« 【速報】レンズはまぬけ!?「ですぞ!」 | Main | 「面白半分」にPEN FVを掲載! »

大阪タワーを撮っておく

070824osakatowerp01
大阪タワーです。スラッとまっすぐに伸びる姿はとても几帳面な感じがしますね。もうすぐこのタワーも役目を終える予定です。

070824qg_p昨日は、暑さの峠は少し越えたとはいえ、やっぱり日本の夏はなめたらいかんぜよの夏目雅子という感じでうだうだうだる暑さでした。JRを福島駅で環状線から降りてどんどんトコトコと北上していきます。するとこのタワーにたどり着きます。しかし今日はなんでここへ行ったのかというと、目的は大阪タワーではありませんでした。iBookの修理に、クイックガレージ西梅田を訪れたからです。クイックガレージが福島にあるんです。この右の写真のビルの10階にありました。iBookもG3は部品の供給がそろそろなくなってきているとのことでした。メインボードがやられているのだろうということで、どっちにせよメインボードはここでは交換できないそうでApple送りとなりました。それでその帰りに大阪タワーへ。

070824_abc
大阪タワーは、朝日放送の隣にあります。
 僕は小学生のころラジオ少年だったということは書きましたが、中でも朝日放送が大好きだったんです。朝は中村鋭一から、夜は浜村淳まで。欽ドンも関西では朝日放送でネットしていました。TBSの久米宏の『プラチナ・ハイ・ディスク』という番組も。だからずっと朝日放送を聴いていました。
 いつかここを訪れたいと思っていたんですが、大阪市大淀区大淀町南2の2(現在は大阪市北区)がいったいどこでどうやったらいけるのか全くわかりませんでした。『日産ミュージックギャラリー ポップ対歌謡曲』のスタジオ見学も来たかったなぁ。しかし、大人になってからもどこなのかは検討がつかなかったんです。調べればすぐにわかることだったのに。実は昨日だって福島に行くまでわからなかったのですから。

070824osakatowerp03

朝日放送とホテルプラザ(現在はホテルは廃業)の間にこのタワーは建っています。かつては朝の『おはよう朝日です』はこのタワーの上のスタジオから放送されていました。おはよう朝日の初代司会者は乾竜介アナウンサーで、僕は乾アナのファンだったんです。番組にハガキを送るときイラストを描いたんですがそれがこの番組で初めて紹介されたイラストになりました。これは僕の大切な思い出です。

070824osakatowerp02
憧れていた放送局を三十数年経ってやっと見に行くことができました。でも外から眺めただけですが…。朝日放送は移転し、2008年にはこの大阪タワーも解体撤去されるそうです。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
PanoramaMakerでツギラマ

|

« 【速報】レンズはまぬけ!?「ですぞ!」 | Main | 「面白半分」にPEN FVを掲載! »

Comments

こんにちは
私も朝日放送、大阪タワーには少し思い出があります。小学校だったか、近所の2コ上のお兄さんがスタジオ見学・公開録画に抽選であたったから一緒に行こうと言う事で、更に悪ガキ連中集めて数名でいきました。無論それに付き合う暇な大人はいません。
大阪タワーを見て、スタジオ見学、さて公開録画と言うと「夫婦善哉」の録画。ミヤコ蝶々さんと南都雄二さんが司会で、苦楽を供にされたご夫婦をご紹介する番組でした。
直前まで何を見れるか知らなかった私は愕然とし、内容は全く覚えていませんが、連れてってくれたお兄さんは蝶々さんの一番若いファンの様で一人楽しんでいた事だけは良く覚えています。

Posted by: warakado | August 25, 2007 at 11:52 PM

うずらまんさん、こんにちは。

大阪タワーの隣りの朝日放送の下にニッサンギャラリーがありました。ここで「ポップ対歌謡曲」の公開録音というか、生放送なので公開放送がありました。

自転車でよく見に行きました。

当時、中坊の私たちにトヨタのディーラーは相手にしてくれませんが、ここのスタッフはよく販促の品やパンフレットをくれたのです。
だから、私は未だにニッサンファンです。

一緒に見に行った友人が、「伸介竜介」をコツいたと言って、伸介にトイレに連れて行かれ、怒られました。
生放送ですから、それでは番組が出来ません。
マネジャーらしき人が呼びに来て、竜介だけ出演。
30分番組なのに15分遅刻して、伸介が戻りました。

因みに、その時仲直りにと伸介が使っていた財布を友人にプレゼントしました。
その友人は、大分長い事その財布を自慢していました。(^◇^)

Posted by: YANBO | August 26, 2007 at 06:55 AM

▼warakadoさん
 ミヤコ蝶々と南都雄二を生で見たなんて! すごすぎです。蝶々さんは僕も子どものころから好きでしたが、そのころには既に雄二さんは亡くなっていたと思います。学校の体育館で観せられた『ボクは五歳』という映画で実に自然な大阪のおばちゃんを演じていて余計に好きになりました。この映画1970年制作で、大阪に出稼ぎに出たお父さんを、少年が一人で訪ねてくるという話でした。お父さんは宇津井健。

▼YANBOさん
 紳助・竜介の「ポップ対歌謡曲」を見に行ったなんてうらやましいですぅ〜。対戦相手はたしか明石家さんまだったですよね。司会は上岡竜太郎という恐ろしいぐらい豪華なメンバーだったと思います。この曜日は喋りすぎで曲なんか三秒ぐらいしかかからへんのですが、クイズそっちのけでトークがむちゃむちゃオモロかったですね。
 紳助のブチ切れはその当時からでしたか。

Posted by: うずらまん | August 26, 2007 at 08:45 AM

初めまして、「黒いチューリップ」といいます。
唐突ですが、今日は意地の悪いことを書かせていただきます。
先に謝っておきます。

             m( _ _ )m

さて、「朝日放送」でネットしていたのは、「欽ドン」ではなく「欽どこ」でした。
「欽ドン」をネットしていたのは、今は民放連から追放処分を受けてしまった「関テレ」こと「関西テレビ」です。
「シーチャカ千草」が社長になっていたなんて..世の中メチャクチャですね(ぇ?)。

削除・無視OK牧場です。

Posted by: A boy about 17 | August 26, 2007 at 12:55 PM

▼黒いチューリップさん
 新・ハンドルは、ラ・セーヌの星からですか?
 お書きになっているのはテレビの方ですよね。フジテレビ系の『欽ちゃんのドンとやってみよう!』の方。
 僕が書いているのは一貫してラジオの話でして、集英社が提供していた、ニッポン放送の『欽ちゃんのドンといってみよう!』のことです。ニッポン放送なんだから、フジ・産經グループのラジオ大阪でネットすれば良さそうなものだったんですが、なぜか朝日放送ラジオでのネットでした。
 「欽ドン」はテレビ化されて大ブームになりましたが、ラジオのこぢんまりした感じが結構好きでした。ラジオの欽ドン賞はたしか3000円でした。テレビは1万円でしたよね?
 欽ドンの本は最初の1冊目は一般販売されてなくて、ニッポン放送に切手を送らねば入手できないレアものでした。
 欽ドンはテレビのレギュラー放送の前に一度だけスペシャルでテレビ放送されています。その時はセットもなく、スタジオに地味な舞台。そこに欽ちゃんが座ってハガキを読むというスタイルでした。たしかゲストに酒井和歌子さんが出てくれて、欽ちゃんが照れまくっていたように思います。欽ちゃんの理想の女性ということで、ラジオの投稿でもネタになっていたぐらいでしたから。

Posted by: うずらまん | August 26, 2007 at 02:03 PM

二度目まして、「黒いチューリップ」です。
<「欽ちゃんのドンといってみよう!」ですか...それは尻ませんでした。
申し訳ありませんでした。
               
               m( _ _ )m

ちなみに「黒いチューリップ」とは、ルフトヴァッフェ(ナチスドイツ空軍)の撃墜王「エーリッヒ・ハルトマン」のことです。
彼は愛機の機首に黒いチューリップの花びらの模様を描いていたので、敵のソビエト空軍のパイロットたちの間で「黒い悪魔」と恐れられていました。
と、「ラ・セーヌの星」の話が出ると、書こうと思っていました。

それでゎ、「黒いチューリップ」は姿をくらまし、もぅ現れることはないでありましょう。
また、別の誰かが来るかもね。
「さらばじゃぁ~。」
と、彼は白馬にまたがって、マントをひるがえして去っていくのであった...

Posted by: A boy about 17 | August 26, 2007 at 02:48 PM

▼黒いチューリップさん
 撃墜王のことでしたか。マントを翻して去っていくなんてかっこいいなぁ。

Posted by: うずらまん | August 26, 2007 at 06:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/16236675

Listed below are links to weblogs that reference 大阪タワーを撮っておく:

« 【速報】レンズはまぬけ!?「ですぞ!」 | Main | 「面白半分」にPEN FVを掲載! »