« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

ちょっとドライブ
京都 嵐山

070128h_arasiyama
京都の嵐山までドライブしてきました。

 昼から出かけたのであんまり時間はありませんでしたが、昼からだったから良かったのでしょうか、阪急・嵐山駅前のコインパーキングが開いてましたのでそこにケロケロ号を駐車して、そこから歩きました。

 冬でも、けっこう観光客はいるんですね、京都って。さすがだな〜(何が?)

070128togetu
渡月橋を渡ろうと近づいていくと、橋の一部がオレンジフェンスに! 事故でもあったんでしょうか。
 一部欠損しているのを応急修理しているという感じでした。ちょっと残念ですね。写真に撮ろうとしても、雰囲気ぶちこわしです。反対側の欄干は無傷でしたけど…。

 このあたり、やたらと人力車がいます。京都では乗ってみたいなぁ。とても楽しそうです。乗りませんでしたが…(^ε^;)。

070128hibari
旧[美空ひばり館]前を通過しました。別に素通りする気はなかったんですが、昨年秋に閉館してしまいました。でも、まだ外観はそのまま残っていました。今後はどうなるのでしょうか。石のこの表札?看板?銘板?がなんだか空しいですね。女王もやはり忘れ去られていく運命なんでしょうか。♪あ〜あ〜かわのながれのよ〜に〜(ウタウナウタウナ!)
 美空ひばりを愛した人たちも高齢化か進んで訪れる人も少なくなってしまったんでしょうね。

070128take1
有名な竹林を通りました。本当に竹ばっかりです。四方八方を竹に囲まれてしまい、かぐや姫でも出てこないかというほのかな期待を…(んなわけない)。

 例のステレオ・ピンホールカメラを持って行ったんですが、渡月橋付近で最初に部品を落っことしてしまい、撮影は断念しました。
 それでこれはIXY D40で撮った、横移動式の立体写真です。平行法で見てください。ちょっと見にくいかも。

070128take
竹林も奥まで進んでいくと段々人が少なくなってきました。こんな感じです。写真で見るとなかなか風情がありますが、ちょっと寂しいというか怖いというか。ワイドミステリーでは殺人事件が起きそうな雰囲気です。でも家政婦は見ているかも知れません。
 目的地はトロッコの駅です。どこまで歩けばいいのかな。途中で道案内の看板が迷うようなことを書いてあって焦りました。迷路に迷い込んだのでしょうか。

070128torokko
トロッコの嵐山駅前です。ツギラマで撮ってみました。トロッコ列車は運休でした。知ってて行ったんですけどね。1〜2月は運休だそうです。

 ちなみに横を通った人力車の車夫の説明によると、このトロッコ列車の線路はJRと共用しているそうです。運休なのに何か通った気がしたのはそのせいか。トロッコ列車というから小さい車体で線路幅もナローかと思ったんですが、違うんですね。う〜む。でもいつか乗りに来ようっと。

070128eki
京福電鉄嵐山駅です。向こうの奥に電車が止まっているのが立体視できますか。平行法で見てくださいね。

 今日は利用していませんが、この駅には足湯がありました。入浴料金は150円。おやつなどを食べながら足湯で暖まるというのはいいかも。今度はぜひ浸かってみよ〜っと。

 というわけで、ステレオ・ピンホールカメラの試写は失敗しましたが、散歩は楽しんできました。
 ただ、デジカメはLUMIX DMC-LX1の方が良かったなぁ。竹林が暗かったので手ブレが多くなってしまいました。だから載せられない写真が多いのです。今度はLX-1を持って行こうっと。
Canon IXY D40
5.8-17.4mm 1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

学研『大人の科学』14号
ステレオ・ピンホールカメラ

070127stereopinhole2
今日、ちょっと散歩のついでに、ビレッジ・ヴァンガード系の、「本屋に見えない本屋」と自分で書いている(^ε^;)[EIGHTY-SIX]に寄りました。そこでこの「元祖ふろく付き 大人版「科学と学習」『大人の科学』vol.14を買ってきました。今回の付録はステレオ・ピンホールカメラ。おまけにパノラマ・ピンホールカメラにもなるそうです。
 本誌にはホンマタカシ、赤瀬川原平が登場していますので、これは買わないわけにはいかないでしょう。

070127stereopinhole0
 付録の箱をあけるとしっかりと発泡スチロールの枠に付録の部品が格納されていました。組み立て時間は1時間と説明に書いてあります。さっそく組み立ててみました。
 まあ、よっぽど失敗しない限り1時間はかからないと思います。組み立ては特に難しいということはありません。

