« もみじ敷き詰めて/LUMIX LX3 | Main | シャキーン!となった
オリンパスPen W »

自転車とタイル(京都)/Pen D2

先日、京都にめずらしく写真を撮るために出掛けました。初めての撮影オフ。12/5の土曜日は雨でした。でも傘をさして歩きました。
 プラカメのμ[mju:]panoramaとハーフのPen D2を持って行きました。ぼちぼちその京都散歩の写真をアップしていきますね。
Greenbyc036
今日の2枚はPen D2で撮ったものです。
 自転車って気になる存在です。というか人のスナップが難しい時代、また人にレンズを向けるのは気弱な僕にはなかなかできません。でも、何となく人の気配というか人間のニオイをその風景の中に表現したいとなると、自転車ってけっこう使えるアイテムですね。
 まあ、写真の撮り方に関しては全く成長していないという気もしますが、素敵な自転車を見つけるとパチリッと撮ります。
 kimiさんやかずけんさんにうかがうと正確な場所はわかると思いますが、とにかく路地です(笑)。東山方面のというぐらいしかわかりません。

Mosaic002
これは高瀬川沿いの住宅街の中をくねくね歩いているときにみつけたものです。壁面にタイルのオブジェ。住宅の外壁です。意味合いはわからないけど、こういうセンスって素敵だなぁと思います。片隅の獅子に注目!

■OLYMPUS Pen D2
 F. Zuiko 32mm F1.9
 Kodak GC400

|

« もみじ敷き詰めて/LUMIX LX3 | Main | シャキーン!となった
オリンパスPen W »

Comments

お、2枚目、私も撮りました。
あにゃものは、もっとボンヤリした感じです。オート露出はイカンのか?
どちらも鮮明で良いな~!

Posted by: あにゃも | December 15, 2009 at 01:42 PM

おお!まさにうずら眼写真ですね。タイル職人さんなのかなぁ? 何を意味しているのかとても気になります…ウズウズ(ウズラが動いているという意味ではありません)…。

Posted by: hiro | December 15, 2009 at 08:15 PM

こんばんは。

自転車はしっとりしていて、いい発色ですね。
やはりフィルムですね。

>何となく人の気配というか人間のニオイをその風景の中に表現したいとなると、自転車ってけっこう使えるアイテムですね。
そうなんです。人が写っていなくとも人間を感じる。
だから自転車やベンチなんかを撮るんですよね。

Posted by: かずけん | December 15, 2009 at 10:49 PM

▼あにゃもさん
 タイルの写真は、このサイズだからそこそこピントがきているように見えるだけかもしれません(^ε^;)。


▼hiroさん
 タイルのオブジェとしてはなんだか、和風というか女性的なセンスを感じるんですが右上のライオンがどうも異質で、こういうのをここに貼り付けている意味がわからないんですよ。またこのライオンをワンポイントとすると、横の電気メーターがまったく台無しにしているところがそこはかとなく悲しげで。


▼かずけんさん
 自転車の写真は、かずけんさんの写真をいつも拝見して素敵だなぁと思って、今度ぜったい真似して撮ってみようと思うんですが、実際撮るときには、舞い上がっていてすっかり忘れてしまっているので、進歩がないんです。
 ベンチもいいですね。今度注視してみます。

Posted by: うずらまん | December 15, 2009 at 11:28 PM

二枚目のオブジェは見たことがないです・・・
うーん探しに行かなきゃ!
二枚とも寂れ感が漂っていい感じですね。

Posted by: kimi | December 16, 2009 at 04:58 PM

ううむ,京都お散歩撮影会は大成功のようですね.
行きたかったなあ.
ハーフサイズ写真は描写の省略が表現の特徴だと思うこともありますが,Dクラスになると省略どころか精細度で不足する事は無いですねー.実にシャープで諧調豊かです.

Posted by: lensmania | December 16, 2009 at 06:32 PM

▼kimiさん
 今回はkimiさんの縄張りで、胸を借りるつもりで撮らせていただきました(^ε^)。
 ぉお! タイルのオブジェはkimiさんもまだご覧ではなかったですか。
 「さびれ」は僕のずっと追っかけているテーマでもあります。…って、これはだいたい皆さんとかぶってしまうんですが(^ε^;)。


▼lensmaniaさん
 京都、おもしろかったです。
 京都らしいところも、昭和が取り残されているところも、ちょっとした街角も、どこをとっても撮りたいところだらけで、同行のから遅れることしばし。七条から歩いてJAさんと待ち合わせの清水五条までの間で、かずけんさん・あにゃもさんを一度見失ってしまってしまいました(^ε^;)。
 どうも僕は、ピント合わせや被写界深度を計算した表現などが二の次になるがさつな写真ばかりですが、D2のおかげでちょっと救われている部分があります。

Posted by: うずらまん | December 16, 2009 at 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/47027764

Listed below are links to weblogs that reference 自転車とタイル(京都)/Pen D2:

« もみじ敷き詰めて/LUMIX LX3 | Main | シャキーン!となった
オリンパスPen W »