« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

ひらパー#3「メカ動物」/AutoHalf SE2

RICOH AutoHalf SE2
RICOH 1:2.8
f=25mm (35mm EQIV.35mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

17120026
動物のロボットがお出迎え。中はライド形式で、動物のロボットが繰り広げるサーカスの曲芸をずっと見ていくようになっています。小さい子どもしかよろこばないだろうな、と思ったけど久しぶりに入ってみると、そのほのぼの感というか、とても昭和な仕掛けがいい感じでした。万博を思い出します。ここは[ひらかたパーク]が改装する前の数少ないアトラクションの残っているもの一つだと思います。

17120028_2
アンパンマンときかんしゃトーマス。あっ、どっちも同じ声だ。会話したらややこしいだろうなぁ。

17120029
デカいアンパンマンもいました。でもちょっとメタボなアンパンマンですね。

17120030
遊園地と言えば、メリーゴーランドは欠かせません。絶対に馬の形のものに乗りたいです。馬車なんかよりも絶対面白い。馬車は上下に動いたりしませんもの。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ひらパー#2「魔界」/AutoHalf SE2

RICOH AutoHalf SE2
RICOH 1:2.8
f=25mm (35mm EQIV.35mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

17120022
ひらパーのキャラクターの女の子の方がパチャンガの客に手を振っているところ。

17120023
「魔界の森伝説」の入口。恐ろしい怪物が入口の上にいます。ぉお、こわ。

17120024_2
出口の方には何かたくらんでいそうな魔法使いのおばあさんが…。

17120025
「魔界の森伝説」や「からくり屋敷」などがある、メインストリート。なぜか南国マイアミ風。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひらパー#1「パチャンガ」/AutoHalf SE2

RICOH AutoHalf SE2
RICOH 1:2.8
f=25mm (35mm EQIV.35mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

さて、今日からしばらくはAutoHalf SE2の写真です。

 このカメラ、随分前にある方からいただいたものですが、セレンが生きていてレンズもカビなしで、シャッターも快調だったのですが、モルトが溶けていたので、そのまま何年か放置していました。今回「ペンスケッチ展5/神戸展」で展示するために、なんとか中を掃除して、モルト代用品の百円ショップの習字の下敷きを自分で貼ったものです。

 ピント固定で、EE、通常はシャッター速度1/125。ストロボモードで1/60だったかな? ゼンマイ巻き上げの全自動カメラです。

17120018
こないだ、PEN EE2で撮った、パチャンガの水くみ上げポンプのとこです。そう、EE2のフィルムがここで終わったので、その後をAutoHalfで撮っていたということですね。レンズがEE2よりやや広角なので違って見えますでしょうか。

17120019
パチャンガの入口脇にある小屋の背面です。係員の小屋でもなく、中にはゲーム機かメダル販売機が入っています。不自然な位置にあるのですが、この小屋は元々パチャンガで濁流滑りをしてきた人をインスタント写真で撮り、シールや写真として売るサービスをしていたラボが入っていたのです。それがあまり売れなかったんでしょうか。いつの間にか廃止になってしばらくは使われていませんでした。

17120020
パチャンガにアベックが入っていきました。暑いから多少は水被ってもいいですね。ゴンドラには6人ぐらいまで乗れますが、アベックで乗ると、傾くので二人いちゃいちゃくっついて乗ったらだめよ〜ん(笑)。乗る位置も気をつけないと水おもいっきり被るよ〜。

17120021
大観覧車です。何度も書くけど、EXPO80 花の万国博覧会会場にあった観覧車です。ひらパーの中でも高台の上に建っているので、頂点では迫力満点ですよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

久しぶり!
京阪60形電車「びわこ号」

Biwako1
一昨年も載せましたが、京阪60形電車「びわこ号」京阪60形電車「びわこ号」です。これは今朝、京阪電車の寝屋川市駅から萱島駅の間の寝屋川車庫付近を通りがかった通勤電車の中からほんの一瞬で撮影したものです。

Biwako2
 前にも書きましたがこの電車、古いのを保存してるってだけじゃないんです。連結部分がおもしろい。日本初の「連節車(Articulated Car/間接車とも)、連結部分に台車を履かせて、そこで両方の車輌の重量を支えているという特徴があります。またプラットホーム型の駅と路面停留所型の駅に対応するため下まで開くドアとそうでないものの二種類が付いています。

Biwako02
 去年は見かけなかったんですが、今年はまた引っ張り出されてました。ということは、10月だったかな?、に開かれるファン感謝祭みたいなイベントで公開されるかもしれませんね。

Panasonic LUMIX DMC-LX2
1/200s ISO100 f=6.3mm(35mm EQIV.28-mm)F4.0
※1、2枚目は部分。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

古い家と洋風の建物/PEN EE2

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2005年8月撮影)

17130017
京阪電車を樟葉駅から京都に向かって乗っていくと、次は八幡市駅。この古い家は八幡市駅ちょっと手前の辺りです。線路は架線が後ろに見えるのでわかると思いますがちょっと後方にあります。この家は街道沿いの家。以前はもっとずらりと並んでいたのですが、ここ十年でずいぶんと取り壊されたり建て替えられたりしてしまいました。残っているものでも増築されていたり、かなり古くなってゆがんできていたりして危ないものもあります。大阪から京都への街道なので昔は賑わっていたのでしょうね。

17130019
街道沿いの家を見ながら走ります。そう、この日は自転車で橋本駅方面を目指していたのでした。走っていたのは堤防沿い。古い家を眺めていると、その後ろの丘の上でしょうか。洋風の建物があります。ちょっと古っぽい建物です。どうも京阪電車の変電設備らしいです。そういえば、僕が前にわざわざ写真を撮りに行った、京阪の古川橋変電所ですが、最近電車から見ていて見つからなくなりました。いつの間にか取り壊されたのでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

さびれた小屋/PEN EE2

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2005年8月撮影)

17130009

なんか全体にゆがんでいるし、適当な小屋。おそらく田舎のバス停だと思うのですが、バス停の裏に不思議な空間というか小屋が増殖しています。これは何をするところなのでしょう? 撮影場所は忘れてしまったのですが、室戸岬へキャンプ旅行した帰りの、徳島辺りで撮ったものだと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ボーリング玉の隠れ家/PEN EE2

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2005年8月撮影)

17130006

海辺の小屋に、40年前のボーリングブームの時に嫌気がさして逃げ出し隠れたボーリング玉が、大量に遺体となって発見されました…ということ?と思ってしまった。実際はなんか漁の網の浮きなんでしょうね(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

三日坊主が10年間続けたこと
『ぎょぎょ〜む日誌』が十周年を迎えました

Gyogyo
基本的に誰も祝ってくれないと思うので、自分で祝ってしまおう(笑)! 僕の純粋文字日記である『ぎょぎょ〜む日誌』が「十周年」を本日ただ今迎えたのであります。

 写真は、というか画面のスクリーンショットですが、当時を振り返って、なるべく当時の画面の雰囲気を出そうと、MacOS9のInternet Explorer5で、1999年7月24日(土)を表示させたものです。
 実際にはこのオープン時は日付のところの帯はBlueに設定していたと思いますが、まあ、こんな感じ。OSAKAのビットマップフォントがなつかしいですね。

 1999年にはまだネットの世界ではblogというものはなく、この「さるさる日記」のサービスが唯一使いやすい日記でした。ソースをちまちま書いたり、Web編集ソフトを使ったりせずとも、ブラウザで更新できるというのがとても楽々で感激でした。写真を貼り付ける機能もない実にシンプルなものですが、HTMLのタグには対応しているので別のところに画像を置けばリンクを貼ることはできるんですね。考えてみれば当時はADSLなんか使ってなくて、モデムを使ってピーガァガァガァーとダイヤルアップですね。

 実はこの『ぎょぎょ〜む日誌』は僕がミニコミ誌を作っているころにそれに掲載した日誌が元です。編集長が書く「業務日誌」+αの内容だから『ぎょぎょ〜む』なんです(笑)。
 僕が最初に始めた香港を中心とした中華趣味のWebサイト『うずまき中華』のスタートが1996年で、この日記のオープンと前後してカメラと写真のWeb『ライカでラララ♪』もオープン。僕のネットでの活動が一番活発だった時期と言えるでしょう。最近はテキトーですから。(←ジブンデイウナ!)
 それで、『うずまき中華』のコンテンツにもネットでの『ぎょぎょ〜む日誌』の原型が見られます。当時『うずまき中華』は「月刊」を謳い、全コンテンツを毎月一回総入れ替えの更新をしていたのです。今では考えられません(笑)。その中にちょっとしたこぼれ話的な記事を書く「うずまき話」というコーナーがあり、そこに後半日記形式のコラムを書き始めました。それが独立してこの、さるさる日記を使った『ぎょぎょ〜む日誌』になるわけです。

 さて1999年7月24日、最初の日記を見てみると、あ、誤植がある(笑)。気にしないでおきましょう。変な改行箇所もあるなぁ。PowerBook2400c/180が故障して修理中と書いてある。じゃあ何で書いたのだろう? ColorClassicII? MobileGear II? ま、そういうのは置いておいて…。
 まず目に付くのは、今と違うのは段落ごとに「▼」マークを書いていることですね。この「▼」は、僕がニフティでのパソコン通信で、いろいろなところに遊びに行っているときに、ある人の書くスタイルが実に読みやすく、最初はその人の真似をしていたことから始まっています。その人は段落の頭に「●」を使っていました。そして読みやすいだけではなく、その「●」を見ると、すぐに、あっ、あの人の書き込みだとわかるんですね。それで最初は真似して僕も「●」を使っていたんですが、そうするとその人が書いているのか僕が書いているのか、文字だけのコミュニケーションのパソコン通信では紛らわしくなってしまったわけです。他に「★」を使っている人もいたし、それで僕は誰も使っていなかった「▼」を使うことにしたわけです。

 あ、この日呉宇森(ジョン・ウー)監督の『フェイス・オフ』を観てますね。この映画は面白かったなぁ。まあマンガ的ではありますが、娯楽作品として、大好きです。子どもは上が7歳になったばかりで下はまだ4歳か。現在とはちがう大変な時期でした。肉体的に大変だったというべきかな。でも十年分若かったわけですね。
 この十年、クリエイティブな活動をしたくてもなかなかできず、最近になってようやく少しずつ自分の考えていることができそうな予感がしてきていますが、十年前は必死にもがいてたけど何もできなかったときでもあります。だからネットでWebを作ったり日記を書いたりが唯一のことだったんですね。

 十年間、一日も休まず…というわけではありません。ある月は掲載日記数が極端に少なかったり、更新が遅れ何カ月も前の日記を書いて追い上げたりしたことも、何度となくあります。オープン当初から、そんなに閲覧数が多い日記ではありませんでした。僕のネットの友人で同じさるさるで日記をやっていた人なんかとは桁違いに少なかったです。でも、その少ないなりの閲覧数が、何日も更新しなくてもずっと数がカウントされているのです。ロボット巡回のソフトでもカウンターは上がるのかもしれませんが、更新すると少し増える。やはり何人かの人が読みに来てくださっているということだと思います。ありがたいことです。

 この日記を十年やって、ある筋から日記の内容を削除せよと圧力がかかったこともあります。また、思いもしない方面からmailをいただいたりしてうれしかったこともあります。
 十年間続いたのは、やっぱり僕自身が日記が好きだからなんですね。基本的には書くのは嫌いで人の日記を読むのが好きだったんですが…。人の日記と言っても「秘密を知りたい!」みたいに他人の日記を盗み読むというのではなく、ちゃんと本になって出ている日記ですね。好きなのは、池波正太郎『銀座日記』、武田百合子『富士日記』。他にも、内田百閒、田辺聖子、伊丹十三、椎名誠、森博嗣…等々の日記を読んでました。

 僕はノートなどに日記を書くのは昔から続いたことはありませんでした。すぐ書くのを忘れちゃうんですね。それで飽きてしまうというかいやになってしまう。最近でこそ、日付が書かれている手帳を使うようになってなんとかメモっているという感じで。高校時代の終わりごろから変なノートは書いていました。まず、日記ではない。毎日書かなくてもいい。書きたいことだけを書く。書きたいように書く。それが事実かどうかは別。もう昔のノートは残っていませんが、けっこう適当に書いていたように思います。主に友だちがした面白い行動や言動を記録していました。それを友だちが回し読みし、面白がっていました。その延長線上なのかもしれないですね。

 十年やり続けたことというのも他には何にもありません。まぁ、いきがかり上、このままこの『ぎょぎょ〜む日誌』だけは続けていきたいと思います。他のWebサイトやblogを閉じることになったとしても、最後までこの日記だけは。そういう僕の最後の砦という位置づけのものかもしれません。…とかいってて、すぐにやめちゃうかもしれないけど(笑)。

 というわけで、これからも、クソの役にも立たない日記ですが、なま暖かくヘンテコな家族の日記を見守ってください。よろしくお願いします。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

海の底より/PEN EE2
徳島県海部郡宍喰町宍喰町海底散歩

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2005年8月撮影)

