« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

PEN Wの散歩写真

Nichijo_1
PEN Wで撮った写真をアップしました。

 今回の散歩はいつも歩いている本当に近所回りです。だから何度も写真に撮っているところも出てきます。
 [ひらパー]前や幼稚園前、また[意賀美神社]の駐車場の放置車や旧街道の“恩給”の看板などがそうです。
 春はやっぱりあっちこっち花が咲いて散歩が楽しい季節ですね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

黒くて小粒な実力派
OLYMPUS PEN W

Penw00
念願のOLYMPUS PEN Wを入手しました。
 このカメラ、特にPENやPEN Sのスタンダードシリーズ系が好きなワタクシとしては是非とも欲しいカメラではあったのですが、オリンパスペンの中でも生産台数が少ないことから品薄状態でなかなか手に入らないし、あってもかなり高値になっているし、最近はもう状態のいいのが流通しなくなってきているので入手は半ばあきらめていたのです。
 が、今朝DVDで見た映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』ではないですが、やっぱり「最後まであきらめない」ですね。夢はいつも思っていたらかなうんです。カメラのレストアではいつもお世話になっているOさんのお持ちのPEN Wを一時期お借りして使わせてもらったことはありましたが、入手することができるとは!
 というわけでこのゴールデンウィークはPEN Wで一杯写真を撮ろうと思います(^ε^)。
 PEN Wの観察レポートをまず、僕のハーフカメラとそれで撮った写真のサイト「面白半分」のカメラガイドに掲載しました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ペンファンのための幻の本
『ズイコー夜話』桜井栄一・著

070425zuikoyawa
今日ついに念願の本を入手しました! 朝日ソノラマの現代カメラ新書のNo.86『ズイコー夜話』桜井栄一著。昭和58年3月31日発行のこの本はペンやOMファンには有名な本ですが、残念ながら現在は絶版。陶磁の定価は650円ですが、Amazonの古本ではなんと6799円の値段が付いています。
 復刊ドットコムでも『ズイコー夜話』の復刊リクエストを受付中です。
 CANさんの「HALF MOON」で、その中の一部が少しずつ紹介されていますが、やっぱり手に入れたかった一冊なんです。

 著者の桜井さんは、昭和11年のセミオリンパスからカメラの設計に携わって来たオリンパスのカメラ開発の父の様な人です。この人のことはオリンパスペンやOMやXAの設計者である米谷美久さんの本にも出てきます。オリンパススタンダードからOM10までが登場しています。

 僕はこの本を某ネットオークションで入手しました。もちろん高かったんですが、Amazonの値段の半額以下で入手できたので満足です。それだけのお金は出しても値打ちのある本だと思います。しかもほとんど新品同様の綺麗さでした。でもだからといって後生大事に保管しておくというようなことは、僕の場合はないわけで、一通り読み終わっても何度も本棚から取り出して読みふけることでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鉄格子の中のトモダチ

070421tomodachi
はいっ。おなじみのワタクシのトモダチです。これはダリ展に行きしなに、いつもの墓場で撮ったものです。
 その日はなぜかゴミ箱の上に乗っかっていました。特に何に不満があるわけでもなく、ただのんびりとしていただけかも知れません。出かける途中だったので、特に会話も交わさず一瞬挨拶だけ。帰りには暗くなってしまっていたし、もう墓場にはいませんでした。いつもどこで寝ているのだろう?
OLYMPUS PEN S 3.5/D.Zuiko 2.8cm f=3.5
Kodak MAX beauty 400

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ダリはだりだ?
サントリーミュージアム天保山

070421dali
こないだの土曜日、久々に大阪港まで。我が家には珍しく夕方の5時前からのお出かけです。
 電車に乗ってサントリーミュージアム天保山で「ダリ展」を見てきました。いや〜よかったです。展示作品も多かったし、油彩、家具などの立体物、演劇の衣装、本の挿画、広告デザイン、オブジェ、写真など様々な作品を見ることができました。
 ダリというとシュールレアリズムの元祖みたいな人ですよね。あの時計の溶けた絵が小学校や中学校の美術の教科書にも出てくるし、写真の本にもダリ本人のパフォーマンスのモノクロ写真が載っていたりするので我が家ではずいぶんと前から人気の芸術家のひとりなのです。子どもたちは味付け海苔があるとそれを千切ってダリの髭を作って貼り付けて遊びます。これを我が家では「ノリでダリ」と呼んでいます。
 というわけで、家族四人でダリを楽しんできました。(どういうわけや?)図録も買いました。やっぱり印刷だと彩度が落ちますが、オリジナルを見ているから、すぐ思い出せます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

空き地で鳴く鳥の正体は?

