« May 2015 | Main | August 2015 »

July 2015

ワルサーP99、この手の中に〜♪

P99_1
↑東京マルイ 電動ブローバック式 エアソフトガン「WALTHER P99 DAO」
我が家のベランダで鳩がうるさかった6月の後半。鳩が巣作りポッポローとツガイでやってきて、エッチな声(普通の鳴き声ではなく腹の底をえぐるような鳴き方をするサカリの時のエグい鳴き方)でポッポローポッポローとうるさくて困った。黙ってやってきて、黙って去って行くなら何も言わない。でも朝早くからポッポローポッポロー。ワシはもうちょっと寝たいのだ。オレの眠りをじゃまするヤツはゆるせん! というわけで、エッチな鳩のベランダ占拠対策のため、鳩には豆鉄砲を!と、軍備増強することにした(←ソフトエアガンを鳥獣に向けて撃ってはいけません。間違った使い方です)。新兵器は、東京マルイの「WALTHER P99 DAO」である。

Weagle
↑東京マルイのエアーコッキング式エアソフトガン「コルト・ダブルイーグル」。これはもうずいぶん前に買ったもの。G退治など実用的にもかなり活躍した相棒だ。

 今までは、対象年齢10歳以上用のエアーコッキング式エアソフトガン 東京マルイのコルト・ダブルイーグルを相棒としていた。でもエアーコッキングでは速射ができないため、鳩を懲らしめられない。というかだいたい網戸をガラッと開けたら、それで逃げてしまい、でも近くでこっちの様子を見ているので威嚇で2、3発撃ってみるが(←ソフトエアガンを鳥獣に向けて撃ってはいけません。間違った使い方です)、まあ当たらないのだけど。

 それでも鳩は執拗にエッチに攻めてくるのでノイローゼになりそうだった。そこで電動ブローバック式を正式採用することにしたのだ。でも目的は威嚇だ。鳥獣を傷付けないように、対象年齢10歳以上の電動ブローバック式 エアソフトガン ワルサーP99 DAOにした。武力行使は必要だが18歳以上用は威力が強いのでやめた。(←ソフトエアガンを鳥獣に向けて撃ってはいけません。間違った使い方です)
 このエアガン、実銃から型取りしたという。値段の割にはしっかりいい感じ。単4電池4本で電動でブローバックする。ブローバックは要らないんじゃ?って? いやいや、気分が大事です。

 この銃、結局ワルサーといえばルパンのP38で、それ以降パッとしなかったというか後継モデルを作れなかったけど(007のPPKは別ね)、やっと作ってそれなりに成功。法執行機関にも採用された銃。最近の007もPPKからこっちに愛用銃を変えたらしいし。

P99_2
↑室内練習的設置用弾拡散防止装置

 さてさて、日ごろの訓練を怠らないように、室内射撃練習用ターゲットを作ってみた。といっても、百均の洗濯物などを入れる折りたたみホッピングバッグを使い奥に15センチぐらい残してターゲットをセロテープで貼ってぶら下げただけだけど。これ結構具合がいい。弾が飛び散らない。真ん中より少し後ろにターゲットペーパーをクリップでぶら下げると弾は貫通し、バッグ内に残る仕掛け。家の中なので、ターゲットとの距離は4メートルぐらいしか取れないけど、10歳以上用のエアソフトガンだからちょうど良い距離だ。※撮影用に銃とターゲットは近づけています。

P99_3
↑5円玉と金属板のターゲット

 九州に住むお友だちのWさんが、5円玉をターゲットにするといいと教えてくれた。ホッピングバッグに吊してみたけど、これはさすがに当たらないヮ(笑) 競技銃じゃないからねぇ。競技銃だと5円玉が変形するという。Wさん、実は以前APSのブルズアイに凝っていたとかで、マルゼンのAPS3を持ってるのだ。

 というわけで、直径15センチの金属板(台所排水口の蓋ともいう)にチェ〜ンジ! いきなり8倍ぐらい(笑) コレだと百発百中。なんでこれにしたかというと、スチールチャレンジみたいに当たるとカーン!と鳴るので楽しいから。ただ的に当たるとBB弾は割れる時がある。それに弾が跳ね返ってホッピングバッグ内に残ってくれず、後片付けが大変。やっぱり紙の的がいいな。

 命中精度から言うとP99よりもエアコキのダブルイーグルの方がいいかもしれない。けどP99気に入った。しかし、そうこうしているうちにエッチな鳩が来なくなってしまった。まあ、それはそれでいいのだけど。鳩を懲らしめる目的で買ったけど目的には全然間に合わなかった。じゃ、お座敷シューターで遊ぶからいいけどねぇ。しかし、鉄砲遊び、安全に楽しむのは楽しいなぁ。もう鳩を威嚇するというのはやめよう。大人用通販で害獣害鳥威嚇用としてエアフソトガンが堂々と売られていたりする。でも本来は間違った使い方だからなぁ。

*【注意】エアソフトガンは的以外の物に向けて発射してはいけません。人や動物を撃つことはいけないことです。絶対にマネをしないでください。筆者ももう絶対にしないと誓いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2015 | Main | August 2015 »