« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

新兵器!? 立体写真を撮ろう!
PENTAX STEREO ADAPTER

080921stereo
ちょっと予告しておいた、僕の新兵器、それがこのPENTAX STEREO ADAPTERです。今年最後の新兵器だと思う(笑)。

 2枚の写真で立体に見せる、ステレオ写真は十代のころに一般の雑誌の小特集で初めて見たときからとりこになりました。その記事を切り抜いて随分長い間大事に持っていました。でも撮り方なんてわからなかった。きっと特殊なカメラで撮っているのだろうと思っていました。

 原理は左右の目の距離分だけ写真をずらすというだけのこと。だからカメラ2台や、1台のカメラでもずらして2枚撮れば撮れるということを知ってからは時々撮っていました。
 でも、困ったことにカメラをずらすという方法では動いている被写体には使えません。カメラ2台使う方法では同時にシャッターを押すのが難しい。
 本格的なステレオカメラは、いわゆるクラシックカメラで、値段もけっこうします。安い簡単なカメラも買ってみたけどどうもイマイチ。
 そうなるとやっぱりちゃんとしたカメラが欲しくなります。そこでこのステレオアダプタです。

 このアダプタの存在は実は20年ほど前から知っていました。でもそのころは一眼レフも持っていないし、それからスタートだと大変なので、あきらめていました。それに昔は数千円だったものが一桁値段が上がったというウワサも耳にして、だんだん気持ちが遠のいていました。
 で、先日海外の知らないメーカーの、一眼レフに取り付けるタイプのステレオアダプタが某オークションに出品されているのを見かけました。しかし、値段がやっぱり高くて…。で、ネットでどんなもんじゃろ?と検索してみると、通販でPENTAX製のものがそこそこの値段で出ているではないですか。思わずポチッとしてしまいました。

 写真ではNikon D40に付けていますが、AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G IIはピントリングがレンズの一番先で回転するので、実際はピントを合わせるとアダプタが回ってしまい、使いにくいです。Nikonの50mmのマニュアルレンズを入手せねば。先日9/23春分の日に撮った写真をお見せしましょう。まだ試し撮りという感じで、なかなか写真だとは言えないものばかりですが…。この日はNikon D40ではなく、OLYMPUS OM-1にOLYMPUS-OM ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8を付けて撮りました。

080923lowson
外環をどんどんと南下していって八尾ぐらいまで行ったところのコンビニに寄りました。そこで撮ったリラックマフェアののぼりです。

080923iwa
淀川河川敷公園の巨石(ちょっとウソ)です。これステレオ写真で見ると、けっこう立体がよくわかって面白いですが、そのまま見ると全然面白くない写真です。このように、立体写真は、立体視してみないと面白さがわからない。撮っているときになかなか何が面白い写真になるかが予想がつかないのです。でもそこがまた面白いのですけどね。

080923kerokero
前日に車検を済ませて帰ってきたわが愛車のケロケロ号、ホンダ トゥディ・アソシエです。13年目ですが快調快調。河川敷公園の駐車場に停めているのでハンドルに銀のカバーをかけたり、ダッシュボードにコンビニ袋が散乱していたりしてるのはご愛敬。

080923onifusube
雨の日が続いたので、河川敷公園の芝生の上に生えた、オニフスベです。良く見ると芝生の傾斜などがわかると思います。しかしオニフスベ、不思議とサークル状に円を描いて生えていました。胞子がそのように飛んできたということでしょうか。

080923fune
これも河川敷公園内にある舟型の花壇です。枚方のシンボルというか、とにかく有名なものは「くらわんか舟」ですから、それにちなんで花壇も舟型にしてあるのでしょう。けど舟の中に泥が入っているようで、なんか沈んでいくタヌキの泥舟を連想してしまいます。

 というわけで、ステレオ写真修行はこれからも続けていく所存です(笑)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ツギラマ/淀屋橋
OLYMPUS Pen

Yodoyabashi
初代Penで撮った写真のツギラマです。

 淀屋橋から眺めた、左側から橋の欄干がちょっと写っています。突き出した部分は再現されて少し経ちましたが、やっぱりこれは好きです。大阪市役所、そして川を挟んで右、川に浮かんだ料理屋まで。この料理屋、写真で言うと奥側(少し左より)はこれ浮かんでますよね。よくわからないけど。台風などで増水したらどうなるのでしょうか。船というわけでもなさそう。その奥は水上バス乗り場。一度も乗ったことないけど。

 だいたい、この辺りを僕が歩いているときは、梅田まで映画を見に行くけど、地下鉄代を浮かすために一駅歩いて行くから時間的に余裕がなくて焦っているとか、早く京阪電車に乗って家に帰りたいと少しイライラ気味というか疲労気味な時が多いので、ゆっくりと眺めるということが少ないのですが、でも年に何度かはわざとこの辺りをブラブラするということをしてみます。特に目的もなく。

 そして、こんな都会の川でも、橋の上から川風に吹かれていると、気持ちが落ち着いてきますね。

OLYMPUS Pen/D.Zuiko 28mm F3.5
PanoramaMaker でツギラマ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オマケに弱い

オマケに弱い
今日残業のとき、小腹が空いたので、会社の近所のコンビニへ。

メイプル味のワッフルと缶コーヒーを買ったのです。その時にワンダを選んだのですが、やっぱりオマケに釣られてしまいました。

まあだいたい、缶コーヒーは、その独特の味というのがどのメーカーにも共通したものがあって、違いはそれ以外のわずかな部分にしかないわけで、早い話が、同じ価格帯で、同じような缶デザインならば、味にそんなに違いはないわけです。

だから、買うときに何が決め手になるのかというと、僕の場合は断然オマケになるわけです。しかもオマケはクルマのおもちゃが一番うれしいです。

今日は何のクルマか知らないけど色が綺麗なんでこれにしました。サファリラリーのクルマかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツギラマ/梅田・モギビル
OLYMPUS Pen

Umeda
久しぶりに、初代Penで撮ったフィルムを現像に出しました。いつごろ撮影したものかなぁ。おそらく去年の冬ごろではないかと思います。前から何度か撮っている梅田のモギビルです。

 特に建築的に注目すべきもの、だということもなく、ただ薄汚れたビルなのですが、なんとなく好きなんです。とても気になっているんです。こんな薄汚れたところでクッキングスクールというのも、ちょっとイメージがうまく繋がらないなぁと思いますが(笑)。

 昔はこの通りはもう少し右に行くと東映会館があり、ロードショーの映画の大看板を見てわくわくしたものです。あの看板を描いていたひとたちは今どうしているんでしょう。

OLYMPUS Pen/D.Zuiko 28mm F3.5
PanoramaMaker でツギラマ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕方の散歩

080920yuyake1
昨日の夕方、クープと淀川の河川敷へ。天気はそこそこ良かったので、昼間はたくさんの人がやって来ていたようでした。僕が公園に到着したのは閉園の時間でしたけど。
 昨日は電動アシスト付き自転車「お肉号」で行ったので駐車場の閉鎖時間を気にする必要がありませんでした。釣りをしている人や、自転車を走らせている人。ジョギングをする人。犬の散歩を挿せている人。夕方の河川敷公園はいろいろな人がいて、観察するのもけっこう興味深いです。

080920yuyake2
このところ仕事も忙しくてどうも心身共に疲労していました。昨日は朝、ちょっとでも身体が楽になるようにと、上の娘が朝から風呂にお湯を張ってくれました。朝はそれでゆっくりと入浴して気分がよくなりましたが、やはり昼を過ぎるとほとんどぐったりと寝ていました。起きているのが辛いのでしょうがないかと。
 夕方やっと起きて河川敷に行ったのです。クープと一緒に走ったり、また歩いたりして少し汗をかき、やっと気力が戻ってきました。台風は去ったようなので次の日はいい天気になるかと思ったら、今日は雨ばかりでダメでしたね。
 昨日、ちょっと秘密兵器が届いたのですが、天気も悪いし、それを試すことは今日はありまできませんでした。これについては、また後日レポートしたいと思います。お楽しみに(^ε^)。

 今日の夕焼けの写真は、僕にしては珍しく人が両方とも入っていますね。夕焼けは少し強調していますが…。

Panasonic LUMIX DMC-F1 f=5.8-17.4mm(35mm EQIV.35-105mm)F2.8-4.9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんと、今になって発見!
『ウルトラQ〜dark fantasy』のロケ地

Ultraqdarkfantasy
このところ、なんだか不思議な物語を欲していて、中国の妖怪やまか不思議な話を集めた『中国怪奇物語』や山岸涼子の怪談シリーズなんかを読んでいたのですが、前にテレビ録りしていた『ウルトラQ〜dark fantasy』も見返していました。このドラマは30分という枠内でかなり実験的な作り方をするという『ウルトラQ』のやり方を見事に引き継ぎ、新たな不思議ドラマを見せてくれたもので、大好きです。だから、たまに見返してみるのです。さてさて今回は…。
 今まで気づかなかった意外なものを発見しました。

 今年の3月久方ぶりに再開した機関車のある公園のことはこのblogに書きました。それが「新型のぞみと古い機関車とミニチュア燈台」ですが、このblogの機関車が、『ウルトラQ〜dark fantasy』に登場しているのです。

 このシリーズでも僕的にはベストスリーに入ると思うエピソードの中に登場していました。第2話「らくがき」です。
 宝生舞演じる主婦がおかしな落書きを見つけ、ついにその落書きを書いた犯人を見つける。それは宇宙人の仕業だった! その宇宙人が落書きするのがこの機関車のある公園、[東品川公園]でした。
 最初に気づいたのはちらっと映ったトイレの形でした。でもトイレなら同じ企画のものがあっても不思議ではないので、しかもトイレの写真は撮ってなかったし、自信がなかったのですが、機関車とそれに設置された屋根の柱、上るための木の階段など特徴ある構造物が確認できました。
 いや〜、ウルトラのロケ地なんて始めて行きました。あ、セブンで出てきた神戸タワーというのもあるけど、それはまあ有名すぎるし。この公園は、偶然の散歩で機関車を見つけて喜んでいたのですが、それ以上にウルトラのロケ地だったことで余計に親しみがわいてきたなぁ。
 ぜひ、写真を見比べてみてください。わかりにくいかもしれませんが…。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

おそかりし!
『Lapita』年内で休刊

新聞によると、『Lapita(ラピタ)』(小学館)が年内で休刊になるということです。『月刊PLAYBOY日本版』、『ロードショー』に続いて休刊ラッシュですね。このブームに乗り遅れるな!ということかな(←ンナワケナイ)。

 『Lapita』はリニューアルしたあのタイミングでやめればかっこよかったのになぁ。編集方針が変わったあの時にすでに雑誌としての生命は尽きていたと思います。僕らの雑誌という感じはまったくなくなってしまったわけで、だからしばらくの惰性が途切れてしまうと部数はじり貧だったでしょう。ピークの2002年に8万5000部あった実売部数が08年9月号では1万3000部に落ち込んだということですから、いくらなんでも広告主がだまっていられなかったのでしょうね。

 最近の雑誌は、販売ではなく広告収入でペイしているとのことですから、雑誌そのものが売れても売れなくてもいいわけですが、売れなくてもいいと言っても広告の意味がなくなってしまうのだったら、広告が取れなくなりますよね。

 サヨナラは言いません。だって僕はもう随分前にサヨナラしてしまったので(笑)。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

新味・ヨーグルト味と魔法缶
おもちゃの缶詰がやってきた!

080906kanzume01
昨日、森永のチョコボールを買いました。百円ショップで2個100円。ここで買うのが一番安いです。定番のキャラメル、ピーナツ以外にもイチゴとかパイナップルだったかな?バナナだったかな?黄色いのもありますけど、昨日はヨーグルト味というのを見つけたので早速買ってみました。

 なんとこれは、ホワイトチョコでラムネをコーティングしてあるんです。森永のラムネタイプの固くて酸っぱさよりも爽快感の方が勝るタイプの。美味しくないことはないのですが、最初そんな味を予想してなかったので、????となりました。でも二口目からはぱくぱくと(^ε^)。

080906kanzume03
銀のエンゼルが4枚溜まって、会社で人から1枚もらったので、森永に送りました。そして、おもちゃの缶詰がやって来ました。人生で2度目のおもちゃの缶詰です。

 最新シリーズの宝箱型の缶です。その中に入っていたものを一部紹介しましょう。これは、魔法のコップでしょうか。おちょこでしょうか。

080906kanzume04
さて、蛇口をひねって水を入れてみましょう。どんなことがおこるのでしょうか。わくわくしますね。

080906kanzume05
あ〜ら不思議。キョロちゃんの姿が底に浮かびます(笑)。
さて、次を見てみましょう。

080906kanzume06
これはプラスチックの箱です。大きさはチョコボールの箱よりも一回り大きいぐらい。もちろん魔法の箱です。

080906kanzume07
引き出し状になったこのケースの中に、チョコボールの箱をこのように入れます。そして閉めます。

080906kanzume09
あ〜ら不思議! チョコボールの箱が消えました。ほかにもまだまだ魔法の道具がありますが、それはまたの機会に(もうええやろ(笑))。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

首はどこへ

080904gaikotu
いつだったか、どこかに載せた整骨院のマスコットの電動おどる骸骨人形。クリスマスにはサンタの服、ほかにもカウボーイ姿やいろいろ見せてくれていたのですが、最近彼の印象が薄くなったなぁと思ったら、首がなかったんです。
 首がなかったら誰かわからん!と思ったら名札が付いていたので彼の名前は「ゆう」ということがわかりました。でもなぁ、誰かがいたずらでボキッと折ってしまったんでしょうか。
 しかしそれを直すのが整骨院ではないかともおもったりなんかしちゃったりするのだけど…。

WILLCOM 03で撮影

| | Comments (4) | TrackBack (0)

烏合の衆!?

080831karasu
シャッターを押す前にはこの倍の数のカラスがここにたかっていました。カメラを出す一瞬に飛んでいってしまい…。しかし、ヒッチコック監督の『鳥』を観たあとには、こんな風景は見たくないですね。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (2) | TrackBack (0)

無人駅にて(+α)

無人駅にて
打ち合わせで、朝から明石を越えてこの電車で、無人駅で降りました。無人駅は初めてです。(この写真は、加古川駅。この駅は無人ではありません)
 現場からこの電車の写真をアップしましたが、後の2枚は家に帰ってからの追加です。
 さて、電車に絵が描かれていますが、いったい何の絵?

080901yashiro
その無人駅とは、加古川線の社町駅です。ワンマンカーというのも初めて乗りました。ようするにバスと同じようなシステムですね。
 帰りに発駅券まで出たので、思わず取りましたが、切符をちゃんと買っている人は不要のようでした。う〜む、乗り慣れないから勝手がわからない。

080901dome
EXPO70から飛び出してきたような、ドームが駅にありました。なんとこれは待合室なんです。しかも中に入って驚きました。このドーム、支柱が木材なんです。正三角形の組み合わせで作られた美しいドームでした。エアコンが効いていて快適。しかし電車は1時間に1本。帰りは出てすぐに駅にたどりついたので、大方1時間待ちました。
 枚方から約2時間でこんな田舎チックな町に来てしまうんですね。近いのか遠いのか。明石の向こうだしなぁ。朝から行って、打ち合わせして、職場に戻ったらお昼2時過ぎ。昼ご飯の時間もありませんでした。

(写真は全てWILLCOM 03で撮影)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

iBookばらし
HDD換装する

Ibook1
iBook (900MHz 32VRAM)ComboDriveを分解バラバラしました。iBookは他にiBook(Dual USB)/500を持っています。これもバラしたことはありますが、基本的には構造は変わっていません。

Ibook2
ゴム足、iBook(Dual USB)/500のときは、これがよく外れるということで評判が悪かったのですが、iBook (900MHz)のころ(このタイプ、G3 iBookの最終型)になると、けっこうしっかりはまっています。それを外してその中のネジも外します。

Ibook3
外したネジはこうやって、全部ボディの略図を書いたメモの、外した位置に貼り付けていきます。こうすると、絶対にまちがったりなくしたりすることがありません。そして時々デジカメで途中を撮っておくと完璧です。

Ibook4
今回はHDDの積み替えなので途中までしかバラしませんでした。ちょっと横着してるし(笑)。
 HDDはPowerBookG4 15.2inch Titanium "ANTIMONY"に積んでいた80GBを使います。40GBだったので倍になります。これでまたちょっと使いやすくなるでしょう。このiBookは最後のG3 iBookだし、スロットローディングではなくてトレー式のコンボドライブなので、名刺型などの変形CD-ROMも再生できて便利なんで、大事に使いたいと思います(^ε^)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »