« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

テンテキテキテキ…

080622tenteki
毎日病院に通っていますが、仕事は昨日から復帰。復帰初日から残業に(^ε^;)。今日も点滴をしてから、ちょっと遅れて出勤しました。

 みなさんは点滴や注射はどうですか? 僕はけっこう平気です。針が刺さるときもじっと見ている方です。というか見ていて刺さるタイミングがわかる方が痛さがましだと思うんです。知らないタイミングでプチュッと刺される方が絶対痛いと思う。採血のときも、試験管のようなところに自分の血液がチュ〜ッと溜まってくるのを見ているのは非常に興味深いです。

 怪我とかも自分の怪我は血がだらだらと流れていても案外平気なんですが、人様のはダメですね。ちょっと辛いです。どんなにリアルでも、映画やドラマだと血みどろでもスプラッタでも平気。ドキュメンタリーでも映像で見るならかなりエグいのでも大丈夫ですが、現実の世界では子どもが公園でこけてすりむいて血を出しててもダメです。
 交通事故とかの現場だと見てられないでしょうね。実際に酷いのも見たことありますが。

 先日、会社の帰り道、駅前で男の人が倒れて頭から血を流しているのを見ました。数人のお巡りさんがシートを持ってきて手際よく囲っていました。救急車が到着するまで通行人に見せないようにしていたのでしょう。ちらっと見ただけですが、やっぱりこれはかなり気分的にはこたえました。おそらくデパートのどこかから飛び降りたのでしょう。お巡りさんの的確な処置には頭が下がります。仕事とはいえ大変ですよね。

 …というようなことを、なんだかただぼんやりと考えた本日でありました。

Air-EDGE Phone AH-WX300Kで撮影
Fireworksでモノクロ化

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『ペンスケッチ展4』神戸展
終わりました!!

080620penske4
『ペンスケッチ展4』神戸展(異人館:ラインの館)が、6月20日(金)終わりました。
 写真はその祈念にラインの館の売店で買ったおみやげ。シティループバスのチョロQと神戸トランプです。トランプは「55景色入」とのこと。「入」というのがなんか「小麦胚芽入」みたいで笑けますが。観光地土産のトランプや絵はがきは時間が経つと貴重な時代を語る資料になるので見つけると買うことにしています。

080613hana2
今回の写真展は梅雨の真っ最中にもかかわらず、10日間の会期中、雨に祟られたのは最終日のみでした。奇跡的です。ラインの館の庭にはたくさんの花が咲いていて、とても綺麗でした。
 先週の金曜日に写真展が終了しているのに、今ごろなんで記事を書いているのか。実は僕は最終日の撤収と打ち上げには参加できませんでした。とても残念。持病が悪化し、体調を崩してしまったからです。ようやく今、回復してきました。

080613caramel
神戸が学生時代から縄張りだったという友人と会場近くの北野坂のあるカフェでお茶しました。このキャラメルなんとかというのはおいしかったなぁ。しかし、この異人館街も栄枯盛衰があるらしく、友人が学生時代に通ったというカフェはつぶれていました。もっと坂を上ったところの異人館街のまっただ中でも、ちょっと裏に入るとつぶれた土産物屋やカフェがいっぱいあります。震災も関係しているのかもしれません。

080613house_of_line
今回の写真展。ひとつだけトラブルがありました。ある作品の中にソフトなヌードが入っていたのですが、これに観客のある婦人から「小中学生も社会見学に来るここで、こういうのはいかんのではないか!」というクレームです。実際、ぼんやり見ているとヌードとは気づかないようなもので、僕が当番のときに、中学生の団体が来ましたが全く気づきもしなかったものでした。ヌード嫌いな僕が全く気にならなかった、写真としてとても良い物でした。なのに、結局、館から「外して欲しい」との要望がきました。芸術をゆがめる行為で、実に腹立たしいです。今回はこの件に関して大暴れする気はありませんがとても残念です。

080615mekong
前半後半の作品入れ替えの作業をした6/15(日)はとても充実した一日でした。朝作品入れ替えの作業をし、ヒヨコ(ヨメ)とあたりを散歩。オランダ館の恐ろしくもどっかで見てるんちゃうかと思うぐらい、前を通る脚に対するピンポイントの呼び込みスピーカー声におののきつつ、とにかく客引きの引力の強いところははなっからムシして散歩を楽しみました。

 お昼はkimiさんとベトナム料理を食べに近くの[メコン]というお店に行きました。なんとここは本当にベトナム人のウエイトレスさんがいました。料理もおいしかった。値段も観光地にしてはまあまあ良心的だと思います。お店の雰囲気がいいので行って損はないでしょう。

080613hana1
そして午後は埼玉から人生の先輩Iさんはがわざわざ尋ねてきてくださいました。Iさんはアメリカ旅行から帰ったばかりで、すぐに飛んできてくださったのです。アメリカのお土産と、アメリカのお土産話とそして銀塩カメラを2台もくださいました。このカメラについてはまた別途紹介しますね(^ε^)。

 そして、YANBOさんも2度目のペンスケ展訪問。作品入れ替えというので後半も見に来てくれました。YANBOさんと一緒にあたりを散歩。レアなものも一杯見つけましたよ〜。散歩の途中で電話に呼び出しが。会場に戻ってみると、i-nakata.さんでした。YANBOさんも一緒にいろいろお話をしました。いや〜楽しかったなぁ。

 というわけで、10日間の会期を無事に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。本当に心よりお礼申し上げます。また来年もこの写真展は開催されると思います。僕も参加したいと思っています。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9
IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ペンスケッチ展4@ラインの館
3日目

080613pen01
今日はペンスケ展4@ラインの館、3日目です。記帳机に僕の黄色いPen Sを置いてみました。自由に触ってもらおうという企画です。Pen Sはけっこうみんな触って遊んでくれます。持った瞬間に「重た〜!」という声が多いです。フィルムも入ってます。どんな試し撮りシーンが集められるでしょうか(^ε^)。

080613pen02
休憩室側にも案内のボードを立てました。展示室を素通りして休憩室に入る人もいるので、ここから呼び込もうという作戦です。矢印も増設(^ε^)。
 奥の三脚に乗った作品は、PEN FTで撮られた、れんずまにあさんの3Dマクロ写真です。これはぜひ会場で実際に見て欲しいな〜。左のイーゼルの作品はM山さんの作品で、モノクロのドラマティックな写真が入っています。

080613pen03
この写真の左側が入口です。そのすぐ横に暖炉があります。この大きな写真はMazKenさんの作品。Penのロゴマークのボードを一回り大きいものに替えました。
 今日は中学生の団体さんもきたりしてにぎやか。いい天気でしたし、庭にたくさんアゲハチョウが飛び交っていい感じでした。
IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ペンスケッチ展4 in 神戸、始まる!
@異人館[ラインの館]

Pensckelogo
今日からいよいよ「ペンスケッチ展4 神戸・異人館[ラインの館]」がスタートしました。
 天気がイマイチばっとしない日で、湿気だけはたっぷりの一日でしたが、なんとか閉館時間まで雨という雨は降らずにすみました。十日間、なるべくお天気だったらいいなぁ。
 このロゴは、急遽、神戸展に間に合うようにワタクシが作ったものです。メンバーにはかってないので単独犯行ですが(^ε^;)。オリンパス・ペンのデザイン文字をなんとか忠実に再現してみました。レンズキャップをイメージし、エンボス風に仕上げました。カタカナは、'60〜'70年代チックなフォントを使用しました。

Penscke_kobe_s
写真は会場であるラインの館の1F展示室のツギラマです。ぐるっと1周分あります。左端は入口。右に回っていく最初にMazKenさんの大きなタペストリー状態の「複製空間」シリーズの2枚があります。
 ラインの館は観光地なので、小学生の団体さんがやってきたりもします。まだ準備中だったので、子どもたちに写真を見てもらうことはできませんでしたが…。子どもの反応は興味あります。ま、子ども向けのは僕の写真ぐらいですけどね。
 写真の展示室の他におみやげ物コーナーや2Fにはラインの館の資料展示、阪神淡路大震災関連の展示などがあります。
 館の庭には花も咲いています。彫刻作品の犬もいます。ぜひお越しください(^ε^)。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9
PanoramaMakerでツギラマ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

東京へ夜走り、夜走って帰る

東京旅の報告をどこかで書こうと思ってたのですが、なんだかダラダラとしているのか、はたまた忙しいことを言い訳にするのか、とにかく、なかなか書けないでいました。
 どこを歩いてどこに行って何を見てきたのかというのは、日記の方でおいおい書きます。日記では時系列な流れで書いていくので、細かいことに引っかかっている余裕がないかも知れないので(「ので」のダブり)、とりあえずそういうのは「うずら眼」で書くことにしましょう。
 今回は第1弾ということで、旅の印象を書いてみます。『ペンスケッチ展4』[目黒寄生虫館]『森山大道展』については、また別に書きたいと思います。

 ※今回は写真はあとで時間があったら追加します。とりあえず文章だけでも先に、冷めないうちに(笑)。

枚方発、新宿西口行きの深夜高速バスで東京に向かいました。帰りも同じ。こういうチープな旅は十年ぶりぐらいでしょうか。最近は東京というと仕事で年に数回新幹線で行くというようになっていましたから、日帰りの出張で、旅という感覚は希薄でしたが、今回は夜行バスなので、やはり旅ですね。行きと帰りバス中泊というのは体力的には、少々きついですね。四十過ぎてやる旅ではないと思います(笑)。
 ただ、ヨメと二人で行くということもあったので、キャンペーンでバスが安くなっていたことも合わせて、一人分の新幹線代で二人旅ができたというのはよかったです。

写真は結構いっぱい撮りました。持って行ったのはとにかく荷物を小さくしたかったので、PEN WとCanon IXY D50です。ライカや一眼レフやSDムービー、シグマリオンなどは持たずに、新世界で買った小型のデイパック一つのみで出かけました。
 写真は主にPEN Wで撮りました。3本半ぐらい撮ったかな。90枚ぐらいですね。3本文は現像済みです。Oさんに修理していただいて、本当に調子が良く、今回は失敗は自分の指が写り込んだ1枚ぐらいでした。最後の1本はまだ見てないけど。
 上野から浅草、目黒から恵比寿、渋谷に新宿と結構歩いたので、日ごろの散歩不足は一気に解消しました。

東京を歩いて思うのは、ちょっとしたところに緑があるなぁということですね。これは大阪とは違います。かなり前から植わっている緑もあるでしょうし、最近整備されて植えられた緑もあるでしょう。しかし、なんとなくしっくりと、街に馴染んだ感じで緑が待ちの端々にあるんです。
 これってやっぱり心が安らぎますね。
 あと、東京には坂が多い。大阪は天王寺辺りにちょっと坂っぽい待ちはあるものの、ほとんどベタ〜ッとした街です。でも東京はけっこうアップダウンがあって、それも小さい坂があちこちにあるという感じですね。変化があって面白かったです。
 それと、街を歩くと猫によく出会いました。上野から浅草でも、目黒から恵比寿でも。特に人家や店の近くで出会うと、人によく慣れていて愛想がいい。慣れていない猫でも、ビクビクはしていないのである程度までは近づけました。

大阪と東京とどっちが美人が多いか、などという話は、遊びでわが家でもたまにするのですが、これはわが家的にはもう定説ができています。でもそれはあえてトラブルを避けるためにここでは書かないでおきます(笑)。しかし、別の角度からの観察で別の観察結果が得られました。
 それは、大阪と東京とを比べると、圧倒的に女性が「東京は、綺麗に見える努力をしている人が多い」と。以前はそんなこと感じたことはありませんでした。今回は日曜日で、新宿や渋谷といった若い人たちが集まる場所に行ったからということもあるかもしれません。ベース如何に関わらず(笑)、綺麗に見えるように努力をしている人、そしてその技術力が繊細で高いレベルだということを今回思いました。お金を掛けるというのも重要でしょう。でもほとんどの女性はお化粧を自分で行い、洋服も自分で選んでいるのですから、その人自身の技術力が高いということなのでしょう。ただ、色の自由さは大阪の方があるかな、とは思いました。東京はまだちょっと固い印象です。

夜の新宿のビル街を随分前にも歩きましたが、今回も少し。人通りも少なく、ここでシャリバンが飛んできたんだなぁとか思いながら歩いたのですが、巨大なビル、そよぐ風にで感じたのは「はよ家帰ろ」ということ。でもバスの出発まではもうしばらく時間がありました。地下にもぐって巨大なスバルの目を見つめていた夜でした。

さて、というわけで、第1弾の旅の印象編の作文はおしまいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »