« 広川太一郎さんが
逝っちゃったりなんかしちゃったりして…
| Main | ずっと探していた本と
探して見つかった古本屋 »

新型のぞみと古い機関車と
ミニチュア燈台

Nozomin700
こないだの日曜、3/16は日曜なのに仕事でしかも東京出張でした。
 うれしかったことと言えば、新幹線が新型のN700系のぞみだったことぐらいでしょうか。やはり新型はかっこいいですね。今までとの違いは、窓際足下にコンセントがあったことでしょう。これはパソコンとか使うなら便利ですね。この日はパソコンは持って行ってませんでしたけどね。僕は新幹線に乗るときは必ず窓際の席を取ります。乗る前にトイレに行っておけば、東京までトイレに立つこともないし、通路側を人が通るのは気が休まりませんからね。

7gokikansha1
出張先は品川、青物横丁。このあたりは何度か来ています。五年ほど前だったかなぁ、けっこうあちこち歩いた。僕の場合はなんの目的地もなく、ただただカメラを持って散歩するだけなので、名所旧跡や観光スポットとはほど遠いものなのだけど、それでもローカルな面白いところを地味に発見することもあるのです。そんでもって、随分前にこの辺りをあてもなく歩いていて、突如変な組み合わせのものがある公園を発見したのです。何があったのか。公園の中に信号機、漁船、弓道場、蒸気機関車、燈台。このなんの関連性もないオブジェたちはいったいどういう理由でここに集められているのか! で、それを思い出して、その公園を探してみようと思ったんですね。歩いてみましたが場所なんかすっかり忘れてしまっていました。でもなんとか見つけることができました。
 あとで調べてわかりましたが、この公園は[東品川公園]というところで、そんなに広くはありません。普通にその辺にある公園というレベルです。遊具とかもある、子どもが遊ぶための公園。
 オブジェたちがなんでここに集められているのかは、わかりませんけれどもね。

7gokikansha2
この機関車なんですが、そこにあった説明板によると、
【7号蒸気機関車】
 この蒸気機関車は、明治30年に米国ピッツバーグから阪鶴鉄道が購入したもので、同鉄道が明治40年8月の国有化に伴い、日本国有鉄道2850型第2851号となりました。昭和20年6月には西武鉄道が国鉄から払い下げをうけ同社第7号となり、旧西武鉄道川越線で活躍しました。その後上武鉄道でも使用され昭和44年3月西武鉄道から品川区に寄贈されこの公園に設置しました。
<7号蒸気機関車の大きさ>
 重さ 27.35t 長さ 8967mm
 幅  2337mm 高さ 3531mm

 だそうです。なんだ、関西出身だったのか。こんな遠くにまで連れてこられてなぁ。でもまあ、子どもの遊び相手として今でもこうやって使ってもらっているだけ幸せだよなぁ。

Todai
こっちは機関車の近くにある燈台です。燈台の周りは囲ってあって池というかプールみたいになっています。一本通路があって燈台まで行けるようになっています。この写真は通路のちょうど反対側から撮りました。説明板によると、
【品川燈台】
 ここにある燈台は原型を6分の5に縮尺して昭和44年3月にこの公園に模造したものです。原型は品川燈台といわれ品川台場第2砲台にあったものです。現存する燈台の中では我が国最古の物といわれ、明治3年3月5日に点灯された洋式の燈台で、昭和32年まで活躍しました。現在は重要文化財として愛知県犬山市明治村に保存されています。またフランス人技師ヴェルニーの作である、そのなごりが風見に東(E)、西(O)、南(S)、北(N)と現れています。

 フランス語だから西がWじゃなくてOなんですね。なるほどなぁ。しかし、これは縮小模型だったのか。模型といっても高さは地面からだと5、6メートルありますけどね。本物は明治村にあると。行ったけどあのとき見たかなぁ。明治村、また行きたいなぁ

 さて、漁船はフェンスの扉がかなり前から閉じられて公開を中止しているようでした。おそらく、中に入ってヤンキーどもがたばこ吸ったりする格好の隠れ家になっていたからでしょう。そして信号機は前に来たときはちゃんと点いていたと思いますが割られて壊れていました。そんな感じですが、家族連れは来て和んでいるし、公園としては繁盛していました。

 しかし、この記事は中途半端でなんのレポートにもなっていないな…(^ε^;)。

IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

|

« 広川太一郎さんが
逝っちゃったりなんかしちゃったりして…
| Main | ずっと探していた本と
探して見つかった古本屋 »

Comments

うずらまんさん、こんにちは。

こんな、何も無い普通の風景が大好きです。

大阪出身じゃないけど、尼崎出身の阪神電車は台車を履き替えて、地方の電鉄会社で活躍していたりするんですよ。

福井県の三国で見かけた時は、追いかけて乗りました。車内の「武庫川車両」のプレートを見たときは、頬ずりしそうでした。


灯台は、この大きさならスケールダウンしなくてもよさそうなのに。予算があと少し足らなかったんでしょうか。

Posted by: YANBO | March 21, 2008 at 09:12 AM

▼YANBOさん
 公園に汽車があったりすると子どもとしてはうれしいかもしれない…と考えたところで、汽車というものに現実味を今の子どもが持てるのかと思うとちょっと疑問だったりもしますが、まあ、なんでも安全でないというか安全に運用できない遊具を取り去っていく今の公園よりは随分とましかとは思います。

 燈台は、無人燈台だったらこの大きさのものは本当にありそうな感じです。小さくするならもうちょっと小さくしたらいいのにな。

Posted by: うずらまん | March 22, 2008 at 03:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/40578633

Listed below are links to weblogs that reference 新型のぞみと古い機関車と
ミニチュア燈台
:

« 広川太一郎さんが
逝っちゃったりなんかしちゃったりして…
| Main | ずっと探していた本と
探して見つかった古本屋 »