« 今週のほぼ毎日XA | Main | うずまきシネマ「もっとも あぶない刑事」+α »

うずまきシネマ『さらば あぶない刑事』

Image

『さらば あぶない刑事』を初日に観てきた。

 結論から言うと、あぶ刑事ぶりが終始一貫していて、大満足の出来だった! あぶ刑事の世界は、芯の部分が誠実であれば、それほどリアルを追求しようとはしてない。カッコいい、迫力ある、楽しい、ゴキゲンなドラマであればいいわけ。それを描くためのウソが気にならない、気が付かないテンポの良さで、物語に最低限必要な深みがあれば、理屈なんかで全て網羅されてなくてもそれは構わないのである。凶悪な敵と闘いつつも、どこかにウイットがあり、辛気臭いイライラはない。それが、あぶ刑事。そういう意味で今回の映画は大満足であった。

Image_2

▲グッズはもう売り切れ続出と。この僕が買ったパスケースなんか5倍以上のプレミアが付いてる。

 タカとユージの年齢の重ね方もしょぼくれてなくてカッコよかったし、トオルの初々しさを残しつつもカッコいい成長。カオルが画面上であまり劣化してないのもうれしかった。

 敵の吉川晃司は十歳以上の年齢差を感じさせないぐらいの貫禄と、骨折してるのにほとんどのバイクを含むアクションをやってみせるのはめっちゃカッコよかった。

 敵のナンバーツー役の夕輝壽太、今までの弱っちい役とは打って変わってめちゃ怖い。鋭い動きのアクションも見せる。

 タカの彼女役の奈々緒、見栄えはするし芝居も自然。絡み方もしつこくなくて適量。

Image_4

▲劇場ではシリーズ歴代のポスターが展示されていた。

 ユージの生走りは健在で、クルマの方もレパード港303が活躍。タカのバイク手離しショットガン撃ちがまたカッコいい!

 腑抜けたお座敷刑事モノしかやらなくなったテレビに本物の「刑事(でか)魂」を見せつけるような立派な刑事アクション映画。大好きな横浜の風景をふんだんに見せてくれた。どうとでもなるから(笑)、これで終わりと言わずに、帰ってきてネ!

Image_3

▲我が家は当面あぶ刑事ブームが続く。


|

« 今週のほぼ毎日XA | Main | うずまきシネマ「もっとも あぶない刑事」+α »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/63155202

Listed below are links to weblogs that reference うずまきシネマ『さらば あぶない刑事』:

« 今週のほぼ毎日XA | Main | うずまきシネマ「もっとも あぶない刑事」+α »