« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

ミッチーもペンSで子どもたちを撮っていた!

Pens3
僕は見ていないのですが、最近よくテレビのニュースなどで取り上げられているアナログカメラがあるそうです。それもハーフカメラだというのです。

 そのカメラとは、僕が一番好きなハーフカメラ、オリンパス ペンSでした。東京・日本橋高島屋で今開かれている『皇后さまと子どもたち』という写真展。皇后美智子さま自身が子どもたちを撮ったカメラがペンSだということで、紹介されているのですね。うちのヨメもテレビで見たそうです。

 ペンSは完全マニュアルカメラです。距離計も付いていませんのでピントも目測ですが、慣れるとこんなに使いやすいカメラはないと思います。カメラの基本原理がよくわかります。金属カメラでしっかりした作りです。絞りもシャッターもレンズも本格的です。それでいてコンパクト。まあ、金属だから今のデジカメに比べたら、ちょっと重いかもしれませんが。こないだの「ペンスケッチ展4/神戸展」の会場で僕が展示してお客さんに自由に触ってもらったのもこのカメラ。

 無人島に1年間住まなければならないような条件で1台だけだと限られて、カメラを何持っていく?となったら、迷わず僕はこのカメラを選ぶでしょう。「ライカのサブカメラとしても使える」というのがペンの紹介文句でよく出てきますが、わが家の子どもたちの写真もライカよりもペンで撮ったものの方が多いと思います。ある意味でライカよりも信用しているカメラでもあります。そして僕が一番分解してみたことがあるのもこのペンSです。ただし、痛い目にもあってますが(^ε^;)。

 だいたい、ペンという名前を決める時にも「ミッチー」も候補の一つだったというのですから、美智子さまが使うというのはピッタリな話でもあるわけですね。こないだ東京出張したのになぁ。知らなかったので見てないんですが見たかったなぁ。図録を取り寄せようかな…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

取材とサギと煙もくもく

081008111507densya
今日は、出張で愛知県春日井市まで行ってきました。といっても新幹線に乗っている時間は枚方から大阪に出る時間とさほど変わらず。
 某会社の入社案内の制作のための取材。クライアントの担当の女性と現地で待ち合わせで、営業さんも同行しませんのでワタクシ一人。一人で知らないところへ行くのはちと不安でしたがなんとか無事到着。
 写真は、WILLCOM 03で撮った中央本線・多治見行きの普通列車です。

081008kasugai
一人でインタビュアーとカメラマンを両方やってきました。
 イラストでは、なんかいっぺんに写真撮ってインタビューしているみたいですが(笑)、実際には、会議室でインタビューした後に、取材対象者の職場に移動して、そこでその人が仕事をしている様子などを撮影。そしてその会社の建物の前での屋外での撮影でした。
 持って行ったカメラは会社のLUMIX DMC-FZ50ではなく、自分のNikon D40です。使い慣れているのでこっちの方がいいかと。特殊な撮影はなんもないのでレンズは標準ズームのAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G IIです。
 もう充分元を取っただろうと思われるぐらいの活躍ですな、D40。いやはや、ご苦労ごくろう。

081008kyototower
帰りは、切符は指定席を取っていましたが、ちょっと早く上がったので、自由席で何本か早いのぞみに乗りました。カモノハシ700系でした。新大阪までの切符でしたが、途中でだるくなったので、京都で降りて、京阪七条まで歩くといういつものパターンににしました。

081008sagi1
今日はプライベート用にPEN S 3.5を持ってきました。荷物の関係で、そのPEN S 3.5一つでも重かったのですが…。七条大橋で川にサギがいたので、今度はLUMIX DMC-LX1でパチパチと呑気に撮っていますと、
「火事、火事や!」
 という声が聞こえました。

081008kaji1
なんと、京阪七条の交差点、七条通を東に30メートルぐらいのところ、通りに面した2階建てぐらいの建物からもくもくと黒煙が。風に乗り交差点を黒煙が包み込み、一時は交差点の視界が効かなくなり…。

081008kaji2
写真のバスのすぐ左側に火炎が見えるでしょうか。建物から炎がボーボーと出ておりとても怖い状態です。でも路線バスのバス停が現場にあるんですが、写真で言うと向こう向きに走っていくバスはその火事の現場の真ん前を平気で通過していきます。視界が効かないぐらいになっているのに。走っている場合とちゃうやろ、と思いますが。

081008kaji3
消防自動車や救急車、パトカーが到着したので、火は消し止められることでしょう。安堵して地下の駅に降りましたが、駅の中まで煙が入っており、ものが燃えた臭いが充満。帰宅してからネットを検索するも、火事の詳細はわからず仕舞いでした。怪我人が出ていなければいいのですが…。

インタビューに使ったICレコーダを持っていたので現場の音を録ってみました。緊迫した雰囲気が伝わると思います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »