« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

【速報】耳たぶの柔らかさに練る
ファンキーな太陽の塔

070526taiyono
昔、枚方を中心に活動し、ある方面でカルト的に絶大な人気を誇ったミニコミ誌『HAZZマガジン』。何を隠そうワタクシが編集長をしていたのでありますが、その中のコーナーに「耳たぶの柔らかさに練るコーナー」というのがありました。よく、料理のレシピなどで「耳たぶの柔らかさに練る」と書いてありますが、これってよくわかるようでわからないですよね。だって耳たぶの柔らかさと言って自分の耳たぶを触ってみても、耳たぶは強く押しても千切れるわけではないし、かといって固いわけでもない。だから結局小麦粉をこねていても「どないしたらええねん!」と叫ばずにはいられなくなるんですね。
 で、世の中のそういう、わかるようでわからないものをコレクションするコーナーが「耳たぶの柔らかさに練るコーナー」だったわけです。それをこのblogでちょっと復活させようと思います。「レンズはまぬけ!?」とどこが違うのか、って? 「レンズはまぬけ!?」ほどわかりやすくなくて、街角以外の物件も扱うのがこのカテゴリなわけです。というわけで、本日はその第一弾。

どこにでもあるスプレー落書きの一つですが、なんとなく愛嬌があるポーズが笑いを誘います。どこかで見たことあるぞ。丸い顔と猫背。そして大根のような腕。そうだ! 昭和の大祭典、日本万国博覧会の太陽の塔くんではないですか。
 それにしても描きかけで放置されているようで、どうせ描くなら最後まで描いて欲しいですね。
(大阪府門真市付近で発見)
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日帰りで、のぞみ、こだま、こだま、やまびこ、つばさ、のぞみに乗る

070529fukuroi2
本日…といってももう日付が変わってしまっていますが、5/29(火)は、朝04時50分に起床し、07時46分京都発ののぞみ60号に乗り出張に出かけました。名古屋で、こだま566号に乗り換え。今日は修学旅行の団体さんが多かったです。浜松でこだまを降りてJRの在来線に乗り換えて袋井まで。静岡県に降り立つのは生まれて初めてでした。今日の仕事は簡易ビデオ撮影。ちょっとしたビデオレターのような映像を撮るというもの。現場で撮影して、今度はJRで掛川駅へ。

070529fuji3
今度は掛川12時05分発のこだま572号で東京に向かいます。途中富士山が今日も綺麗に見えました。雪がだんだら模様になっています。松竹映画のマークみたいですね。車中で弁当を食べました。

070529utunomiya
東京から今度は東北新幹線。14時08分発やまびこ119号で、向かった先は宇都宮です。なんだか西村京太郎ミステリーの気分になってきました。ここでもビデオ撮り。無事終えて、本日の業務終了です。

070529yamabiko2
宇都宮から東京までは17時05分発のつばさ120号です。つばさとやまびこって途中でつないで東京に到着するんですね。そういえば行きも途中まで一緒って言ってました。東北まで行くのは二階建てなんですね。

070529medama
これ宇都宮駅で見た大きな目玉です。なんでしょう? とにかく確認する暇はありませんでした。あ、宇都宮で餃子食べるの忘れた! くそ〜っ。

070529katusando
東京駅から18時26分発の、のぞみ145号で帰路につきました。お腹が空いたのでカツサンドを食べました。

070529sichijobr
京都駅で新幹線を降りて、京阪七条までとことこと散歩しました。七条大橋から見た川面の眺めの長目の露光の写真です。

070529poppo
本日の家族への土産はこれ。浅草と書いてあるのですが、東京では乗換しかしてなくて、駅構内しか歩いてません。まだ中は開けてませんが、ひよこまんじゅうっぽいやつだと思います。
 営業系のお仕事のひとならこれぐらい屁でもないとは思いますが、あまり出張のないワタクシとしては日帰でよく移動してよく新幹線に乗った日だと思います。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【速報】レンズはまぬけ!?
小学生の大好きな!? ウ●コちゃん

070526unko
ちゃんと撮ってきました。あまりにもストレートなネーミング。小学生なら大好きで、連呼するでしょう。その宣伝効果を利用しようという作戦なのでしょうか。
 幸せで幸運なウ●コってどんなウ●コでしょう?(^ε^;) 店に電話がかかってきたときにはやっぱり、
「はいウ●コちゃんです。ウ●コちゃんの家具屋です」
 とかって答えるのでしょうか。ここの従業員は、子どもの学校の書類にお父さんの勤務先として、
「ウ●コちゃんの家具屋」
 と書くのかなぁ。絶対そこの子どもはいじめられるで。
(大阪府寝屋川市で発見)
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

熊出没注意!

070526kuma
なんと、クルマで寝屋川から門真あたりでしょうか、走っていたときです。街角に熊が! 家族と一緒でしたのでどうやって家族を守るかと…思うわけないわな(^ε^;)。プラカード持って宣伝のために立っていたわけですが、商店街でもないし、クルマが頻繁に通って、アルバイトにしても孤独だろうなぁと思って、運転している僕以外の3人に手を振って励ますように命じました。熊も気づいてくれて手を振り返してくれました。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨上がりの夕焼けの空

070525yuyake
昨日5/25(金)の夕焼けです。そう、僕は雲収集学会に加盟して「雲収集家」という肩書きがあったのだった。忘れていました。
 というわけで、まあそれを忘れていただけで、実際には雲の写真はしょっちゅう撮っていたのですが、blogでも載せていこうと思います。
 空の写真なんて撮ってもしょうがないでしょ? みんな同じやん!と思う人もいるでしょうが、実は毎日全然違うんです。普段は忘れがちですが、これから日が長くなる季節には仕事から帰ってもまだ夕焼けが残っている時があって、そういう日が夕焼けと雲の写真を撮るチャンスなんです。
 特に夕焼けの空は色の変化が楽しいので、写真として実に面白いのです。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

PEN Wで散歩の写真/大阪編

Wdearuku
ゴールデンウイークにたった1日だけお出掛けをした、その大阪散歩の写真を一部アップしました。
 「Wで歩く大阪#1」です。
 おそらく前後編になると思います。偶然ですが建て替えの決まったビルをいくつか撮ってます。今回アップした写真にも3つ出てきます。やはりどんどんと街は変化していくのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未確認飛行物体現る!

070504hikou
これは今年のゴールデンウイーク中に撮られたものです。
「それはミーがワイフとショッピングを終えて、スーパーマーケットのパーキングに出てきた時にディスカバーしたんだ」
 という目撃証言と現場で撮られた写真。夜空に浮かぶ謎の飛行物体。
「セルフで光りながらスローリーに、サウスからノースへムーヴしてた、イェ〜!」
 しかし、なんか全体的にルー大柴的なうさんくささがありますが(^ε^;)。この物体、かなり低空を飛んでおり、プロペラ音も聞こえたといいます。別の証言では、
「あれは飛行船だべ。おらが犬連れてよ、そらを見上げたら、飛んでたべ。犬によ見せてやろうと思ったんだけどよ、犬は空なんか見ないんだなこれが。とんそきよ、近くにいた賢そうな夫婦連れがよ、ありゃニッセンの飛行船だちゅ〜とったんだべ」
 どこの田舎もんかさっぱりわかりませんが(笑)、まあこのように証言しております。ニッセンの飛行船については、なんで飛ばしているのかという、意外な理由があったりして、調べると面白いです。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

花と鳥と猫と

070520ajisai
近くの公園の片隅で、もう紫陽花が咲き始めていました。そうか、もうすぐ梅雨なんだなぁ。紫陽花と来るとカタツムリがいてほしくなりますが、まだそれにはやはいようで、周りには見かけませんでした。

070520momiji
こないだまで新しい黄緑の葉っぱが綺麗だなぁと思っていた、モミジなんですが、ふと見たら赤い何かが付いています。花? 良く見るとこれは種ではないですか。種ができると言うことは花が咲いたということでしょうか。モミジの花というのは見たことないなぁ。目立たない花なのかなぁ。でもこの種は綺麗な色でとても可愛いですね。

070520keri01
お馴染みケリ1号です(笑)。しっかりと防衛体制をとっています。この日もカラスが近寄ってきていたのですが、スクランブル発進したら激しく追撃されるので近づけないという感じでした。ケリはがんばっています。
070520keri02
こちらはケリ2号です。しっかりと卵を守っています。雀が近づいてもとうちゃんを激しく「ジリッ、ジリッ!」と呼んでます。まあとうちゃんは雀ぐらいでは動いてくれませんが。とにかく必死で卵を抱いているんですね。

070520bara
この薔薇、ずっと前に作ったRollei35TEのミニミニ写真集でも撮ってますが、近所の某マンションの、不思議な空中花壇に植わっている薔薇です。花壇が人の背丈より高い位置にあるというちょっとかわったところです。たくさん咲いていてとても綺麗です。

070520tomodachi
はい、お馴染みチャトラ猫のトモダチです。お墓にいました。でもゴミ箱の上に座っています。眠そうです。寄ってきてくれません。夕方6時前だったと思いますが、まだ活動の時間ではないのかな。
 というわけで、なんということのないご近所パトロールのレポートでした。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通常の3倍速い?
赤いアリマキ

070520arimaki01
先日、散歩をしているときに見つけたのですが、雑草になんだかうごうごとうごめく小さな点があるんです。みるとけっこうな数がうごうごしています。なんじゃコレ? 今まで見たことないぞ、こんな虫。
070520arimaki02
拡大してみました(^ε^;)。勝手に「赤いアリマキ」と呼びましたが、本当の名前はわかりません。外来種ではないかとうずらヒヨコ(ヨメ)は言います。ベランダ園芸でいろいろな昆虫を見ているので僕よりは昆虫に詳しいヒヨコがいうのですから、珍しい虫なのでしょう。アリマキは、通常黄緑色で、別名アブラムシとも言いますね。テントウムシの幼虫や成虫もかな?が好んで食べてくれます。しかし、この赤いのはどうでしょうか。まだここにはテントウムシが来ていませんでした。
 今ちょっと調べてみましたら、「タカラダニ」という虫ではないかとの情報を得ましたが画像を見るとこれはちょっと違いますね。
 もうちょっと調べてみました。「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」というそうです。これだ。これに違いない。やっぱりテントウムシが食べるということを書いている人もいます。
 ちなみに動きは普通のアブラムシと同様で特に速いというわけではありませんでした(笑)。

IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くももくもく

070520sora
この写真は日曜日の雲です。とても気持ちのいい雲が出ていたので、PEN Wやデジカメでいっぱい写真を撮りました。
 これから夏にかけて雲が面白いですね。普段はすっかり忘れていたりするんですが、ふと見上げたときにそうだった!と思い出すわけです。
 雲の形を色々な物に見立てて遊ぶのも楽しいですが、僕はこれが苦手。大概の場合スケール感で違和感を覚えてうまくイメージできなくなってしまいます。
 でも雲は見ているだけでとても面白いです。新幹線など、ちょっとスピードの速い乗り物に乗ったときに雲を見ていると立体がよくわかりますね。手前にある雲、低い雲、高い雲。
 誰にも見られずに消えていく雲もあるのでしょう。でも観賞用として生まれてきているわけでもないので、それで誰かが悲しむというようなことはないのですが。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

箱買い/伊丹十三DVDコレクション#1

070517tatakaubox
ただ今ワタクシは伊丹十三ブームがまたやってきて、本を読んだりしていたのですが(読んでいるのは『マルサの女日記』と『ヨーロッパ退屈日記』。この『ヨーロッパ〜』は実に19年ぶりの再読です。初めて買った伊丹さんの本だったと思う)、このたび『伊丹十三DVDコレクション たたかうオンナBOX』を買ってしまったのであります。発売されてずいぶん経っているので今ごろblogに書いたとてなんの新鮮みもないのですが、まあ、マイブームを記録するという意味で書いておきます。
 実は前に『ガンバルみんなBOX』の方は入手済みでした。こっちはどっちかというと伊丹作品の中でもマイナー系だったので、おそらくすぐに入手こんなんになるだろうと考えて先に箱買いしたわけです。ガンバルに収録の映画は『お葬式』『タンポポ』『あげまん』『大病人』『静かな生活』『伊丹十三の「タンポポ」撮影日記』『[あげまん]可愛い女の演出術』『大病人の大現場』の8本。この中で見たことないのは『静かな生活』だけ。買ってからまだ残してあります。楽しみに。
 そして、今回入手したのは『マルサの女』『マルサの女2』『ミンボーの女』『スーパーの女』『マルタイの女』『マルサの女をマルサする』『マルサの女2をマルサする』『ミンボーなんて怖くない』の8本。こちらも見てないのが1本あります。『マルタイの女』です。これはなんとなく伊丹監督が亡くなったのがショックで見る機会をうしなってしまっていたものです。『ミンボーなんて怖くない』も見ていなかったのですが、これは本日見ました。やはりおもしろいですね。伊丹映画の場合、メイキングがオマケという感じではなくて見応えがあるのです。僕の場合、拾い見も含めると本編よりも伊丹映画のメイキングの方が見ている回数が多くなると思います。
 さて、このボックスですが、ボックスの中に映画のフィルム缶の積み上げたようなケースが入っていてこれにDVDのディスクが納められています。プラスチック製で、全部つながっているので、このケースが実に使いにくい(^ε^;)。まあ使いにくいんですが、面白い企画ではあると思います。ヒッチコック監督がこういう缶を並べて写真を撮っていたような記憶があります。
 このボックスには40ページフルカラーのブックレットも付いていてお得です。宮本信子インタビューやロケ地訪問なんかもあって読み応え充分です。
 こっちの作品はバラで買い集めようと思っていたんですが、最近こっちの方が入手しにくくなっていることがわかって、特にメイキングの『ミンボーなんて怖くない』が品薄のようなので、思い切って箱買いしてしまったんです。安く入手できたし。これで伊丹映画は全作品いつでも見ることができるようになりました。うれしいなぁ。
 伊丹映画は、情報量が非常に多いので、映画のストーリーを楽しむほかにもいろいろな見方ができますから、何度でも楽しめますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨ニモマケズ/ケリ観察日記

070517keri03t
これは今週の木曜日の朝、出勤前に撮った写真です。前の晩激しく降った雨がようやく朝あがりました。近所の空き地に巣を作っているケリのことが気になって見てみると、やっぱり空き地にいます。これは抱卵しているのが確実ということですね。こちらは防衛担当のオス(だと思う)です。彼もずぶ濡れになったらしく羽が乱れています。

070517keri01t
こちらは、卵を抱いているメス(だと思う)です。あのバケツをひっくり返したような土砂降りの中でもこうやってずっと卵を守っていたようです。屋根も何もないんですよ、これ。この親鳥の体温が奪われて危ないような気がするんですが、大丈夫なのかなぁ。雨上がりの地面の様子を見てみると、水たまりができている場所から少し離れていますので、水はけの良い場所をよく吟味して巣を作ったのだということがわかります。でも雨が降っているときは上から来る雨粒が当たるのは一緒ですよね。 ここんとこ雨続きだし、また今日も雨が激しく降りました。ガンバレ、ケリ! 負けるな、ケリ!
Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9
(部分)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はなんの日?

070515itami1
さて、今日はなんの日でしょう? そう僕の44回目の誕生日でありますが、それだけではありません。

 ゴールデンウイークから、友人の俳優・必響なおと君から頼まれたムービーの編集作業を開始しました。これは去年の秋に頼まれたもの。だいたい素材の映像が僕の手元に届くまでに1年ぐらいかかったんですが(笑)。しかし、僕の方も機材を充実させるとかに手間取り着手が遅れてしまいました。このムービー、彼の所属する殺陣の勉強会で試作したもの。日頃の成果を形に残しておくためのもので公開用ではありません。しかし、やっぱり簡易撮影とはいえ時代劇でストーリーもありますから、一旦着手すると俄然やる気がでてきたわけです。
 僕は映画の撮影や編集をするとなると、はい、この人、伊丹十三監督の映画のメイキングビデオを見たり、撮影日記を読んだりしてテンションを上げます。これがとても勉強になるんです。

 さて、その伊丹十三監督の誕生日が本日5月15日なんですね。
 そして今年2007年の5月15日は、伊丹監督の青春期を過ごした場所、愛媛県松山市に「伊丹十三記念館」がオープンしたんです。ぜひ、近いうちに行ってみたいと思います。絶対絶対。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

シリーズ花指名手配2007

070509hana
久々に「花指名手配」シリーズです(^ε^;)。

 ケリのいる空き地は、以前某会社の社宅のあったところなんですが、その土地の周りにある溝に咲いていた花です。元は園芸品種だと思うんですが、こぼれた種から咲いたものと思われ。少々弱っちい感じで咲いていました。この花は何という名前の花でしょうか? ご存じの方は教えてください。
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
(部分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

じっと動かないケリの観察

070510keri
これは今朝の写真です。
 ここ数日、近所の空き地を出勤時に観察していると、同じ位置に例のケリが座っています。
 これはもう、抱卵していると思って間違いありませんね。しかし、ここ畑とかではなくて空き地なので雨になったらなかなかすぐには地面に吸い込まず水浸しになってしまいます。先日もけっこう激しい雨が降りましたが、ずっと卵を抱いていたのでしょうか。なんか不憫ですね。
 この空き地はフェンスも高くて人がズカズカとは入っていけないようになっているので気に入ったのでしょうけど、屋根でも付けてやりたい気分です。がんばってヒナが生まれて育ってくれたらいいな。
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
(部分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本一短い商店街
大阪・肥後橋

070502higobashi01
ゴールデンウィーク中、結局ほとんど外出していなかったんです。唯一出かけた5月2日。
 午後、まず堂島へ。ジュンク堂書店に語学関係の本を見に行きました。僕は広東語の本とその本用のCDを購入。ヨメはイタリア語の辞書。用事はこれだけで、そのまま南下しながらの散歩でした。

 その最後の方にみつけたのがこの、[肥後橋商店街]。ここに行こうと思っていったわけではないのですが、偶然商店街に突入したらここだったというわけ。
 ここは前に『なるトモ!』なんかでも紹介されたことがあるようです。商店街の北側にその時の写真なんかが展示してありました。ヨメはこの回の「なるトモ!」は見たとのこと。

070502higobashi02
商店街の中程に、なんと、お社がなくなっている神社が。一体全体どうしたんでしょう。しかしお社がないということが、こんなにも頼りないというか、心の支えを失ってしまうというか、誰に頼み事したらええねんというか、とても不安な気持ちになること間違いなしですね。鳥居をくぐったら何もない。あるのは灯籠だけ。
 ま、見ての通りどうもこうもありません。新築工事中という感じです。現在はどこかに仮住まいをされているのでしょう。二世帯お社になるのかな? 「他の神さんも同居することになったさかいに」とかいいながら。んなわけないか。

070502higobashi03
「荒光稲荷大明神」と書いてありますから、お稲荷さんなのですね。お稲荷さんといえば狐。狐といえばうどんですが、なんかお腹空いてきたな(^ε^;)。
 この稲荷大明神、いろいろと調べてみるとけっこう曰くありげな神社だということがわかってきました。本当はとてもパーソナルな稲荷だったかもというのです。気になる人はココを読んでみてください。建て替え前の写真もあり。しかし、お稲荷さんの使いは狐ですが、ご神体というか神さん自体は何なんでしょうか。見たことないような気がします。


070502higobashi04
日本一短い79メートルの商店街ということですが、なるほど短い。日本一長いのが天神橋筋商店街、日本一安いのが確か千林商店街だったと思いますが、なんと短いのも大阪にあったんですね。
 スーパーも便利でいいけど、商店街は地べたでなんでも買い物ができるので、超バリアフリーなんですね。お年寄りも手押しカーを押しながらヨチヨチとやってこれるし。がんばれ、日本の商店街! この肥後橋商店街はアイデアでいろいろPRをやっていて、楽しい感じがしました。
 28mm広角相当で撮影しましたが、日本一短いので、向こうの端が見えていますね。

Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さらば、ソガ隊員

Soga
僕らの世代だと『ウルトラセブン』のソガ隊員として誰でも知っている、阿知波信介さんが鹿児島県霧島市の犬飼の滝で死んでいるのが発見された。自殺らしい。67歳。
 ソガ隊員は、ウルトラ警備隊きっての“銃の名手”という役柄で、カッコイイ役だった。
 その後、芸能プロダクションのマネージャー業から社長業へ。女優の多岐川裕美さんと結婚していたこともある。何で死んだかなんて本人じゃないとわからないし、本人でもわからないかもしれないけど。やっぱりとても残念だ。ご冥福をお祈りします。……合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過ぎ去りし夏の香里団地

105_140
去年の夏、PEN S 3.5を持って、ナメクジ型バイクで香里団地に出かけて撮ってきたものです。なぜ撮りたくなったのかというと、このころ、だんだんと空き家が目立ってきたこと。そして、自然がこの疲弊した人工的構造物を覆い隠そうとし始めたことなど、これは撮っておかねば、という気分になったからでした。
 では、枚数は少ないし、あまり変わらないアングルの写真が続きますが、ご覧ください。
 「香里団地の2006夏」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントラを取り戻せ!
CD大人買いの巻

070430soundtrack
月曜日4/30、久しぶりにTSUTAYA東香里店に行きました。すると表入口前の広場で中古CDやビデオが大量に並べられていました。なんと1枚300円だと言うではないですか!!

 そこでゲットしたのがこの9枚です。全てコロンビアレコードのアニメックス1200シリーズ。特撮やアニメのサントラを廉価版でリリースしているものです。ほとんどがLPレコードでかつて出ていたもの。
 そうなんです。レコードプレーヤーを捨てたときに大量に処分した僕のサントラコレクションの中にあったアルバムがこの日のTSUTAYAの段ボール箱の中にあったのです。思わず僕はつかみました。「取り戻さねば!」と。泣く泣く処分したあのサントラがここにあるんですから。実際にレコードで持っていて、今回CDで買い直した物は、「テレビオリジナルBGMコレクション宇宙刑事ギャバン」「宇宙刑事シャリバン 音楽集」「時空戦士スピルバン 音楽集」「フジテレビ系アニメーション スペースコブラ オリジナル・サウンドトラック」の4枚。そして、持っていなかったけど、これは絶対欲しいと思った5枚を追加でつかみました。「テレビオリジナルBGMコレクション 仮面ライダー」I〜IV、「スターウルフ オリジナル・サウンドトラック」。

 このアニメックス1200シリーズは、廉価版なのでLPのときにあったライナーノーツなどは省略されていて、主題歌の歌詞のみしか入っていませんが、あとはBGMだし、ま、いいかと。特に感動は「テレビオリジナルBGMコレクション 仮面ライダー」I〜IVです。小学生のとき、ライダーごっこしたら必ず口ずさんでいた典型的なライダーのBGMが入っています。それだけではありません。このCDほとんど指紋や傷がないんです。ほとんどレンタルされた形跡がない。それが定価の1/4で入手できたなんて! おまけに9枚も買ったので、1枚分オマケしてくれました。

 テレビ特撮やアニメのBGMは映画のサントラなどと違い映像のシーンに合わせて音楽が作られているのではなく、あらかじめ場面を想定して作られた音楽で応用が利くように作られているので使いやすいのです…と、家族にも言い、自分で「何に使うねん!」と一人ボケ・ツッコミしてしまいました(笑)。
 とにかくヒーロー物のサントラは聴いているだけでわくわくして何事もやる気が出てくるわけです。

 さて、この9枚ですが、小学生のころから見ていた仮面ライダーは別格として、宇宙刑事とスペースコブラは本当に大好きなのでうれしいのです。仲間たちと8ミリ映画を作っていたときにもこのへんの音楽は好きでよく使っていました(そうこういう使い方)し、よく聴きまくりました。シャリバンのエンディングなんか串田アキラの男臭い歌声の人生讃歌なんですが、聴くと泣くよ、ほんま。すごく歌詞がいいんですよ。♪たぉ〜れたら、たちぁ〜がりぃ〜、まえぇよりもつよくぅ〜なれ〜 …とか聴いちゃうと。コブラは主題歌もいいですが、BGMが羽田健太郎作曲なのでとてもいいのです。あ〜野沢那智コブラや榊原良子レディの声が聞こえてきそう。
 「スターウルフ」は円谷の宇宙冒険特撮ですが、なんか再放送も一度ぐらいしかしてないような感じだし、ひょっとして「猿の軍団」とかと同じく、版権の関係で再放送とかできないのでしょうか。ドラマシーンは別として特撮シーンは大好きだったんですけどね〜。最終回の空中戦とかよかったよなぁ…とか、語り出すと止まらなくなってしまうのでこれぐらいにしときます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »