« September 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

CH-47Jチヌークに乗ってきた
自衛隊 八尾駐屯地

昨日、三連休の初日は、6時54分枚方市発の急行に乗って、自衛隊の「八尾駐屯地(大阪)創立57周年及び中部方面航空隊49周年記念行事」、いわゆるオープンデイを見物に連れてってもらいました。[大阪Penクラブ]第2回オフ会でもあります。
 自衛隊の駐屯地へ行くのも初めてだし、ヘリコプターに乗るのも初めて。オープンデイの感想はおいおい書くとして、大型輸送用ヘリコプターCH-47J、愛称チヌーク(Chinook)の地上滑空の体験に参加するためチケット抽選会に並んで、運良く当たって乗ってきたので、その話を。当たるまでの話も書き出したら連載になりそうなので、今回はほんとに一番美味しい、乗ってきた部分のみの記事にします(笑)

 このCH-47というヘリコプターは、なんと配備開始から半世紀も経っているそうです。Jは日本仕様。ローター(プロペラ)は斜め前方に傾いて取り付けられていて、平地に着陸したときは前のローターの一番前はかなり低くなります。高さが成人の胸〜首の高さなので、ローターが回っているときは前から近づいてはいけません。輸送能力の高さから、災害派遣にも使われ、民間人が利用する機会もあるので注意が必要です。

「チヌークで飛んだ!…帽子が(笑)編」
 搭乗前の1コマ。台風並みの風になるので帽子を被っている人­は飛ばないよう気をつけてくださいと乗る人には注意があったんですが、見物の人(画面左側)の帽子がものの見事に飛んでいきました。もう一人の男性がナイスキャッチ。

「チヌーク地上滑走体験 滑走と浮上編」チヌーク機内の様子、滑走、ちょっとだけホバリングの映像です。QuickTimeだけで簡単にしか編集してませんが…。デジカメ(LUMIX LX3)で撮影。

「チヌーク地上滑走体験 着陸編」こちらはホバリングから着陸までの映像。iPhone 3GSで撮影。無事帰投しました。

 ヘリコプター搭乗は初めてだし、うるさくて何も聞こえなくなるとか、乗る前はやっぱり落ちたらどうしようとかちょっと怖かったんですが…。しかし、耳栓したらうるさいのは大丈夫でしたし、飛行機の離陸のようなガタガタガタガタというような振動やエレベーターの上下の胃のキューッとなるようなのはヘリコプターにはなくて。非常に乗り心地はよかったです。パイロットが上手いのでしょうけど。

 このヘリコプター、チヌークはベトナム戦争当時から活躍、ほとんどモデルチェンジしていないんですね。それだけ基本設計がしっかりしていて良い機種なんでしょうね。
 ロバート・キャパや沢田教一、一ノ瀬泰造、石川文洋が米兵とともに乗り込んで最前線に赴いたヘリコプターなんでしょうか。そんなことを考えるとすごく感慨深かったです。

Panasonic LUMIX DMC-LX3
f=5.1-12.8mm(35mm EQIV.24-60mm)F2.0-2.8
Apple iPhone 3GS

| | Comments (2) | TrackBack (0)

京阪3000系・準急仕立て/iPhone

3000系の準急仕立てに今日も乗れました。色もデザインも、8000系特急よりも好き。
 3000系は本来快速急行用の電車。昼間の快速急行がなくなったから、車輌が遊んでしまうのか、配車の関係からか、特急や準急仕立てがあります。たま〜に各駅停車になっているときもあるんですよ。
 元々車輌の種類の少ない京阪電車。京阪沿線に住んでいた僕は子どものころは、マンダリンオレンジとカーマインレッドの特急か、あとは緑のツートンの平凡な電車かしかなかったんで、鉄ちゃんになろうにもなりようがなかったんですが、最近は新旧いろいろな車輌、同じ車輌でも塗装違いや、このムービーのように仕立て違いなど面白みが出てきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »