« ハーフ写真集『面白半分 omosiro half』
うずらまんの作品集ができました!
| Main | 調子に乗っているとバチが当たるの巻 »

ゆくライカ、くるライカ

P1000638b

衝動買い野郎とよばれてもいい(笑) というわけで、Leitz M6 black chromeを入手しました。資金調達のため、シルバーのLeica M6のうち綺麗な方のM6を手放しました。これ綺麗すぎて死蔵するだけだったんで。

 元々僕はLeitz M6(シルバー)からライカ生活をスタートしました。ライカカメラ社のではなく、エルンストライツ社の最後のライカ。M6というとトップカバー上面に文字もロゴもなくなってしまったと言われます。でも、この初期のLeitz M6は小さい文字でたった1行だけですが、〔ERNST LEITZ WETZLAR GMBH〕と入っていました。そう経営母体が変わってしまったライカカメラ社のM6ではありません。オスカー・バルナックがライカを発明した光学機器メーカーのエルンストライツ社のM6。
 でもその個体は光線引きの持病があって、ライカカメラ社のLeica M6に丸ごと交換ということになってしまったのでした。今回手放したのは交換でやってきたこのM6の方。

 その後、鼻息荒男でM4を入手。でもこれも故障持ちで保証期間中だったため修理に出したら、修理不能で全額返金となりM4は帰ってこず。その前にM4-Pを入手してたし、気に入って使っていたけどファインダーのバルサム切れで見えに不安を感じ手放してしまいました。

 もう一台のシルバーのLeica M6は、雑誌『ラピタ』のまだ面白かったころに10万円の買い物をする権利という懸賞に当たって入手したもの。その頃はまだライカブームの真っ最中でライカの値段もまだまだ高く、そんな中で僕は10万円でライカを買えるかという企画を立て挑戦をしたのでした。外観は使用感ありだけど、中身がしっかりしているヤツを当時まだあったOSカメラサービスの大阪駅前店で探してもらって入手しました。今回考えた末、やっぱり気軽に使うという意味でこっちを残しました。

 というわけで、僕の新ライカ生活はこの今回入手した黒いLeitz M6とラピタのM6(シルバー)の2台体制でリスタートします。最初のライカ、Leitz M6と黒いM4-Pが合わさって戻ってきたような感じでとてもうれしいです。なんと言っても〔ERNST LEITZ WETZLAR GMBH〕のM6ですから。とはいえ所詮M6ですから、M3のようなライカオーラ(笑)はありません。まあ、僕はそんなオーラなんか必要としてませんけどね。M型ライカの完成形と言われるM4のシルエットを守りつつ露出計を内蔵させたM6は使いやすいライカなんです。それが証拠に、新しい方のLeica MPはこのM6をベースにしています。その後で出たM6 TTLやM7ではなく(笑)

 そうそう、M6 TTLはストロボ同調機能がアップしたため電子回路の変更のためトップカバーが少し高くなって、シャッターダイヤルが大きく、また回転方向が逆になりました。それがあんまり好みではないんですが、その話はおいといて。これをM6 TTLと呼びます。それ以前のM4のスタイルのまんまのM6は区別するために「Leica M6 classic」と呼ぶのが普通でした。ところが、これを最近は「Leica M6(Non TTL)」と表記している場合があります。この呼び方は正確ではありません。TTLというのはあくまで露出計のタイプをさします。つまり露出計が撮影用レンズを通ってきた光を測定する方式「Through The Lens」ということです。M6 classicだって露出計はTTLなんですから。

 とはいえ、黒と白(シルバー)のM6。白のM6は丹前を着て温泉街をぶらぶらしているときに首に掛けてたら似合うカメラだし、黒はHenri Cartier-Bressonのように街に溶け込むスナッパーになるためのものだし、僕のライカ生活リスタートはこの黒と白で。そして、結局僕はライカユーザの中でもちょっとへそ曲がりで、往年のライカファンが好むM3やM2、M4ではなく、M6が好きなのでした。僕はライカだからと言って特別扱いはしません。どこへでも気軽にぶら下げていきますし、丁寧には扱いますが、神経質にではなくラフに使います。

 というわけで、僕のライカはM6に始まり、M6に終わる。それでいいのだ。

|

« ハーフ写真集『面白半分 omosiro half』
うずらまんの作品集ができました!
| Main | 調子に乗っているとバチが当たるの巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/56021003

Listed below are links to weblogs that reference ゆくライカ、くるライカ:

« ハーフ写真集『面白半分 omosiro half』
うずらまんの作品集ができました!
| Main | 調子に乗っているとバチが当たるの巻 »