070415keri06
近所に空き地があって、そこは元・某生命保険会社の社宅があったところ。最近はマンギャラ(マンションギャラリーと呼ばれるモデルハウス)に使われたり、建設資材置き場と建設業者の駐車場に使われたりしていました。でも近所にマンションも建ってしまったので今はまた空き地に戻っています。
 そこに「チヂッ! チヂッ!」と鋭い声で鳴く鳥がいました。数日前から気になっていたんですが、よく考えるとこの声は随分前にも聞いたことがあったような。けっこうこの地域に住んでいる鳥なのかもしれません。

070415keri05
ここんとこその鳥を観察していました。空き地は全部フェンスで囲われているので中に入れません。だから遠くから見るのでどうも姿がよくわかりませんでした。朝、出勤前に通りがかるといるのですが、先日帰宅途中で暗くなった時もそこにいました。空き地の中央辺りで、人などが近づくと、さっきの「チヂッ! チヂッ!」と鋭い声で鳴くのです。これはどうも警戒音だなとわかりました。寄ってくるなと警戒しているわけですね。

070415keri02
昨日の日曜日、この鳥の正体を知りたいと思い、Nikon D40にAF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200m m F4-5.6 Gを付けて、写真を撮りに行きました。
 あ、とあることに気づきました。空き地の真ん中にいるというとこは、巣作りをしているのではないかと思ったんです。近所にいる鳥といえばスズメ、ハト、カラス、サギでしょうか。季節によってはツバメなどが加わります。これらの鳥の巣というのはよく知らないのですが、何となく高いところにあるイメージがします。でも、動物番組などを見ていると、広い平地に巣をつくって卵を温めているという場合もあることを思い出したんです。
 写真を撮りに行くと、やっぱり2羽いました。ということはつがいでしょう。そして1羽が地面に座っていたんです。こんな広い場所の真ん中に座るという不自然さ。やっぱり卵を抱いているのでしょうか。
 さて、この鳥、大きさはハトよりも一回り大きいのです。黄色い印象の目と黄色いくちばしと黄色い足。胸の辺りが黒い。写真を撮って、家に帰って本で調べました。『日本の野鳥100』(1)水辺の鳥/叶内拓哉著/新潮文庫。
 チドリの仲間で「ケリ」というのだそうです。ネットで調べるとケリの鳴き声は「ケリ、ケリ」と鳴くとあります。もっと鋭くて僕には「チヂッ! チヂッ!」と聞こえるけどなぁ。先述の本では、休耕田で抱卵していたとありました。やっぱり。
 近所にはカラスも多く、ヨメの報告によると夕方、やっぱりカラスが来ていて、ケリが「チヂッ! チヂッ!」と警戒音を出し続け、ケリが2羽で協力して空中から威嚇してとうとうカラスを追っ払ったそうです。よかったよかった。

Nikon D40/AF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200m m F4-5.6 G
(部分)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香里団地と桜の写真

Image49264044eb1811dbjpgthumb_140_105
香里団地と桜の写真。
 先週撮ってきたものをアップしました。雨模様の日でしたが、桜はほぼ満開。ちなみに今日通ってきたら葉桜になってしまっていました。先週撮りに行って良かった。遅れて咲いた八重桜は綺麗でしたが。
 毎年この団地の桜は見事で、お弁当を広げたりして見物する人もいたのですが、今年はメインストリート沿いの建物がほとんど廃墟ですから、なんだか桜がもったいない感じでした。
「香里団地と桜」の写真はこちらをご覧ください。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ラララ♪花写真#1

070414sakura
本日は花特集。春はやっぱり花がいっぱいで楽しいですね。
 これは見納めの桜。枚方の茄子作の児童公園の片隅に咲いていたものです。既に一部は葉桜状態。綺麗な部分のみをフレームに入れました。

070413hebiichigo1
これは先日淀川で採取してきたヘビイチゴの花です。小さい黄色の花で可愛いですね。全方位に開く花びらではなくて、片方を覆うように咲く面白い花です。
↑ヘビイチゴの花は5枚の花弁で、うちのベランダの花は既に花弁が一部落ちたからこうなっているのだ、と係の者より指摘がありました。お詫びして訂正します。

070408tulip1
これは先日、ヨメの実家の庭で撮ったチューリップです。
 やっぱり春の花と言えばチューリップでしょう。子どもがクレヨンで描く花で一番多いのがチューリップですよね。

070414tsutsuji
これは最初の桜と同じく枚方の茄子作の、春日神社の境内で撮ったツツジです。ツツジかな? サツキかな? ま、そのあたりの花であることは間違いないですね(笑)。

Canon IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
Nikon D40/AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm f3.5-5.6G II

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェームズ・ディーンと50年代ジャズメン

070410dennisstock
今週の火曜日、仕事の帰りに、偶然やっているのに気づいて、マグナム・フォト創設六〇周年記念「デニス・ストック写真展」を見ました。
 五〇年経っても伝説が色あせないジェームズ・ディーン。デニス・ストックは彼を彼の育った町で撮っています。ディーンはカメラの前では常に演じていたと書いていますが、でも従弟の少年と一緒にプラモデルを作ったり、読書をしたりする飾らないディーンの姿も捉えられています。
 またこってりとした息づかいも感じられるようなジャズメンたちの写真。ジャズに詳しくない僕でも知っている名前がずらずらと登場しています。モノクロの写真のなんと饒舌なことでしょう。
 図録はありませんでしたが、モノクロ写真雑誌『Natural Glow』の特集がこの写真展の多くの写真を掲載していましたので購入しました。
 この写真展は、入場料・大人500円。京阪・守口市駅前[京阪百貨店 守口店]で4/17(火)まで開かれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チョロQ サークルKサンクス限定
マツダクーペR360とホンダTN360

070411mazda_honda
なんと、勢いづいて、マツダクーペR360とホンダTN360まで買ってしまいました(全部集める気はないって言うとったんちゃうん?)。
 マツダクーペは本当に懐かしいです。近所で乗っている人がいました。一応後ろの座席もあったと思いますが、大人が座るとリアガラスで頭を打つという話でした。
 ホンダTN360はチェンジレバーはハンドル軸からニョキッと左に出ているヤツかな? 大きなHマークがいいですよね。このブルーがまたいい感じなんですよね〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと慣れてきたモノクロネコ

070411monochromecat1_1
今日の仕事の帰り、いつもの小さい墓場に、チャトラ猫のトモダチはおらず、白黒猫がいました。あんまり慣れてなかったけど、今夜は少しサカリが入っているのか、最近やっと人間を信用するようになったのか、ちょっとは愛想をするようになりました。ほんの少しだったら触らせるし。
 餌が欲しかったのでしょうが、僕は例のごとく野良猫には餌をやらない主義なので、話しかけるのとスキンシップだけです。
 ちょっとまぶしかったかもしれないけど、ストロボを焚いて写真を撮ってみました。
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
(部分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チョロQ サークルKサンクス限定
トヨタ2000GT後期型

070410t2000gt
なんだかんだ言いつつもまた1つ買ってしまいました。トヨタ2000GTです。実車はトヨタ博物館とインテックス大阪で見たことがありますが、小さいクルマですよね。とても素敵です。ボンネットが長くて後ろにちょんと座る感じ。チョロQはなかなかいい感じにデフォルメされています。スポーツカーで何か1台上げると言われたら(んなことあるわけないけど)、このトヨタ2000GTかホンダS500かマツダのコスモスポーツか悩むところですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベランダ観察日記「スイセン」

070410suisen1
我が家のベランダのプランターで咲きました。スイセンの花です。けっこう大きな花ですね。今、他には葉ボタンの花、野いちごの花、レースラベンダーなどが咲いています。花が咲くと楽しいですね。
IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チョロQ サークルKサンクス限定
スバル360ヤングSS

070405subaru
先週、お昼の飲物として買った午後の紅茶にチョロQが付いていました。
 僕はチョロQは集めていないというか買ったことなかったのじゃないかな? 初めてかも知れません。まあスバル360ヤングSSだったから買ってみました。今回は他にも僕の大好きなクルマであるトヨタ2000GT、マツダクーペR360(これは渋い!)、ホンダTN360の4台がラインナップ。何でホンダだけ軽トラなんでしょう? S600とかN360とかバモスとか玩具化して面白そうなクルマあるのにな。全部集める気はありませんが(^ε^;)。
 見た目、ダイキャストっぽく見えますが、透明プラスチックに塗装でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

京都・八幡
背割堤の桜と流れ橋

070406sewari01

昨日の4/6(金)は下の娘の中学校の入学式でしたので仕事を休んで出席。午後はヨメと二人でケロケロ号に乗り、僕の実家で母を乗せ、山田池の伯母を迎えに行って、八幡の背割提の桜を見に行ってきました。伯母も母も最近は足が悪くなったので、自分で電車に乗ったり、歩いたりしてココまでは来れませんし。


Sewari_p1

この写真は提の上、左の方の山は石清水八幡宮のある男山です。京阪の駅からみんなぞろぞろと歩いてきていました。平日なのにかなりの人出でした。駐車料金は1000円。ちょっとな〜、ぼったくりだと思いますが…。ちゃんと払って停めたけど。通常の駐車場は使えません。臨時の、橋を渡った向こう岸のところ。けっこう歩いて距離がありますので、背割提で3人を降ろして僕だけ駐車に行きました。
 さて、写真は300度ぐらいのツギラマになっています。提の下の方ではバーベキューをしている人たち。提の上はそぞろ歩く人たちとこの桜を楽しむ人たちの様子がわかると思います。


Sewarp_p2

提の上、見上げてみると桜、桜…。桜のトンネルになっています。縦のツギラマにしてみましたが、あんまりその雰囲気は伝わらないですね、う〜む、難しい。もっと修行せねば。この場所に立って見たその美しさを、どうすれば切り取れるのだろう…としばし悩みました。といってもほんの16秒ぐらいですが。

 この日は足の悪い老人連れだったので端までは歩いていくのはやめておきました。行き着く先に何があるわけでもありません。中州ですから。でも端まで見たいという気持ちにはなるところです。やっぱり午前中から来て、弁当を食べるというのがいいでしょうね。

 風が強く、花粉アレルギーは出なかったので良かったのですが、ちょっと寒かったです。座って、売店で買った草餅を食べ、ペットボトルのお茶を飲みました。




070406nagare

伯母のリクエストで、同じ八幡市にある流れ橋(上津屋橋)へ。400メートルほどの木製の橋で、時代劇のロケによく使われる場所です。
 伯母は時代劇が好きなのですが来たことがなかったと。我が家はここは馴染みの場所です。しかし、ちょっと御無沙汰でしたので、周りの様子が変わっていて驚きました。


Nagare_p

何が一番変わっていたかというと、到達するまでの道です。第2京阪が開通してそれに付随して一般道も新しくできて付け変わっていたりして、久しぶりなので勘が狂いました。
 流れ橋周辺は茶畑が増えたこと、クルマが橋のところまでおりられなくなったことなど。風景的にはやっぱり第2京阪が少々邪魔(このツギラマには写っていません。もうちょっと左側です)ですが、他はまあそのままで安心。

 昼下がりからのミニドライブでしたが、老人たちが喜んだのでよかったよかった。


Nikon D40
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
(35mm EQIV.27-82.5mm)
Panasonic LUMIX DMC-LX1 f=6.3-25.2mm
(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (4) | TrackBack (0)

近所の桜がどんどん咲いてます!

070401sakura1
ご近所の桜がどんどんと咲き始めました。これは、自宅から一番近いスーパーの近くにある池のほとりに植わっている桜です。全体の約半分が八〜九分咲きというところ。
070401sakura2
この、花がピンクっぽく見えるのと白く見えるのは何違うのでしょうか? 新しい花が白いのかなぁ。
070401sakura3
今日はあいにく天気が良くなかったのですが、青空がバックだったらもっと綺麗に見えたかなぁ。大阪は今週が見頃になるでしょうね。
Nikon D40
AF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200m m F4-5.6 G

| | Comments (2) | TrackBack (1)

チャリンコ昆虫記
ちょっと大きめのテントウムシ

070331kamenoko1s
昨日、ママチャリ「パンダ号」に乗って、ヨメと二人で淀川の河川敷を北上してきました。
 やはり、春。
 花や鳥、そしてモンシロチョウなんかが、うようよと出てきましたね(^ε^;)。自転車で走っていると顔や身体にどんどん突進してきます。口開けて乗ってたら危ないです。
 自転車をとめて、少し観察すると楽しい昆虫も見かけます。今回ご紹介するのは「カメノコテントウ」です。普通のテントウムシよりも一回り大きいサイズで、なんだかしっかりとしています。
 赤と黒の特徴的な模様が印象的です。光沢が強く、美しいですね。なんか火付け盗賊改方長谷川平蔵長官が被る陣笠のように漆の重ね塗りのような高級感があります。成虫・幼虫とも、同じ甲虫の仲間であるクルミハムシやドロノキハムシの幼虫を食べるそうです。成虫は樹皮の下や岩のすきまなどに集まり、集団で冬を越するとのこと。目覚めてすぐだったのかもしれません。
 おまけでこのカメノコテントウのムービーも掲載しておきます。MPEG4形式です。離陸シーンが見られます。ウグイスの鳴き声も入っていますので同時にお楽しみください(^ε^)。
「070331kamenoko.MP4」(992KB)をダウンロード

Panasonic LUMIX DMC-LX1
f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9(部分)
ムービーもLX-1で撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »