« 一番使いやすいブラウザは
Caminoみぞ知る!
| Main | ハーフカメラ好きにはたまらない!
『120%オートハーフを楽しむ本』 »

2008年 新年快樂!

Nekonimatatabi
カメラ雑誌はもうこのごろは年に一度しか買わなくなってしまいました。それが年初の1月号。

 『アサヒカメラ』の1月号にカレンダーが付録として付きます。このカレンダーが、岩合光昭さんの猫シリーズになったのは、2001年からです。

 『2001年猫の旅』、『ニッポンのネコ2002』、『日本の猫2003』、『猫のニッポン2004』、そして“また旅シリーズ”『猫にまた旅2005』、『猫にまた旅2006』、『猫にまた旅2007』、そして最新は『猫にまた旅2008』。

 2006年までのスポンサーはフジフィルムで、2007年からオリンパスに変わりました。だからでしょうか、2007年のカレンダーの写真には使用カメラが明記されていないのです。

 2006年までは、ライカR6.2とElmarit R28mmの組み合わせが多いですね。おそらく2007年もこのフィルムでの撮影が混ざっているのではないかと思われ。(倉本聰風)

 2007年版の巻末にはOLYMPUS E-1で撮った猫の写真とE-1への期待という文章が載っています。しかし、2008年版は全て、デジタル。OLYMPUS E-1かE-3で撮られたものですね。元々岩合さんはOMシリーズのカタログにも、OMユーザとして登場しているぐらいだから、OLYMPUSとは縁があるわけですね。たしか岩合さんの初めてカメラがペンでしたよね。

 というわけで、2008年が始まりました。今年はさらにのんびりムードになると思いますが、この『うずら眼』をはじめ、『ライカでラララ♪』『面白半分』など、うずまきWebグループをよろしくお願いします。

|

« 一番使いやすいブラウザは
Caminoみぞ知る!
| Main | ハーフカメラ好きにはたまらない!
『120%オートハーフを楽しむ本』 »

Comments

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

うずらまんさんも1年1度組ですね。岩合さんの2008カレンダーは全部デジタル、これからの方向に見えます。なんと言っても4/3は望遠系に有利ですからね。

さて、2008年もゆっくり始まりました。この1年もゆるゆるブログを綴っていきますので、また宜しくお願い致します。

Posted by: warakado | January 02, 2008 at 01:28 AM

▼warakadoさん
 あけましておめでとうございます。
 ことしもよろしくお願いします。
 デジタルのパワーにフィルムは滅亡の一途。
 今年はもっと加速するでしょうね。

Posted by: うずらまん | January 03, 2008 at 02:00 PM

あけましておめでとうございます。
今年は滅亡一途のフィルムを扱い銀塩余生を楽しみたく存じます。
勿論デジタルがほぼメインですが・・・

年始にサブでネガを使いました、これからスキャナーで取り込んでプリントを試みます。
ほぼこんな使い方が銀塩の楽しみ方になってきました。
モノクロ撮影が一昔のMyブームになりつつ感じてます。
今年は沢山映像を残そう!

Posted by: くわぽん | January 04, 2008 at 09:25 PM

▼くわぽんさん
 おめでとうございます。
 近所に馴染みのミニラボがあります。とても信頼できるお店です。
 子どもたちの成長の記録も、僕の散歩写真もみんなみんなこのミニラボのお世話になりました。ここががんばってくれる限り僕はフィルムで写真を撮り続けます。
 デジタルでももちろん遊びますけどね(^ε^)。
 どこかにも書きましたが、今年は撮ることに重心を置きたいと思っています。

Posted by: うずらまん | January 05, 2008 at 10:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/17544291

Listed below are links to weblogs that reference 2008年 新年快樂!:

« 一番使いやすいブラウザは
Caminoみぞ知る!
| Main | ハーフカメラ好きにはたまらない!
『120%オートハーフを楽しむ本』 »