« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

【ウズラマテレビ】ついに発見!
 ケリのひなの映像公開!


昨日の昭和の日、また近所の空き地へ。
 幸運にもケリのひなを撮影することができました。映像を見てもらうとわかると思いますが、ほとんど保護色でうごかなければ全くわかりません。
 親鳥夫婦が厳重な警戒態勢をしいている中、ひなはのんきにちょこまかと歩き回っていました。
 羽が短いっ! 先日合ったご婦人の証言では親鳥の近くから飛び立っていくのを見たとの情報でしたが、この羽ではやっぱり無理でしょう。
 途中で虫を見つけて突っついて食べています。いっぱしのケリじゃ〜ん。おしりが可愛いひなくんです。がんばって大人になれよ〜!

Panasonic SDR-SW20で撮影
QuickTimeでDV形式に変換
iMovieで編集
(ファイルをダウンロードする人はいないでしょうから、今回からYouTubeへのリンクのみにします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

【ウズラマテレビ】
ケリの観察映像!!

「Keri_has_descended.mov」をダウンロード

というわけで、Panasonic SDR-SW20を使って、ケリを撮ってきました。いやはや、今日のケリは立ってるだけと座っているだけで、全く面白くない映像なんですが…。
 最初の方で人の声が少し入っていますが、僕が撮っていると、ダックスフンドを連れたご婦人が話しかけてこられました。自分もあの鳥がとても気になっていて、近頃よく見ていたと。ケリという名前だと教えてあげました。
 なんでもそのご婦人は長野から短期でこちらに来ているそうでもうすぐ長野に帰るそうです。帰ったら家の近所に大きな図書館があるので、ケリのことを調べますとおっしゃってました。ちなみに落としは八〇近いとのことでしたが、六〇前後にしか見えないおばさんでした。
 簡単に編集しようと、久しぶりにiMovieを使いましたが、久しぶり過ぎて、かえって時間掛かった(^ε^;)。

Panasonic SDR-SW20で撮影
QuickTime形式に変換後
iMovieで編集

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【秘密兵器】超小型防水SDムービー
Panasonic SDR-SW20

Sw20_0
ふとしたことから、秘密兵器を入手してしまいました。Panasonic SDR-SW20です。
 スペックや機能の詳細は、→こちら。
 SDカードで録画するタイプのムービーカメラ。このカメラの特長は、水深1.5メートル・30分までの防水機能があることです。そして販売は、Panasonicの直販Webショップ・パナセンスのモニター販売でのみしか扱っていません。モニター募集に、ついフラフラと近寄って、ポチッとしてしまいました。

Sw20_1
操作ボタン類もよく整理されていて、あまり複雑な感じはしません。簡単に撮れるし、しかも実は色々な機能を持っているという、機械として一番よい方向のデザインだと思います。

Sw20_2
デザイン的にはスマートですが、どことなく70年代の家電デザインのテイストを持っているモダンな感じがします。これが気に入った点です。防水は僕にはあまり意味はないのですが、雨降りでも気を遣わなくていいというのはありがたいですね。

Sw20_3

画質はフルハイビジョンとはいかないまでも、DVD画質をうたっていますから、そこそこ期待できます。そして非常に小型なので、気軽にいつも持ち歩けるという点が何よりもうれしいのです。電気髭剃り機ぐらいの大きさです。さてさて、これでどんなムービーを撮ろうかな(^ε^)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

淀川のカメ

080329kame1
ある日の淀川散歩。…ってこれは3月の時ですが、支流から淀川に流れ込むところで、なにやら丸いものがぽこぽこと目に付きました。カメではないですか。

080329kame2
かなり遠かったので最大望遠にトリミングしていますが、これクサガメではないですよね。ミドリガメ? ペットとしてブームになった後、寄生虫がいるとかで販売禁止になったんじゃなかったかなぁ。
 それが川で生き延びているのかぁ。う〜む。まあ、とにかくとてものんびりと甲羅干しという感じで気持ちよさそうな風景でした。

LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm/aspect16:9)
部分拡大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のケリ
ケリは子どもを守って

今日(正確には昨日になってしまいましたが)は、ちゃんとケリのひよこを確認するために、Panasonic LUMIX DMC-FZ10とICレコーダーを持って行ってきました。この声は、普通の警戒音から徐々にヒートアップしていく様子が録れています。ちょっと強風で風の音が大きく入ってしまっていますが…。(約26秒)
080419keri01
今日はつがいではなく、親鳥は1羽だけでした。側にヒナがいるのか、とても緊張した面持ちで辺りを警戒していました。

080419keri02
大きな口を開けて、鋭い声で威嚇していました。僕がカメラを向けたりしているので、とても神経を尖らせているようです。でも僕はフェンスの内側には入れないので、飛んできて攻撃をしてくるようなことはありません。本当に危険を感じたら、けっこう勇敢に戦いますからね、ケリは。空中戦を見たことがあります。

080419keri03
いました、いました。ひよこです。かわいいなぁ。大きさがわかるでしょうか。ちょうどスズメぐらいです。でもスズメよりも軽そうで、足が少し長いですね。

080419keri04
親鳥に比べてひよこが地味な色をしているのは、天敵に見つからないように保護色になっているのだということがよくわかりますね。動かなければ、本当に見つけにくいです。

Panasonic LUMIX DMC-FZ10 f=6.0-72.0mm(35mm EQIV.35-420mm)F2.8
OLYMPUS Voice-Trek V-51
QuickTime+iTunesでMP3に変換

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【速報】レンズはまぬけ!?
 カメラ監視!

080329camerakansi
一瞬焦りました。カメラようけ持って散歩に来てるし。カメラ持ってる人は捕まるんかと思った。でも「カメラ監視中」ってなんかおかしいですよね。「監視カメラ作動中」とか「カメラで監視中」ならわかるけど。
(淀川河川敷/楠葉地区で発見)

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ピビンバとテントウムシと…

080412pibimba
先週の土曜日、用事があって枚方市駅前へ自転車でヨメ(うずらヒヨコ)と出かけました。最近膝が弱くなっているワタクシは電動アシスト式自転車、Panasonic ヴィヴィ。
 枚方市駅高架下の韓国料理の[遊らい亭]に久しぶりに石焼きピビンバを食べに行きました。このお店は、変になれなれしいとか常連だけの閉じた雰囲気とかがないのだけれど、いつも店員さんが明るくてよく気が付いて、元気があって、とても気持ちの良い対応で、それだけでも来て良かったと思う店です。そして料理も美味しいし。

080412ice
居心地のいい店なので、デザートも食べました。僕はバニラアイス。これが一番すきなのです。

080412coconut
駅前でいろいろと用事をこなした後、ちょっとくたびれたのでそのまま自転車で淀川の河原へ。
 コンビニでアジア風ドリンクを買って行きました。香港でよく飲んだココナツミルク。これは黒いタピオカが入っています。ちょっとココナツミルクが薄めでした。

080412mochicake
ココナツミルクと一緒に買ったケーキは、見た目とは違い、意外ともちっとした食感のケーキです。これはけっこう美味しかったです。

080412tentou
川原はこの日はけっこうたくさんの人が散歩やサイクリングやランニングに訪れていました。
 虫たちも活発に活動を始めていました。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のケリ
ちょっと違う鳴き声

昨日はスゴイ雨でしたので、ヒナの様子がすごく気になりますが、ぶじでしょうか。
 さて、今朝、わが家のベランダからケリの鳴き声を録ってみました。
 一応これも警戒音だと思うのですが、いつもよく聞こえる、カラッとした「ジリッ、ジリッ」という声ではなく、少し心細げな感じがします。パトロール隊のお父さんではなく、地面に座っているお母さんの方の声ではないかと思います。
(約23秒)
 OLYMPUS Voice-Trek V-51の会議モードで録音
 QuickTimeとiTunesでMP3に変換

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルカイダのテロか!?
閑静な住宅街で建造物の破壊活動が!

080416ryou_03
現場です。閑静な住宅街の一角で、一体何が起こったのでしょうか。建物の1階部分が大きく崩れています。近所の住民の話では、白昼、ガーンという大きな音が何度も聞こえたということです。中には住人はおらず、けが人はない模様です。テロではないかとの関係筋の情報もあります。以上現場からでした。
 ここは以前、「Rangefinder Forum」の僕のページで、「a single dormitory」というタイトルで紹介した、某水道局の独身寮です。

080416ryou
現在の状況はこうです。実は建物の取り壊し工事が始まったという、良くある光景だったのです(^ε^;)。すみません、お騒がせしました。
 しかし、この状態で1カ月ぐらい放置されています。ユンボがあったはずなのですが、今はそれもなくなってしまいました。取り壊し、中止? でももうこうなったら、壊すしかないですよね。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
1枚目はツギラマ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【速報】レンズはまぬけ!?
 手抜き

080412tenuki01
こんなに堂々と手抜きで製造されていると言い切ってしまっていいのでしょうか! 開き直りにもほどがあるぞ。
(淀川河川敷/枚方市淀川資料館裏付近で発見)


080412tenuki02
…とまあ、毛馬閘門の名誉のために、一応銘板の全文も載せておきましょう。

080412tenuki03
このように毛馬洗堰、毛馬閘門に使われていた煉瓦がモニュメントとして残されているのです。

080412tenuki04
最初見たとき、だれがこんなところにキャンプ用のかまどを作ったんや?と思いましたけど(^ε^;)。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のケリ
コケリ登場!?

080416keri01
今朝、出がけに撮った写真です。ここ数日、ケリは激しく警戒音を発していることを確認していたのですが、つがいで見ることも続いていたので、彼らの夫婦生活も順調に進んでいるのだろうと暖かく見守っていました。
 ケリと一緒に、この空き地にはハトやスズメもやってきます。ケリの足下で、何やら用事ありげにせわしなく地面を突っついていたりするわけです。

080416keri02
さて、そのケリの足下を動くものがあったんです。赤い丸の中に注目してください。いつものようにスズメかと思ったんですが、スズメにしては足が少し長い。よくみるとどうも雛のようです。

080416keri_hyoko
拡大してみました。デジタルズームも限界まで使っていて、その部分拡大なので、ボケボケですが、フェンスがあってこれ以上近づけないので。
 とにかく雛が孵ったことを確認できたのはなかなかうれしいです。あとはカラスに雛が食われないかそれが心配ですが…。なんとか無事に巣立っていってくれたらいいなぁ。

★実は、1枚目の写真にもコケリが写っています。どこかわかるかな〜?

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

よるのよどやばし

080404yodoyabashi
先週の金曜日、水上バスが停泊しているのを見つけたので撮ってみました。バルブ8秒ぐらいかな。まだ宵の口でしたから夜のクルーズでもあるのでしょうね。僕はまだこの水上バスに乗ったことがありません。
Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm/aspect16:9)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【デジタルレンズはまぬけ!?】
自転車置場

080329jitensya1
河原に突然「自転車置場」という発泡スチロールの看板が立っていました。ここ、淀川の河原です。この看板に「4月男山桜祭日程」というチラシが貼り付けてあります。しかし、ここは男山からもかなり距離があります。まさか、ここに自転車を置いて何キロも歩いて男山に行って山に登って桜を見ろというのでしょうか?

080329jitensya2
現場の引きの写真です。自転車置場というには、まるで襟裳の春のように何もないところです。わざわざ自転車置場として紐で囲うこともないような場所。どこでも好きなところに停めたらええやん的にフリーダムなところ。回りは草と川しかないんですよ。なんでわざわざこんな貧乏くさい看板と紐の囲いがわざわざ設えてあるのか全く謎。桜祭日程が貼ってあるのもますます謎。
(淀川河川敷で発見)
Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm/aspect16:9)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

USJの誰も見たことがない新しいショー
「ファンタスティック・ワールド」

080401fw00
4/1と4/4続けてユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました。目的は新しく始まった、ミュージカルショーです。
 テレビのCMではすごい映像が流れていましたが、これがライブで果たしてどう見せてくれるのか、期待半分不安半分で出かけました。
 ピーターパン以来の新しいショーなのでとても楽しみ。

080401fw01
伝説の森に生まれたホワイトタイガーのホヌアとラニの兄妹は「いのちのゆりかご」の意味を探す冒険の旅に出る…というのが、このミュージカル・ファンタジー「ファンタスティック・ワールド」のストーリー。写真は主人公のひとり、ホヌアです。

080401fw02
こちらは妹のラニ。テレビのCMのときのような子役ではなく、実際に演じているのは大人でした。ホヌアとラニ、両方外国人だったので、たぶんソルシエと同じチームではないかと思います。今回も空中演技がありますしね。

080401fw06
幅47メートル、高さ13メートルにも及ぶ巨大な可動式ステージは、大きく分けて三つ。真ん中に塔のようなステージ。そして左右に外側を1台27万個ものLEDで覆ってカラフルな映像を映し出す、花びらのような「ペタル」という仕掛けがあるステージ。ストーリーに合わせてこのペタルが開閉します。これは圧巻です。

080401fw03
全部ペタルが開いた状態。ペタルの先に台があって、ここでも演技が行われます。

080401fw04
大地や空や海や、様々な生き物がホヌアとラニに「いのちのゆりかご」の意味を伝えようとします。衣装がとても綺麗ですね。

080401fw05
ペタルの内側だけを閉じた状態。この写真でペタルに階段と滑り台が付いているのがわかるでしょうか。

 というわけで、もうショーの4分の5がクライマックスみたいな、盛り上がり全開のミュージカル・ファンタジーです。見て損なし。
 ショーが行われるのはちょうどETアドベンチャーの前の路上です。ET側の道の際、と道を挟んで反対側のレストランの屋外テーブルの辺りが有料の観覧エリアになっていますが、おすすめのポイントはET側のグッズショップ横。ETの正面に花壇がありますがここのショップと花壇の間は無料のエリアです。有料エリアのすぐ横だし、花壇より少し後ろ側だと斜めに見ると前に人がいないので座ってみていても見やすいです。

 僕はビデオカメラを回していたので、今回の写真は1枚目の入り口ゲートの写真以外は、ヨメ(うずらヒヨコ)がPanasonic LUMIX FZ10で撮影しました。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9
Panasonic LUMIX DMC-FZ10 f=6.0-72.0mm(35mm EQIV.35-420mm)F2.8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »