グルメ・クッキング

自分専用カップヌードルを作って食べてみた

Img_1673

YANBOさんの案内で2012年1月29日(日)、warakadoさんと3人、池田市の[インスタントラーメン発明記念館]に行って来ました。そう、発作的に自然発生した[大阪Pen倶楽部]のオフ2回目でもあります。ブラパチ目的ですが今日はラーメン体験がメイン(笑)

Img_1584

阪急の駅前からちょっと歩いたところにその記念館はあります。「早めに来てください」と記念館の人が言っていた理由がわかりました。カップヌードルを作る体験をしたかったら早く行かないとかなり並ばないといけなくなるんです。どんどんお客さんが来てました。団体旅行のコースにも入っているようで、日本人だけでなく、中に入ると僕には耳慣れた広東語も飛び交っていました。

Img_1547

日清食品の創業者 安藤百福さんの銅像が記念館の表に堂々と立っていました。カップヌードルのカップの上に立っているのがいいなぁ。手にしているのはチキンラーメンの袋。

Img_1548

親交が会ったという中曽根康弘元首相の文が。さて、入館は無料です。入ってみましょう。

Img_1549

世界で初めてのインスタントラーメンである日清のチキンラーメンが生まれた小屋のレプリカがありました。安藤社長の自宅の庭先に作られた小屋だったそうです。

Img_1670

小屋の中の机の上、インスタントラーメン・ウォール、懐かしいカップヌードルの自動販売機。

Img_1671

「マイカップヌードルファクトリー」でカップヌードル作りの体験をしましょう。専用のカップ(デザインが市販のとは違うんですちゃんと「MY」って書いてある)を300円で買って、手を消毒します。空のカップにふたをしてもらって、ポスカで絵を描きます。左からwarakadoさん、僕、YANBOさんのカップ。

Img_1672

カップの絵が描けたら、あとはファクトリーの係の人にカップを渡します。そして機械にそれをのせてもらい、こっちでハンドルを回して麺にカップをかぶせ逆転させてカップに麺を入れ、スープも3種類から好きなのを選んで、4種類の具をチョイスして好きな具を入れてもらいます。僕はスープはカップヌードル、具はひよこちゃんかまぼこ、コロチャー(肉)、ネギ、エビにしました。
 出来上がったら、ラベルでシーリングし、さらにラップしてもらいます。売ってるのと同じ仕上げになります。そして持ち帰り専用の袋に入れます。ここに空気を入れると持ち帰りパックの完成です。宇宙で食べられたインスタントラーメンの展示もありました。

Img_1676

さて、家に帰ってからですが、その「マイカップヌードル」を食べてみました。ラップ放送をむくのはもったいないとは思いますが、永久に置いておけるものでもないし、美味しいうちに食べましょう。お湯を注いで3分待ちます。はい、できました。

Img_1677

ふはふは、ズルズル。うん、やっぱりおいしいな。楽しくておいしい[インスタントラーメン発明記念館]のカップヌードル作り体験、みなさんもお試しあれ。
 もっと本格的なチキンラーメンを作る体験は予約が必要ですが、麺を粉から練って打つところから体験するので楽しいですよ。そっちはまた今度載せますね。ただ手が粉だらけになったり、作業も忙しいので写真があんましないんだけど…(笑) 楽しいとこに連れて行ってくれたYANBOさんありがとう。

★YANBOさんの「大阪ペン倶楽部 池田にてチキンラーメンを作るの事」も合わせてお読みいただくといっそう楽しめます(^ε^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『てっぱん』下宿・田中荘最後の親子丼を再現してみた!

P1000860
▲お好み焼店「おのみっちゃん」の店頭セット。

NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』も終わって1週間以上が経ちました。震災の影響で、放送が1週間休止になったので、最終回は4月にずれ込んだというのは朝ドラ史上初のできごとかも。

 ドラマについては、本当によかった。出ている人、ストーリー、音楽…全てが見ていて心地よかったです。みんな生きてる感があふれててほんとによかった。

 主人公のあかりは、僕は最初はそんなに好きでも嫌いでもなかったんですがそれがだんだん好きになっていったことが変化として大きかったかもなぁ。最初は加奈の方が好きだったんです。
 それが美織ちゃんの演技が自然で見ているうちにどんどん引き込まれて、役者さんが演じていると思えなかったんです。ほんとに尾道から出てきて大阪で生きてる女の子だと思えて。だから駅伝くんとのこともほんとに心配しちゃった。

 そして、あかりも加奈も好きだけど、富司純子の初音。富司さんが大阪弁を使えるとは思ってなかったんです。それまでとくに最近はお上品な役が多かったし、ワイドショーの司会でも澄ました感じだったんであんまり好きではなかったのだけど、今回はほんま大阪のおばちゃん。しかもちょっと口の悪いおばちゃんで、それがまた生き生きとしてるのが素晴らしかった。ゴリさんとの掛け合いも最高。

 そしてほんとに一番好きになったのは、おとうちゃん村上錠(遠藤憲一)。エンケンさん、普段怖い役が多いけどこんなにあったかいおとうちゃん。ほんとにええおとうちゃんじゃ。かっこええ。
 村上錠は古いタイプガンコ親父のキャラに一瞬見えます。絡んでくると話がややこしくなるんちゃう、と。でも違ってました。錠は慌てふためきもするけど、ここぞの時にはちゃんと適切に対処している。頭で考えるのではなく全身で考えるタイプなんですね。だから判断も早いし、正しい。僕は父親の見本がなくて育ったので、自分がちゃんと父親ができるかとても不安なんですが、こういうおとうちゃん、ええなと思いました。もちろんおかあちゃんの真知子(安田成美)もよかった〜。二人のお兄ちゃんもね。
 他にも、笹井さんとか浜勝の社長とか、コーチとか好きな人だらけなんやけど…。続編作ってくれないかなぁ。あかりと駅伝くんのことも気になるしな。でも今年後半のドラマは決まってるんですよね。その後でもいいから…。

273820380

 というわけで、名残惜しいというか、ずっと見ててうらやましかったというか、昨日の最終週一挙再放送を見て、下宿・田中荘の最後のご飯として初音が作った親子丼を作ってみました。残念ながら出汁はいちから取るのは僕にはムリなのでそこだけ手を抜きました(笑)。

 公式ページには、玉子丼の作り方が動画で掲載されているので、それを参考に、あとはドラマでちらっと映った初音の手順を思い出しながら作りました。これね、出汁を本格的に取らなかった手抜き式というのもあるけど、そんなに手間はかからないです。それでいてめちゃ美味しいです。皆さんもぜひ作ってみてください。玉子丼の作り方動画はもうすぐ公開終了となるので、早めに一度見ておいてくださいね〜。

★ページでの紹介も見つけました。それは→こちら!

P1000863
▲最後の親子丼をみんなが食べた食堂のセット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピビンバとテントウムシと…

080412pibimba
先週の土曜日、用事があって枚方市駅前へ自転車でヨメ(うずらヒヨコ)と出かけました。最近膝が弱くなっているワタクシは電動アシスト式自転車、Panasonic ヴィヴィ。
 枚方市駅高架下の韓国料理の[遊らい亭]に久しぶりに石焼きピビンバを食べに行きました。このお店は、変になれなれしいとか常連だけの閉じた雰囲気とかがないのだけれど、いつも店員さんが明るくてよく気が付いて、元気があって、とても気持ちの良い対応で、それだけでも来て良かったと思う店です。そして料理も美味しいし。

080412ice
居心地のいい店なので、デザートも食べました。僕はバニラアイス。これが一番すきなのです。

080412coconut
駅前でいろいろと用事をこなした後、ちょっとくたびれたのでそのまま自転車で淀川の河原へ。
 コンビニでアジア風ドリンクを買って行きました。香港でよく飲んだココナツミルク。これは黒いタピオカが入っています。ちょっとココナツミルクが薄めでした。

080412mochicake
ココナツミルクと一緒に買ったケーキは、見た目とは違い、意外ともちっとした食感のケーキです。これはけっこう美味しかったです。

080412tentou
川原はこの日はけっこうたくさんの人が散歩やサイクリングやランニングに訪れていました。
 虫たちも活発に活動を始めていました。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラーメンな日々

071104noodle
こないだの日曜日、自転車でキコキコとヨメと二人で枚方から淀川の河川敷を走っていきました。

 ちょうどその日は大阪市民マラソンだったようで、なんだか人がいっぱいで、せっかくのんびりしようと思っていたのに、ちょっと思惑が外れてしまいました。途中で工事中で通るところが一本しかなく、普通の通行人とマラソンコースが一緒になっていて、自転車で走っていると後ろからランナーが迫ってきて、焦って逃げました(^ε^;)。

