« November 2012 | Main | April 2013 »

December 2012

【ワンテン展特集】デジタルデュープのための工作

Img_7502
一昨日、[フォトスタジオ ヨシオカ]さんに行って、110判フィルムの現像をしてもらいました。このお店だとフィルム現像は特急仕上げができるので大変たすかります。で、安全策を採るならここでプリントもお願いしてしまえばいいんですが、どうしても挑戦したいことがあったんです。デジタルデュープです。

 というわけで、昨日は午後からちまちま工作をしていました。百円ショップに黒く染め付けしたボール紙が売っていたのでこれを買ってきました。これだと断面も黒いので、切ったところを自分で黒く塗る必要もありません。楽ちん。

 僕がデジタルデュープするためにもっている機材は、ケンコーのスライドデジコピア DSLRというやつで専用のレンズとフィルムをセットするプラマウントが付いてます。
 スライドデジコピアは、三脚やコピースタンドでカメラを固定しなくても、レンズの先にフィルムが固定されるので、手持ちでも手ブレることがありません。僕のようにいろんな写真機材を持っていない者にとってはちょうどいいわけです。この専用レンズはケンコー独自のねじ込みマウントでカメラ各社用のアダプタもあるというわけで、それを介してデジタル一眼レフやミラレースに取り付けます。通常はNikon D40を使っていますのでNikonマウントを入手。

 今回はマイクロフォーサーズのミラーレス一眼 LUMIX GF1でやりたかったんです。D40より高画質ですし。で、マイクロフォーサーズ用のマウントアダプタもありますが、これは「スライドデジコピア非対応」と書いてありました。??? なんででしょう? でも買っておきました。で、これ、何で非対応なのかというと、マウント面との距離がもう少し要るからなんですね。

 だったら中間リングを入れれば?と思ってそれも入手。組み合わせをいろいろと変えてみると、なんとか使えそうな設定ができました。で、ちまちまとサイズを測って鉛筆で線を引き、やりながら調整を加えてカットして、スペーサー的なものも含めて7枚の貼り合わせ。

Img_7518
フィルムを固定(固定と言うほど固定はできませんが)するために溝ができるよう、中の1枚で段を作りました。ちと仕上げが雑ですが(笑) ヒンジは透明ガムテープで。段はボール紙の厚みで1段できるわけで、厳密に言うとフィルムの厚みとはかなりの差があり、そこでフィルムの平滑性がダメダメですが、ナンチャッテなんでこんなもんでOKとします(笑)

Img_7503
 
Img_7504
写真は、テストの時のもので、フィルムが裏返っていることに気づかずにはめてます(笑) まあ、これでなんとかスライドデジコピアにははめることができました。

 で、実際やってみたらどんな感じか気になりますよね。ネガからの反転、これ結構難しいんです。だからスライドデジコピアはスライド、つまりポジ(リバーサル)フィルムをデジカメで撮るということが前提な製品なんですね。ネガフィルムだと色を反転させないといけません。ただ単純に反転だといいんですが、ご存じの通り、カラーネガフィルムはベースのフィルムにオレンジ色というか茶色というかそういう色が付いています。こいつがとてもやっかい。

 Photoshopで「色調の反転」をさせてもまともな色にならないんです。でもね、これいろいろな人が研究をしてくれていたのでそれを参考にさせてもらっています。特に簡単で効果の高い「ごっさん式」でやりました。ごっさん他、皆さんに感謝! フィルムのオレンジベースの色の影響を低減させるのに、色セロハンの青の2枚がけをしました。僕の場合光源はスライドビュアーではなくToo.のLEDトレス台です。これも光がちと青いかも…。そしてレベル補正。ごっさんの教えてくれた「『レベル補正』開いて、RGBそれぞれの『山』の裾野にシャドーとハイライトをあわせて、それから『階調反転』を実行」をやりました。

P1010543d_2
 
P1010546d
▲上の2点は、PENTAX auto110 F2.8 24mm/AGFA 200/大阪 梅田 茶屋町

P1010513d
 
P1010529d
  
P1010532d_2
▲上の3点は、Pocket FUJICA 600 ツカエル1号 FUJINON F2.8 25mm/Fukkatsu400/大阪 門真市

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【ワンテン展特集】Pocket FUJICA 600“ツカエル”

Img_7470
 
Img_7469

昨日、auto110の調子が悪くなり、一応応急処置はしたものの心細い状態であることを察した あっきいさんから連絡があり、今日某所のスタバで落ち合って、Pocket FUJICA 600を2台もいただいてきました。休日にわざわざありがたいことです。多謝。

Pocket FUJICA 600
FUJINON 1 : 2.8 / 25mm

 このポケットフジカは僕もかつてたぶんPocket FUJICA 200だったと思いますが愛用していました。僕のは固定焦点で何にもできなかったけど、このフジの600は水平型のポケットカメラの中では最高級機で、なんとレンジファインダー搭載。そして電気式露出制御です。セルフタイマーも搭載しています。電池はLR44×2。
「フィルムを入れて撮影まではしていませんが、電池を入れての動作確認はできてます」ということで安心です。しかも「ここに“ツカエル”と書いてあるし」と。

Img_7473

 確かにツカエルと書いてあるので、これからこの2台をツカエル1号、2号と呼ぶことにしようと思います。このシールは貼っとく(笑)

Img_7474

 水平型のポケットカメラはauto110と比べるとけっこうデカいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【ワンテン展特集】急遽出展不能か!?

Img_7414

今日は梅田に行く用事があったので、カメラはライカとauto110を持って出掛けました。ワンテン展用の写真を撮らねば。ポケットに小さいカメラを入れていくのは楽しいな。

 そう思ったのもつかの間。写真を撮ろうと、元東映会館前辺りでauto110を取り出して撮ろうとしたら、あれ? シャッターが閉じたままになるぞ。ファインダーの中はブラックアウトしたままです。ひぃ〜(>.<;) ここに来て、カメラが故障か。中判展の二の舞ではないかっ! もう一度シャッターを切っても同じかなりしてからシャッターがやっと戻る感じ。こりゃ電気系統がおかしいな。

 このカメラ、露出制御だけ電気を使っているんですね。だから電池を抜くと一定速度でシャッターは切れるはず。それがスローシャッターのようになってしまうのは電気系統に何かトラブル、もしくは機械的にシャッターの動きがおかしくなっているか。今度はもう代替品はないので、いよいよワンテン展の参加はここであえなくリタイヤか…。InstagramからtwitterとFacebookにこの事件の第一報を発信すると、手持ちのワンテンカメラを「貸したろか」の連絡が多数。多謝! しかし、借りるとどうも扱いが気を遣ってしまい写真を撮るどころではないようになってしまうんですよね(^ε^;)

 一つ目の用事はなんだか無駄足だったのでそれも気分がなんだかなぁ。でも、ちょっと高い、7000円もする広東語の辞書を買えたのでそれはそれでいいか、とか思いながら、休憩に茶屋町のマクドに。そこで窓の外を見ながらライカでパチパチやっていて、試しにauto110を取り出してシャッターを切ってみると、あれ? 普通に動く。でもなぁ。大丈夫か?

 LOFTの1Fにカメラ売り場があって、そこにauto110があったので買うかと思ったりもしました。マロンもあったんですが、45,000円という値段にビビってしまって、しおしおに。売り場のお兄さんにauto110は調子が悪いときは電池の接点をクリーニングする、接点の金具を少し起こす、ネジを2本外して断線していないかを見る…ということを教えてもらって、110Fukkatsuの110フィルムをそこで2本買いました。なんだかわけがわからないような買い物になってしまった。
 というわけで、とりあえずは、その後も機嫌が直ったような感じなので、なんとなく不安を抱えながらも1本撮りきって持ち帰りました。

Auto110_02

さて、帰宅してフィルムカートリッジを取り出し、電池を抜いて接点を綿棒でクリーニングしてみると、あららららら… フィルム室と電池室の壁が割れています。割れて欠落園。電池を入れるとここで電極のバネ圧を支えなければならない壁が。過去に電池の液漏れか何かがあってプラスチックが劣化したようです。一部プラスチックが欠損していることもわかりました。それで通電したりしなかったりと不安定になっていたようです。

 とりあえず残っている欠片を瞬間接着剤で付け、補強のため薄いプラ板を貼り付けることにしました。これでどれぐらい持つかはわからないけど。とにかくこれで、なんとか乗り切らねば。残された時間はあとわずかだっ!
110fukkatsu_13

▲LOFTで買ってきた「110Fukkatsu」1本税込781円×2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ワンテン展 2013がもうすぐっ!

110

というわけで「新宿西口クラブ 中判展」が無事終わりましたが、年明け早々に次の写真のグループ展にまたまた参加します。

 この写真展の企画は、小笠原諸島・父島在住のわれらが「せみちゃん。」。彼はフィルムカメラはもとよりデジタルにもカメラだけでなく、写真についても非常に造詣の深い人。父島からいろいろな方法を駆使してまたたびたび上京してこの写真展を開催にこぎつけた情熱の持ち主です。僕はそのココロイキに賛同して参加させてもらうというわけです。
 中判展に引き続き、こちらも宣伝用ハガキ(上の画像)のデザインをワタクシがさせていただきました。

 110判フィルムというのは、覚えてますか? 小学生の持つ筆箱のような四角い小さなカメラ、ポケットカメラといわれたやつに使われていたフィルムです。この110判フィルムのことを「ワンテン」というんです。で、このワンテンフィルム、三年ほど前に生産を終了してしまっていたんです。マニアはヨーロッパでまだ在庫を持っている会社からの輸入とかで細々と楽しんでいました。それが2012年、ファンの熱い期待に応えて復活したんです。ちょうどワンテンが生まれ、専用のカメラが作られて40周年の2012年に。というわけで、ワンテン写真展をやろう!ということになったわけです。

 会場が東京なんで、僕が会場に行けるかどうかわかりませんが、とにかく作品だけは東京へ行きます。でもまだ作品として撮れたものがないので、この年末年始が勝負だと思っています。いつものお笑い系で行くのか、はたまた別のジャンルに挑戦するのか、それは見てのお楽しみで(^ε^;)

 首都圏にお住まいの方はぜひぜひお越しください。力作が皆さんをお待ちしておりますぞ。

 期  間:2013年 1月22日(火)−1月27日(日)
 会  場:160-0004 東京都 新宿区 四谷4-28-16 吉岡ビル5F
 開館時間:12:00~19:00 最終日は17:00まで
 観覧料 :無料
 お問い合わせ先:クロスロードギャラリー
 TEL: 03-3341-8118 / FAX: 03-3341-8118

 詳細情報は「IMA on-line」の情報コーナーにも掲載されています。
110_banner


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | April 2013 »