« 孤高の釣り人 | Main | 雨上がりの小さなお花
OLYMPUS PEN FV »

ひらパー#7「ちょっと横道へ」AutoHalf SE2

RICOH AutoHalf SE2
RICOH 1:2.8
f=25mm (35mm EQIV.35mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

17120044
なんだかこの横断幕?のキャラクターが可愛かったし、うまく風をはらんでふくらんで立体っぽく見えました。建物ができあがってしまうと撮れない写真ですね。ひらパーの門前町の道のもうほとんど終わりかけ、ちょっと行けば駅って感じのところ。前は古い民家があったように思いますが、記憶が消去されてしまっています。

17120046
この用水路。ちょっとひらパーから離れすぎでしょうか。でも一枚目の建てかけの家のちかくです。元・農業用水路だと思います。僕がこの街に引っ越してきたときはまだ田んぼが周辺にいくつかありましたし、そういう用途で使われていたと思います。この用水路の写真も何度も撮ってます。子どもだったらこの横に渡してあるコンクリートのつっかえ棒の上を歩くでしょうね。そしてあみだくじのように進んでいくでしょう。

17120047
昨日の浮き輪の店の近くなんですが、十字路をちょっと南に入ったところです。こんなにシャッターがあるということは民家ではないですね。ひらパーの客目当てのお店だったんでしょうね。もう右側の屋根の下部分が欠損してますね。その下のシャッターを巻き上げて格納する部分も外れてしまっています。何の店だったんでしょうか。

17120048
これは駅の踏切を渡って淀川の堤防方面へ進んだところ。LX3の写真でこの近くを前に撮ってます。これは堤防側から駅の方向へ向いた写真です。タレントの川崎麻世さんの実家の喫茶店はこの先左側にあります。電柱のすぐ後ろに[コハク]と書いているのがみえるでしょうか。これがその喫茶店の名前。でも店の位置はもっと駅寄りです。

★ひらパーシリーズは、これで一旦終わりです。

|

« 孤高の釣り人 | Main | 雨上がりの小さなお花
OLYMPUS PEN FV »

Comments

blogを見てたら嫁に「ウズラメ?」と聞かれました。「ウズラ『ガン』」ですよねぇ!? 「ウズラマン」という語呂から勝手に僕がそう連想しているだけかなぁ…。そう言われれば僕もわからんかった状態(笑)…すみません、教えてください。

Posted by: hiro | August 06, 2009 at 06:48 PM

枚方公園恐るべし!
素敵スポットですね。
ああ、地元に帰りたい。。。

さびたシャッター最高!

Posted by: あにゃも | August 06, 2009 at 07:11 PM

▼hiroさん
 どっちかな? 好き好きで読んでいただいてかまわないんですが(^ε^;)、自分でもハッキリとは決めてません。
 「うずらめ」と「うずらがん」とだったら7対3ぐらいで「うずらめ」と心の中で読んでいる感じでしょうか。
 というわけで正解はありません(^ε^;)
 ※ちなみに、このコメントはWILLCOM 03で書き込みました。


▼あにゃもさん
 枚方公園も懐かしい町並みは段々なくなっています。昔からの商店はどんどん閉まって行くし。まあそれが時代の流れなんでしょうけど。
 だからもっと写真に撮っておきたいんですが、いざとなると自分の住んでいるところなので「うずら眼」もにぶってしまうのであります(^ε^;)。

Posted by: うずらまん | August 06, 2009 at 07:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/45752209

Listed below are links to weblogs that reference ひらパー#7「ちょっと横道へ」AutoHalf SE2:

« 孤高の釣り人 | Main | 雨上がりの小さなお花
OLYMPUS PEN FV »