 今日はコンロとコッヘルを持参し、インスタントラーメンを作って食べました。このコンロは小型でたたむと本体はポケットに入ります。でもたまたま家にあったボンベが大きい方だったのでちょっと重かったな(^ε^;)。アウトドア用品は詳しくないけど、使いやすくていいです。ライターなしで火が点くし。電池だろうと思うんですが、買ってからもう20年ぐらいになりますが、電池替えたことありません。
 我が家ではこういう河原でのラーメンを食べるのを「ラーメン大会」と呼んでいます。そんなにたくさん作ったり大げさなことをするわけではなく、単純にラーメンを作って食べるだけなんですけどね。これはヨメと結婚前からやってます。若いときは時間はたっぷりあるのにお金がないからビンボーデートだったわけですね。スクーターで二人乗りして海岸や河原に行って、小さいラーメン鍋と固形燃料を持って行ってやってました。バブリーな時代だったのにその恩恵は全然受けてなかったなぁ。というか、街で遊ぶのが性に合わなかったというのもありますが。さりとて本格的アウトドアをするわけでもなく、ラーメンを作って食べる程度のお気楽なもの。あと紅茶のティーバッグとか持って行くと、けっこう和めます。特に冬は寒いので小型のテントを買って、それで昼寝をしたり。日中はお日様さえ指せばテントの中はぬくぬく。お腹が空いたらラーメン。ラジオを掛けて読書をしたり。

 というわけでそれを少し思い出してまたやってみたというわけです。子どもたちが小さいときには時々やってましたけどね。ここ数年は御無沙汰でした。またこういうのができるようなある意味余裕がでてきたのかも。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「ありまサイダーてっぽう水」
その隠された真実とは!?

050320teppomizu4▼デジオ『ネギハモ』の中でもご紹介しましたが、YANBOさんにお送りいただいた有馬温泉のおみやげ「ありまサイダーてっぽう水」の意外な事実が判明しました!

 我が家ではとても好評で、既に残り1本となり、命がけの壮絶な争奪戦が繰り広げられようとしております(^ε^;)。
 味わい深いデザインの紙ラベルです。今ではビー玉入りのラムネですら、紙封ではなく熱圧縮フィルムに変わっているというのに、紙ラベルなんです。アート紙にオフセット印刷されているのは時代の流れだと思いますが、デザインはとても時代がかっています。横書きは左から右へではなく、右から左への戦前式の表記です。
 瓶は「三ツ矢サイダー」の瓶でした。ビール瓶と同じで各メーカーで、同じ規格の瓶は使い回しているということでしょう。味は甘すぎず、炭酸が強く大人向きです。大人でもがぶ飲みはできません。飲んだらすぐにはしゃべれません(^ε^;)。お酒の好きな人はお酒に混ぜてもおいしいでしょう。

050320teppomizu3 で、この「てっぽう水」について調べたんですが、レトロなラベルとレトロな瓶なので、これはかなり昔から、細々と作り続けられてきたものなのだろうと思っていました。ところが、なんと現在の「ありまサイダーてっぽう水」は2002年に生まれたものだということがわかりました。つまり平成生まれで21世紀生まれなんです。
 オリジナルの有馬サイダーは明治34年に「有馬鉱泉株式会社」が作った「炭酸鉄砲水」らしいのですが、しかし後に買収され、大正15年に有馬での生産は終了してしまったということです。
 ということはあのレトロなラベルは、それ風にデザインされたものだったということなんですね。
 大砲のデザインは有馬鉱泉時代の大正2年の角型サイダーのラベルがそうだったといいます。現在のトレードマークの大砲はこれがモデルなんですね。活版印刷の原版摩耗を再現したような少しつぶれたフォントの処理もなかなか凝っています。

050320teppomizu2 そしてガンコに王冠を使っているのがまた渋い。わかっているデザイナーがきちんとした仕事をしたということです。
 「有馬八助商店」という合資会社はこの復活有馬サイダーを作るために起こされた会社だそうです。この念の入れようも素敵ですね。
 そして見てくれだけではない、味が古き良き時代を思い起こさせる仕上げになっているから良いのです。
 「ありまサイダーてっぽう水」の詳細は、ここで。オンラインショップで購入も可能です。
 また、ほかに有馬温泉周辺の詳細情報が載っているblog「食べ処!有馬温泉」も楽しいです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)