。

★ページでの紹介も見つけました。それは→こちら!

P1000863
▲最後の親子丼をみんなが食べた食堂のセット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜散歩/守口編
カラフル

P1000158
太閤堤から見下ろしたところに綺麗なものが。バルーンで作ったPOPだなぁ。パチンコ屋さんか。この業種のお店はいつも元気な感じでいいな。おしとやかなパチンコ屋さんって似合わないものな。不景気なんだから、遊ぶときぐらい明るく楽しく。

■Panasonic LUMIX DMC-GF1
 LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
 Moriguchi-City, Osaka, JAPAN
 17. December 2010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『プロハンター』DVD vol.1
 ヨコハマの予習復習に!

Prohunter_1
来月、ひょんなことから横浜へ遊びに行くことになりました。予定では一泊なのでそんなにあちこち見て歩けないけど。でも横浜というと僕にとっては非常に重要なところ。でも生まれてから一度も行ったことのない、憧れの街なんですね。

 何で横浜が憧れの街かというと、前にも何度か書いたと思いますが、それはもう、横浜を舞台にしたドラマが大好きだったからです。特にアクションもののドラマが。
 僕が夢中になってみていたドラマは『大追跡』『プロハンター』『ベイシティ刑事』です。中でも『プロハンター』が大好きでした。

 1981年春の新番組としてスタートした『プロハンター』。横浜が舞台で探偵ものでバディもの。適度にオシャレで、適度にアクションがあって、肩の力が抜けてて、でも大事なことはちゃんと描いている、よき時代のドラマ。
 主演は藤竜也(水原)と草刈正雄(竜崎)。セミレギュラーに柴田恭兵がいるので、『大追跡』以来の藤・柴田の競演が見られます。
 ほかにレギュラーは、今や2時間ワイドミステリーの女王となった名取裕子、俳優として重鎮になった小林稔侍の若い姿も見られます。
 押さえは、無国籍アクションをやらせたらピカイチの宍戸錠、アイフルというか女ねずみというか小悪魔的美女・小川眞由美。豪華すぎるキャスティングですね。

 同じ日本テレビ系で同じ時間枠なので松田優作の『探偵物語』の路線を受け継ぐ企画だと思いますが、僕も最初はその興味だけでしたけど、『大追跡』藤竜也と柴田恭兵のファンになってはいました。そうそう『探偵物語』とはゲスト出演者がかなり被っています。おまけに、クレジットでは音楽はクリエーションになっていますが、クリエーションのアルバムから何曲かを使って『探偵物語』と同じSHOGUNの大谷和夫が作っていますよね。ほとんど同じ曲では?と思うものもあります。流用曲もあるかも。大谷さんは先日亡くなりましたが、僕の好きなドラマのBGMはほとんどこの人が作っていてビックリ。名前がクレジットされていない場合も多いんですけどね。
 主題歌はクリエーション。ボーカルはアイ高野の「ロンリー・ハート」でヒット。シリーズ前半はエンディングで英語版を。途中から日本語歌詞のに挿し替わっています。

その第1話は、バイクレースの映画のフィルムが盗まれるという事件。この盗まれた映画、『プロハンター』の翌年82年に草刈正雄が主演する『汚れた英雄』に対するオマージュでしょうか。こっちが先だからオマージュはおかしいか。すでにドラマの時には映画の企画ができてたのかな? ゲストは佐藤慶に、『探偵物語』で「暴走儀式」他に出てた、松田優作と同郷の山口県出身の片桐竜次と、『探偵物語』の中でも僕が一番好きな「サーフシティ・ブルース」で金持ちの下僕・合田を演じた河原崎次郎。
 映画の撮影シーンでスタントマンたちを描いているのでアクションシーンもたっぷり。悪役としては描き方が浅いという感じはあるけど、見せ場はアクションだと割り切ってそこはテンポで押し切ってしまうので飽きさせない。

第2話は、怪優・梅津栄をゲストに迎えての誘拐事件。梅津さんは怖い役からコミカルな役まで自在ですね。一癖も二癖もあっていいなぁ。役によっては前歯抜いたりするし。
 梅津さんの娘がさらわれるんですが、娘を助け出したとこまでは良かったけど、逆に竜崎が身代わりで誘拐され、それを助けようと奔走する水原はお金を持ち逃げしたと警察から追われる羽目に。この話で身代金の受け渡し場所に使われているのが法隆寺夢殿を模した三層楼八角形の建物[横浜市八聖殿郷土資料館]。これ旅行ガイド本を見ていて見つけました。絶対まちがいない。ここなら今でも見学できますね。マツダのサバンナRX-7に乗り始めるのはこの回からだったと思う。

第3話は、映画小僧にはお馴染みのロケ場所[BAR POLESTAR]のシーンから始まります。となりの[BAR STARDUST]と共にいろんな映画やドラマで使われている横浜の名所中の名所ですね。
 ケンカしたことから友だちになった大男・大前均が自分を女のところまで無事に運んでくれという依頼から事件はスタート。大前さんかなり前半で…。もったいない。このキャラクターはもっと膨らますとエピソードが深くなったのになぁ。数話ひっぱれたかもしれない。
 冒頭で黄色いポルシェ924に水さんを乗せて表れる女性役で水原ゆう紀が顔を見せているのもうれしいところ。この人第一回ヨコハマ映画祭の主演女優賞受賞してるんですよね。

第4話は、これまたこの人がいるとそれだけでドラマになっちゃうような内田良平がゲスト。この人も『探偵物語』で巨大企業の悪に立ち向かうジャーナリスト(だったかな?)バタやんという強烈な役を演じました。今回は傲慢でいかにも嫌みな金持ち男だが底のあたりでどうも根っからの悪人とも思えない。そういう役をやらせたらうまい。しかし、内田さんはこのドラマに出演した数年後に芝居の巡業先で急死している。おしいなぁ。
 柴田恭兵演じる五島の怪盗能力がいかんなく発揮されます。身のこなしが軽いなぁ、やっぱし。
 秋川リサはハスキーボイスがかわいいな。憎めないんですよ。最後はドカーン!

 …と語り出すと止まらなくなってしまうんですね。気が向いたら続きも書こうかな。でもこの調子で全25話分書いたら疲れるかな(笑)。

■東映ビデオ HOT SPIRITS CYBER
 『プロハンター』DVD BOX特集
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