« 帰ってきたN360!?
ホンダのEV-N
| Main | 満月を見ても見なくてもうなる犬 »

中国庭園・鶴見緑地/Demi EE17

■Canon Demi EE17
 SH30mm F1.7(35mm EQIV.42mm)
 Kodak Gold 400
 17 January 2009

Tsurumi003
大阪市と守口市にまたがるように広がっている緑地。それが[鶴見緑地公園]です。

 ここは1990年(平成2年)に「国際花と緑の博覧会(花の万博)」が開催されたところ。その会場跡地約126ヘクタールを利用して公園になっています。というか、ここ花博が開かれる前から一応緑地公園としては存在していたのですが…。

 さて、花博は僕は結局行かなかったので、なんのこだわりも愛着もないのですが、万博公園にはEXPO70のなごりはほとんど残っていませんが、それよりはまだ新しいので、ここは花博の時の残り香が観察できます。そういう意味ではおもしろいです。
 特に僕のライフワーク的テーマである「さびれ」や「つぶれ」という人工的哀愁的わびさび物件がこの公園内には多数存在します。

 この写真もそのひとつ。中華人民共和国の出展の中国庭園です。建物もかなり残っており、なかなかいい感じ。西遊記ものやカンフー映画のロケに使えば雰囲気出そうな感じです。

 くわしくデジカメで撮った写真もあるのですが、今日の写真はやっと現像に出したCanon Demi EE17の写真です。
 Demiは35mmレンズシャッター式ゾーンフォーカス・ハーフサイズカメラ。去年の『ペンスケッチ展4/神戸展』をわざわざ首都圏から見に来てくださった、ネットのお友だちであり人生の師のひとりであるISSOさんからその会場でいただいたもの。故障していたので、今年の初めに修理に出して、使い始めました。

 なにせ、露出シャッタースピード優先のオートなので気楽に撮れます。ピント合わすだけだし。F1.7のレンズなんで、暗いのも得意。絞りはマニュアルもできます。ハーフなのにデカいとマニアの間では好き嫌いが分かれるところではありますが、使ってみると僕はとてもいいと思いました。見た目もカメラらしい形ですしね。

 ぼちぼちDemiの写真もアップしていきます。鶴見緑地では残念ながらこの写真しか撮ってないのですが…。

|

« 帰ってきたN360!?
ホンダのEV-N
| Main | 満月を見ても見なくてもうなる犬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/46369770

Listed below are links to weblogs that reference 中国庭園・鶴見緑地/Demi EE17:

« 帰ってきたN360!?
ホンダのEV-N
| Main | 満月を見ても見なくてもうなる犬 »