« February 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

足跡タイヤのナメクジ型バイク ZOOK
破れかぶれのサドルをきれいに

Img_8788
23年選手のわが愛車ZOOK。バイクは今、これだけになってしまったので大事にしてます。たまにしか乗れないけど、バッテリ積んでないのでバッテリ上がる心配がないので。

 さて、シートというか、ZOOKの場合はサドルと言った方がふさわしいかも。自転車のサドルよりも小さいんですが、僕のZOOKのサドルは前のアパートに住んでいるときにその駐輪場で何者かによってカッターナイフで縦に横に切り裂かれてしまいました。犯人の目星は付いていたんですが、証拠がないので如何ともしがたく。

Img_2732_2

 で、このように、ガムテープで補修して乗っていました。でもガムテープってねちゃねちゃになってめくれてくるし、やっぱり応急処置なんですね。何度も張り替えてがまんしてたんですが、写真仲間のkimiさんがスペーシーだったかな?…のシートを自分で張り替え作戦を実行していたので、いろいろ教えてもらいました。そしてネットで検索するとなんとkimiさんの使った替えシートのメーカーのでZOOKの替え革がまだあるんです。23年前のバイクですよ。こりゃうれしい。しかも値段が1700円。安っ! 早速入手しました。

Img_2733

 自転車のサドルの高さを変えるためにハンドルが付いているところ。あれとよく似た構造になっているので、そのネジを外してはみたものの外れない。ということで一度断念しました。外せないことにはサドルの分解ができないのでシートを張り替えられないんで。

 ネットを検索すると、サドル盗難防止の隠しネジがあるんですね。サドルを外さないと張り替えができませんので、それを外すためにテールランプを外します。

Img_2734

 これがサドルのロックネジ。実は削り始めているところの写真です。なんとこのネジ、固くてスパナ3本をなめてしまい、さらにドライバー一本の柄を折ってもゆるみませんでした。特殊工具も使ってみましたが、テールランプのステーが溶接されており、それがジャマでつかめません。そこで、やすりでネジの部分を削り取ってしまうという荒技に出ることに。サドルの支柱側にはネジは切ってなくて、ナットのようなものを支柱に溶接してあるのでコイツを削ればネジの留めている効果はなくなるはず。しかも支柱の強度にはあんまり影響しない。

Img_2735

 1/3ぐらいまで削ったところネジを緩めることができました。ふぅ〜。ここまでやるのに手がもうだるだるのくたくたです。サドルを外して一旦家の中に入って作業です。

Img_2737

 ガムテープを剥がすとこんな感じ。ざっくり切られてパックリ開いてます。痛々しい。

Img_2741

 純正のシートは縫い目はありませんでしたが、替えのシートはZOOKのサドルに合わせてカットして縫ってあります。これもいいな。

Img_2743

 裏側からこの工作用ホッチキスを打ち込んで留めます。これはダイソーで315円で買ったもの。元々のシートを剥がしてからやる方が良いとは思うのですが、僕は残してその上に被せました。20年以上経っているのでウレタンの劣化が心配だったからです。剥がして崩壊してしまっては手立てがなくなります。

Img_2744

 打ち込むときにけっこう大きな音がします。怖いです。でも頑張って打ち込みます。シートを少し引っ張るようにして。打ち込みたいところには打ち込みにくいとかやりにくいですがなんとか留めていきます。

Img_2746_2

 なんとか、できました。こんな感じです。裏側は見せません(笑) もうカバー付けちゃったし。

Img_2753

 駐輪場に下りて、ZOOKに取り付け。サドルロックネジをつぶしてしまったので、取り付けは簡単になりました(笑)

Img_2765_2

 ナメクジ号の前から見たところ。サドルが新しくなってキリッとしました。

Img_2773_2

 後ろからみたらこんな感じ。気分一新で、ちょっと近所周りをブイブイいわしてくることに。香里団地のケヤキ通りを走ろうと出掛けました。木陰がイイ感じなんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安い方がイイに決まってる!


iPhoneのランニングコストを一気に1/6にする作戦を実施しました。もう一つのBlogにまとめときました。見てね!
→「ふえるポメラさん」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | June 2014 »