この写真は、4年前に撮ったものです。そう、今、アップし続けているEE2のシリーズは同じフィルムに収められていた写真なのです。一番最初がこの2005年の海の底からでした。徳島県海部郡宍喰町宍喰町で撮ったものです。
 グラスボートっていうのかな? 船底がガラス張りになっている観光船「海中観光船ブルーマリン」で海の底を観察したのでした。さすがにEE2では撮れませんでしたが、くまのみ(『ファインディング・ニモ』の魚)なんかも見ることができて楽しい水中散歩でした。

17130001
 
17130002
 
17130003
 
17130004

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カラーのぼんぼりと激流/PEN EE2
in ひらパー

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

梅雨の残りっ屁みたいな先日の連休の最終日に、ちょっと[ひらパー]へ。目的があったんですが、それはまた別の機会に。

17130050
ナイター営業のときにはこのぼんぼりさんのようなものには電気が点るんでしょうか。正面入口入ってすぐのラグーンの季節の飾りです。

17130051
暑い毎日に、涼をお届けしましょう。すごい勢いでどんどん水を循環させています。これ、「パチャンガ」という円型のゴンドラの濁流滑りの水のくみ上げ部分です。夏はこれをずっと見てると気持ちいいですよ。冬は見たくない(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひまわりと夕陽/PEN EE2

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

近所の散歩写真です。歩きではなく、ZOOKで用事に走り回っている時に撮ったもの。

17130038
空き地で咲いてるけど、きっと誰にも注目されていないヒマワリ。背も高いし、中途半端にフェンス向いてるし。

17130041
夕陽って何度写真に撮ってもいいものです。自分だけかもしれないけど、夕陽の写真を見てると和みます。撮ってるときも、とてもおだやかで大らかな気分になります。そんなときにはオートのEE2が気楽でいいです。

17130045
夕陽は沈みかけるとけっこう早いです。見ている間に沈みます。空の色の変化が面白いです。今日は川面にさざ波が立っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駅の階段/PEN EE2
京阪・守口市駅、枚方公園駅

OLYMPUS PEN EE2
OLYMPUS D.ZUIKO 1:3.5
f=28mm (35mm EQIV.39.2mm)
Kodak GC400

(2009年7月撮影)

このところPEN EE2はあまり使っていなかったのですが、某氏がEE2のいい感じの写真を最近アップされているので、僕も使いたくなって通勤カメラをこれにしました。当分EE2のシリーズを続けます(笑)。約1週間の予定。
 いずれもオート撮影。お店スキャンのCDのままで画像の調節もしていません。

17130033
京阪電車・守口市駅の階段とエレベーター。中之島新線開通に合わせて、駅名表示やその他の表示板が紺色をベースにストライプの入ったデザインに一斉に変わりました。この写真にもその一部が写っていますね。


17130034
京阪電車・枚方公園駅の階段です。遊園地[ひらかたパーク]がある駅なので、駅全体が何年か前に黄色にペイントされてしまいました。飾り付け全体が遊園地な感じです。この駅を毎日通勤に使う人もいるわけですが、これが毎日見ていると慣れてしまうんですよね〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

神戸散歩の写真をアップしました

Kobe
連休ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕は基本的に自宅で過ごしてます。
 昨日は近所周りの用事でナメクジ型バイクで走り回ったり、夕方は自転車で犬の散歩に出かけたりしていたのですが…。

 今日は、家に引きこもり。ちょっと写真の整理をしていて「ペンスケッチ展」の時の神戸散歩の写真をまとめてflickrにアップしました。「KOBE June 2009」です。全部、LUMIX DMC LX3で撮った写真です。どうぞ、ご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりにLeica digilux zoomで写真

Dscf0044
本当に久しぶりにLeica digilux zoomを散歩に持ち出して写真を撮りました。このデジカメ、もう随分と昔のカメラになってしまいました。150万画素、SmartMediaという仕様が時代を感じさせます。故障を自分で直してから、すこぶる快調。なかなか持ち出せないのですが、追加のバッテリを先日購入し、散歩カメラとして持ち出せる体制が整いました。

 そういえばLeica digilux zoomの写真のアルバムをこのブログに作っていた、と思い出してそこに写真を追加そこに写真を追加しました。たった14枚ですけどね(笑)。日曜日の夕方の散歩の一時の記録です。

Digilux435
【追記】
さて、ついでに、ずいぶん放置プレイになっていたので、「ライカでラララ♪」のカメラガイドに、Leica digilux zoomを掲載しました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »