« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

帰ってきたケリの夫婦

080227keri
近所の某生命保険会社所有の空き地に、去年繁殖のために飛来していたケリという鳥は、結局カラスの攻撃によって、ヒナを孵化させることができず、無念の叫びを残して去っていったのですが、そのケリが今年もまた、この空き地に帰ってきました。

 これは昨日の朝、出勤前に撮った写真です。写真には1羽しか写っていませんが、もう1羽いるのを確認していますので、おそらくつがいでしょう。今年こそは雛の誕生を見たいものですが、しかし既に、グワワグワワグワワとカラスたちが不穏な動きを見せています。この空き地の縁のフェンスで黒い薄ら笑いを浮かべているのです。なんとかカラスだけをおっぱらう方法はないもんでしょうか。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
(部分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ご近所の梅2008
万年寺山梅園

080220ume01
いつもの年は、お正月を過ぎたら時々、この梅園を覗きに行って、梅の開花を心待ちにしているのですが、今年はその余裕がなく、昨日初めて見に行きました。

080220ume02
昨日はとてもおだやかな日で日差しも暖かく、寒さも一段落。春の気配がもう近くで感じるぐらいでした。コートを着て歩いていても、首元をきゅっと閉じる必要はないぐらいです。

080220ume03
枚方市駅で電車を降りて、下からこの丘にのぼりました。咲いています。まだ全体の1/10程度かもしれませんが、咲いていました。お日様が傾いているので、逆光が多く、思うように写真は撮れませんでしたが、咲いていました。

080220ume04
ベンチにおばあさんがひとり、座って休憩しながら梅を眺めていました。散歩の夫婦連れも来ました。梅を楽しみにしている人たちが、訪れて来ていました。
 少し風があるので、花が、枝が揺れます。マクロ撮影はちょっと難しい日でした。

Canon IXY D50 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大阪にも雪が積もった

★今日の写真は4枚ともオートハーフSE黒で撮ったものです(^ε^)080209snow_1
いや〜大阪にも雪が降りました。天気予報では昨夜雪が降ると言っていたけど、朝起きたら雨が降ったかなぁ?という感じで雪の気配もありませんでした。だから安心してたら、しばらくして牡丹雪が舞ってきました。今日は子ども会の廃品回収の日なので、先月出し忘れたので2カ月分の古新聞古雑誌などをせっせと雪の吹雪く中、出しました。

080209snow_2
大阪では牡丹雪が降っても日中は積もることはありません。すぐに雪は小粒になって終わりになるんです。しかし、今日は違っていました。熄む気配がなく、どんどん牡丹雪が。昼前には霰に近くなってきましたが、しばらくしてまた牡丹雪。しっかりと積もり始めました。

080209snow_4
近所の小学校の裏の路です。ちょうど丘の上なので、ここからどっちに向かっても、どのみち下り坂になります。ぞれもけっこう急で長い坂です。恐いです。

080209snow_3
小学校の校庭です。一面の銀世界。しかも今日はお休みで児童がいないので、誰一人いません。足跡もない綺麗な雪です。あ〜入って雪だるま作りたかったなぁ。でも最近、かんたんには小学校の校庭に入れてもらえなくなりましたね…。

RICOH AutoHalf SE/Black/F2.5/25mm
Kodak Super Gold400

| | Comments (4) | TrackBack (0)

桑原甲子雄さん、逝く

▼写真家の桑原甲子雄さんがなくなったというのを一昨日の夕刊で知りました。

 桑原さんは、昨年12月10日に、老衰のため死去(94歳)。『カメラ芸術』誌などの編集長として活躍。60代で写真家として再出発されたんですよね。

 東京都写真美術館で桑原さんの写真展があったとき、行きたかったんですが行けずに、図録をかねた雑誌の特集誌だけは買って大事にしています。東京のお友だちの一人が見に行って、写真の絵はがきを買って送ってくれました。

 リアリズム派で、土門拳なんかも影響を受けた人です。スナップはもう貴重な歴史の証人にもなるような素晴らしい写真が多いですね。
 まあ、お年だったし、しょうがないのでしょうけど寂しいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さらばナショナル特集 第1弾!!
黄金カイロ

Ogonkairo00
「さらばナショナル」特集の第1弾。「ナショナル黄金カイロ」の巻 です。

 松下電器はこの秋から「ナショナル」ブランドや「松下」の名前を「パナソニック」一本に絞るという衝撃的な発表が先月行われました。それはそれで時代の流れなのでしょう。でも「ナショナル」に慣れ親しんだわたしたち昭和の子どもたちは、ナショナルの製品が、CMが大好きだったのです。
 確か、この「黄金カイロ」は、黄金バットのような骸骨のキャラクターがCMをしていたのを覚えています。このカイロのネーミングは、おそらくハクキンカイロが「白金(プラチナ)」だったのに対抗したのでしょう。でも触媒としては「金(Au)」は使っていないと思いますが…。
 1953年〜1994年(93年4月に販売終了)まで販売されていたようです。

Ogonkairo01
 なんと、そんな時に、グッドタイミングと申しましょうか、ナショナル黄金カイロの新品同様(当社評価A++)が、ヨメの実家から発掘されました。元箱(多少の折れ・擦り傷等あります。神経質な方はご遠慮ください。←って何が?)付きで、取扱説明書、ベンジンカップ、火口、点火器、布袋も完全に残っています。

Ogonkairo02
 火口は多少使用感がありますが、まだほとんど痛んでいません。いつごろの商品かはわかりませんが、点火器の中に残っていた乾電池ナショナル・ネオ・ハイトップの製造年月日は1981年の12月でしたので、30年近く使われていなかったものと思われます。

Ogonkairo03
 火口を外してみます。触媒の部分は、実は一部パッドに穴が開いています。なんとここに昆虫が入り込んで虫食いになっているのです。羽の付いた虫のミイラが発見されましたが、除去。被害はそんなに酷くはありませんでした。
 ベンジンの注入口は円盤の中央部内側の奥でちょっと小さく、入れにくそうですね。
 スリットの周辺の赤いものは、オレンジの袋の繊維です。多少使用していたと見え、袋の繊維がこすれてそこにたまっているのです。

Ogonkairo04
 ベンジンカップの比較です。左から、ハクキンカイロ用、黄金カイロ用、Zippoハンディウォーマー用。それぞれに特長があります。黄金カイロはカイロ本体の注入口が特殊なのでカップも特殊な形になっています。

Ogonkairo05
 上が点火器、下が単三電池です。点火器のおしりに紐が付いていて、その先に点火チェッカーがあります。黄金カイロとハクキンカイロの違いは、この点火器。電池で安全に点火できるというのが、黄金カイロの売りでした。(後にハクキンカイロからも電気点火式が出ますが)

Ogonkairo06
 見るからに暖かそうな、オレンジの袋が付いていました。ベンジンを給油活動して、新しい電池を点火器に入れて点火してみました。すると、約三十年の時を超えて、見事に点火。
 左にZippoハンディウォーマー、右に黄金カイロと両方ポケットに入れて暖かさを比較してみました。黄金カイロの方がやや温度が高いような気がします。ちょっとした条件の違いでけっこう温度が変わるのはZippoので経験済みなので、あまり確かではありませんが。

Ogonkairo07
 取扱説明書を見ると、取り替え部品の値段が出ています。
 ●火 口 正価160円
 ●カップ 正価25円
 ●点火器 正価70円
 ● 袋  正価70円
 そして、ベンジンですが、「ナショナル黄金カイロ用ベンジン ゴールド500」というのが販売されていたようです。引用してみます。
「カイロの性能はベンジンの良否によって大きく左右されます。ベンジンは火つきがよく、火口を傷めず、火もちのよいナショナル黄金カイロ用ベンジンまたはハクキンカイロ用特製ベンジンを必ずご使用下さい。」
 なんとライバル製品のサプライ品を取扱説明書に書いているのです。なんか大らかでいいなぁ。まだ熾烈な販売合戦が繰り広げられる前の時期だったのかもしれませんが…。
 あと、製造元の表記としてでしょうか、会社名が、松下電器と一緒に、
「松下電器産業株式会社・電池事業本部
 ナショナル黄金カイロ株式会社」
 となっています。当時は黄金カイロ用の子会社があったようです。

 我が家にはハクキンカイロがあって、この新しくてイカした金ぴかのカイロはあこがれで欲しくて欲しくてしょうがなかったのですが、買ってもらえず。自分が好き勝手に買えるようなおとなになったころには製品自体が販売完了していたのでした。
 それが偶然にも、発掘されたのです。なんという幸運。

 今回テストしてみましたが、カップ一杯で14時間ぐらい持ちました。ハクキンカイロにしろ、Zippoハンディウォーマーにしろ、台湾製のコピーものであるi-HOTにしろ、ベンジンカイロは今再び見直されてもいい道具ですよね。

 さてさて、さらばナショナル特集、この後も続けられるでしょうか…(^ε^;)。

【追加情報】
blog「ラフィー:心の癒し」
 このページに、珍しい、日立のカイロの写真と情報があります。黄金カイロそっくりですが、シルバーです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »