« 3分工作「iPhone/iPad用スタイラスペン」予算210円 | Main | 贋作「とうとうミラーレスを」 »

プラカメ万歳#7/富士フイルム CARDIA mini TIARA

P1060660b2
1994年発売の富士フイルムのカメラ「CARDIA mini TIARA」です。

 これはカメラ屋さんのジャンクかごではなく、某ネットオークションで入手しました。この何ともいえない上品なデザインが素敵です。上品だけどけして豪華ではない。生成りというほど気が抜けた感じでもない。このバランスがいいんです。

 写真家の植田正治さんが晩年「印籠カメラ」と名付けて愛用されていたとのこと。視力に不安を感じてからはオートフォーカスのコンパクトカメラを使われていたようですね。鳥取の[植田正治美術館]では、電池が抜かれた状態でその愛用のTIARAが永久保存され展示されているそうです。

P1060664b
レンズは、SUPER-EBC FUJINON 28mm 1:3.5。フジノンレンズは使ったことがなかったと思うのでうれしいです。28mmというのも僕好み。XA-4を愛用していたのでこの画角がけっこう好きなんです。

P1060648b
そのレンズを守るのがこのレンズバリア。このバリアは電源ボタンも兼ねています。開くと電源ON。バリアはフラットなのでポケットに入れてもひっかかりません。

P1060651b
背面は上部のファインダ横にパノラマ撮影のスイッチ、その下に液晶表示、そしてデート、モード、フォーカスなどの設定ボタンがあります。フォーカスはマニュアルフォーカスができるわけではなく、ゾーンフォーカスのようなもの。遠景の山マーク、スナップ、マクロ35センチ。ストロボのモードはバリアを閉じると設定はクリアされ継承されません。

P1060656b
裏蓋は全開しません。こんな感じでちょっとだけ。このすき間からフィルムを差し込む感じです。これ簡単に見えて案外難しい。

P1060657b
フィルムは最初に全部巻出されて、撮影済みがパトローネに巻き戻されていく式。カウンターも逆算式です。

P1060658b
ストラップ取り付け金具は三脚穴にねじ込み式。だからストラップ金具を付けていると、テーブルにまっすぐには置けません。

P1060641b_2

使ってみた感想ですが、とにかくちっちゃくて、どこへでも持って行ける感じです。僕はコンパクトカメラでも単焦点のカメラが好きなんです。ズームは結局使わないので。そうすると持ち出しやすいこのカメラはけっこう僕にぴったり。オートフォーカスの合焦するのが遅いというような話がよく出てくるんですが、そりゃ決定的瞬間を狙うシビアな現場ではいざ知らず、日常使いなら充分なレベルだと思います。少なくとも僕はイライラしたことはないです。

83930010
▲宿り木?(京都府宇治市)/FUJI SP400
 
83930008
▲夜の薬局(大阪府守口市)/FUJI SP400

 写真の写りはしっかりしてていいと思います。夜写真にも強いです。

83940018_2
夜のひらパー(大阪府枚方市)/Kodak Gold100

ISO100でもこれぐらい写ります。とても信用できるカメラだと思いました。

■FUJIFILM CARDIA mini TIARA
 発売当時価格:35,000円
 レンズ:SUPER-EBC FUJINON 28mm 1:3.5
 電源:リチウム電池CR2×1
 サイズ:99.8×60.0×31.3mm、153g(電池別)

★この突然企画「ディスカバー・プラカメ」は、あっきいさんの「いじりゃー」kimiさんの「kimi-penの気ままに行こう」BBSと同時開催です。合わせてお楽しみください。

★プラカメのWeb写真展「PLA-CAME Gallery」ではWeb写真展の参加者を募集中です。お気軽にご参加ください。もちろん参加費は無料です。

|

« 3分工作「iPhone/iPad用スタイラスペン」予算210円 | Main | 贋作「とうとうミラーレスを」 »

Comments

なんと。これがプラカメですか?
金属だと思っていました。
以前探していると言っていたカメラですね。
28mmでしかもパノラマなら使いでがありますね。
ISO100での夜景、こんなに写るんですね。
自分も試してみます。

私も狙っていたプラカメが手にはいるかも知れません。
首尾良く手に入ったら、またプラカメオフに行きたいですね。

Posted by: かずけん | November 19, 2010 at 10:22 PM

▼かずけんさん
 外装はアルミなんですが、中身はプラカメです。定価もプラカメの定義に収まっているので、ミノルタやコンタックスやリコーやライカの高級コンパクト路線とは完全に違う商品なんで、まぁこれもプラカメと言い切ってしまっていいと(^ε^;)
 あれからもうすぐ1年ですね〜。そろそろプラカメオフしたいですね(^ε^)

Posted by: うずらまん | November 20, 2010 at 07:40 AM

すんごい遅い拝見で失礼....笑。羨ましいです!!これ~。以前植田正治美術館へ行った時に丁度このカメラで撮影された写真が一室で特集されていましたが、大きいのに綺麗なプリントでした。それと、前から不思議なのですけど、このカメラって何故裏蓋が全開にならないのでしょう?ご存知ですか?

Posted by: hiro | December 06, 2010 at 12:45 PM

▼hiroさん
そうなんです、全開しないんです。
なぜかというと、それが簡単だと
いう考え方なんです。
先をどこかに差し込まなくても
いいし。ただ上から、すっと入
れればいいと。なまじフィルム
装填に慣れてる我々は、戸惑い
ますけどね(^ε^;)

Posted by: うずらまん | December 06, 2010 at 07:05 PM

ああ、そういう意味なのですかぁ。逆にこれだけしか開けない構造でちゃんと装填できるよ!っていう心意気を茶目に表現しているって事なのかなぁ(笑 しかし、ISO100でこうまで写るんですね~。このカメラ欲しいんだよなぁ...ずっと。ああ...危ないポストです。イカンイカン、笑

Posted by: hiro | December 06, 2010 at 08:02 PM

▼hiroさん
 さっきは電車の中だったので(^ε^;)
 この装填方法には「ドロップ・イン・ローディング」
 という名前が付いてます。

 植田正治さんの写真、見たいなぁ。
 いつかきっと[植田正治美術館]に行くぞ!

 このカメラ、某オークションに出てもけっこう
 値段が上がるか、安いのはどうも落下した形跡が
 あってボディ変形してるのが多いです。
 いいコンディションのに巡り会ったら、ぜひ!

Posted by: うずらまん | December 06, 2010 at 08:17 PM

裏蓋全開しないのはフジ昔からそうなんです.つっても電動巻上になってからですけど.ジャスピンコニカ同時期の黒い箱形あたりからもうそうです.

羊の皮をかぶった狼,じゃなく金属外皮を纏ったプラカメですかー
これがアリなら,相当沢山のカメラがカテゴリ入りしまっせー(^^)

持ってみると結構分厚く感じます.デザインのせいでぱっと目には厚く見えないのですが,この小ささでパトローネ分は必要だから分厚く感じる.リコーGRと比べるのは酷としても,凹凸で巧く厚さを感じさせないXAシリーズのデザインが優れている所かと.

で,私のティアラは多分落下のディンプルが有ります.交換会では激安で...汗

Posted by: lensmania | December 12, 2010 at 11:25 PM

▼れんずまにあさん
 全開しないというのはフジの伝統なんですね(^ε^)
 確かに分厚く感じますね〜。GRは分厚さをグリップにしてるから上手いですよね。XAシリーズは電動でない分小っちゃくできてるんでしょうね〜。

 金属外装でも中身がプラスチックが多いのはけっこうありますね。でもまあ、一応定価がおよそ6万円以下という定義にしているので、そうするとライカとかコンタックスとかミノックスとかはほぼ範囲外になりますよね、いわゆる高級コンパクトというやつは。ミノルタのTC1とかも。

Posted by: うずらまん | December 12, 2010 at 11:35 PM

トラベルミニも同じく全開しません。
しかしそのおかげで、コニカのビッグミニによくある
裏蓋と繋ぐフイルムケーブルの破断で
動作不良、修理不能ジャンクがほとんどありません。
金属外装をとればトラベルミニと良く似てます。
レンズスペックも同じですが
EBCコーティングがある分、発色が違うんだろうなぁ。

Posted by: akkii | December 13, 2010 at 03:02 AM

▼あっきいさん
 なるほど、断線しないんですね。
 考えられている設計ですね。
 トラベルミニと、中身は同じかもしれないですね!

Posted by: うずらまん | December 13, 2010 at 07:22 AM

調べました。
レンズはトラベルミニ3群3枚に対して
ティアラは4群4枚で両面非球面使ってるんですね。
最短も10cm違うし、全く別物ですね。
失礼しましたm(_ _)m

Posted by: akkii | December 13, 2010 at 10:42 AM

▼あっきいさん
 ぉお、わざわざ調べていただいてありがとうございます。なるほど、違いましたか。

Posted by: うずらまん | December 14, 2010 at 09:15 PM

度々すみません。この7枚目の写真に写っている三脚穴にねじ込んであるネジは市販品でしょうか?これスマートで良いですね...差し支えなければ教えて欲しい~。

Posted by: hiro | December 22, 2010 at 08:08 PM

▼hiroさん
 残念ながらこれはTIARAの付属品です。
 TIARAの外観、売価の割にがんばっている感じがしますが、このストラップだけ安もんくさいです。多分使っているウチに摩擦で切れると思う。ネジは他のに使うとけっこういいかも(^ε^) カメラ屋さんのジャンクコーナーへゴー!

Posted by: うずらまん | December 22, 2010 at 11:27 PM

ヤフオクを覗いてみたら確かにくっついているのがある! もう迷ってないでTIARAごと入手せよという思し召なのか...笑、有り難う御座いました。

Posted by: hiro | December 23, 2010 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/50074292

Listed below are links to weblogs that reference プラカメ万歳#7/富士フイルム CARDIA mini TIARA:

« 3分工作「iPhone/iPad用スタイラスペン」予算210円 | Main | 贋作「とうとうミラーレスを」 »