« 新年明けましておめでとうございま〜す! | Main | この小鳥は? »

カーネギー・ホール 1938年の幻のライブ盤
ベニー・グッドマン

16707276_1334971213227082_147153429

作家 池波正太郎さんが愛聴したという、1938年のまだクラシックのコンサートホールだったカーネギーホールで行われた、ベニー・グッドマンがカーネギー・ホール初出演のジャズコンサートの幻のライブ盤LP、2枚組。

 聴いてみたくなってこれをCDで入手。CDも2枚組。中古で入手したのだけど、ほぼ新品だった。このアルバムはレコード用に録音されたものではなく、ラジオでマイク一本で生中継されたものが放送局で記録としてとりあえず録音されていたから残っていたもの。それを音源にしているという奇跡のレコード。この時代だからテープはないのでおそらくカッティングマシンで音盤に直接録音されたのだろう。レコードのプチプチノイズ入りはご愛嬌。

 Facebookのお友だち三浦さんによると「大型のディスクに録音されたと聞いていますが、Vディスクと同じ12インチだとして録音時間が8分ぐらいだから、もっとデカイのかもしれません」とのこと。

 MINI仲間の五十嵐さんは「クラッシックの殿堂であったカーネギーホールの歴史的なコンサートライブですね。特にシングシングシングは、今聴いても圧巻です。DVDのベニーグッドマンストーリーもいいですよ。ライオネルハンプトンや往年の名ジャズメンも多く出演。スィングジャズが単なるダンスミュージックから鑑賞するものに転換するのを物語る場面もあります」という。

 僕のような人生の重みがないものにはジャズはまだ無理だろうと思っていたが、考えれば人生も折り返し地点を随分と過ぎた。もうそろそろ聴き始めてもバチは当たるまい。

 

|

« 新年明けましておめでとうございま〜す! | Main | この小鳥は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/64881228

Listed below are links to weblogs that reference カーネギー・ホール 1938年の幻のライブ盤
ベニー・グッドマン
:

« 新年明けましておめでとうございま〜す! | Main | この小鳥は? »