 070127stereopinhole4
 このカメラのうれしいのは、三脚穴があるところです。ピンホールカメラなので露光時間は長くなりますからこれは使い勝手がよくなりますね。
 全体的なデザインも前のピンホールカメラよりも一層クラッシックな感じで細部にも気配りが見られます。これで写真を撮ってみないといけませんね。このカメラの企画は、前のピンホールカメラが好評で、今でも問い合わせが多いけど、増産ができないそうで、新しくピンホールカメラを作ろうということになったとのこと。
 さて、使ってみての感想など、詳細はまた報告します。
学習研究社刊
『大人の科学』magazine vol.14
2300円(税込み)

『大人の科学』vol.14の案内
『大人の科学』編集部blog

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富士山とLUMIXと猫と

070126mtfuji
昨日は久しぶりの東京出張でした。

 僕は新幹線に乗る前にしっかりとトイレに行っておきます。席はいつも禁煙の窓際を取るので東京まで席を立たなくて済むようにするためです。通路側だとトイレも行きやすいですが、車内販売や通る人とかで鬱陶しいですし、窓際はそういう煩わしさがないのと、上着を掛けられるフックも使えるからです。運良くE席(東京に向かって左側窓際)だったらとてもうれしいのです。そう、富士山が見られるからです。

 とは言っても、途中で眠ってしまったり、天気が悪かったりすると見られない場合も多いです。昨日はしっかり目も覚めていましたし、ちゃんと見えたので写真を撮ってみました。思わず脳内に「♪あ〜たま〜を〜くぅも〜の〜うぅえにぃ〜だ〜しぃ〜」とこだましました。乗ってたのはのぞみでしたが。

070126panasonicc
有明まで行きました。ビッグサイトがあるとこかな?(知らんのか!) なんかガラス張りの綺麗な建物があると思ったら、[パナソニックセンター]でした。ここは松下電器のショウルームと科学館的なものがいっしょになったようなとこですね。少し見学しました。最新の製品の展示があり、LUMIXも最新のラインナップが置いてありました。もちろん触れます。L1やっぱり欲しいなぁ〜。
 あと、リスーピアといって子ども向けの科学と数学の実験やゲームの体験ができるものがあり、ここは子どもを連れてきたら楽しいだろうなぁと思いました。というか、ヒートポンプなどの最新の家電製品に使われている技術の原理が実験でわかったりして、大人も引き込まれますね。

070126cat1
 この猫たちは、パナソニックセンターの外の公園スペースのベンチ周辺で、お昼休み(猫は一日中休憩かもしれませんが)のひととき、とてものんびりした感じで日向ぼっこしていた2匹です。
 ちょっと近づいたら、驚いて黒猫がベンチから降りてしまいました。ごめんごめん。

070126cat2
 こっちの猫は、動作はおっとりとしていましたが、やはり全体的に人間を信用してないぞ、という態度がにじみ出ていました。少し歳がいってる感じはしますね。どちらも野良猫でしょうから、生きていく厳しさがあるのだろうとは思いますが、毛並みは決して悪くないので、可愛がってくれる人もいるのでしょう。
Panasonic LUMIX DMC-LX1
f=6.3-25.2mm(35mm EQIV.28-112mm)F2.8-4.9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万年寺山うめだより1/23

070123ume2_2
今日(正確にはもう昨日になっていますが)仕事の帰りに、意賀美神社の万年寺山梅園に寄ってみました。

 すると七分咲きぐらいの梅の木が4本ありました。でも他は全然。全部同じ種類の花でした。色も形も。他の色や花弁の形が違うものはまだ全然咲いていませんでした。気の早い一族が先走っているのでしょう。

Canon IXY D40 5.8-17.4mm
1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボンネットの上にはチャトラが一匹

070122cat
今日の帰りに撮った猫です。いつもの墓場の猫(トモダチ)とよく似ていますが場所が違います。距離にして50メートルぐらい離れているでしょうか。でもトモダチはこの駐車場は縄張りとはちがうのだけどなぁ。声を掛けると返事をしたからやっぱりトモダチかな。でもこっちへ近づいてこようとはしませんでした。よっぽどボンネットの上が温かった(ぬくかった)んでしょうね。
 僕はこのタイプの猫を「茶色と白のシマシマ」といいますが一般的にはチャトラでしょうか。でもアカネコとも言うらしいですね。アカネコは生命力が強いそうです。たしかに近所でもこのタイプが一番多いです。…って前どっかに書いたかな(^ε^;)。
Canon IXY D40 5.8-17.4mm
1:2.8-4.9(35mm EQIV.35-105mm)
望遠側で撮影し、明るさはPhotoshopで調整

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お正月休みは終わった

070103chusingura1
先週5日から仕事は始まっていますが、1日行ってまた三連休だったのでまあ昨日までが正月休みみたいなもんでしたけど、とうとうお正月休みは終わってしまいました。お正月の長時間時代劇に、友人の俳優、必響なおと(ヒヒビキ・ナオト)が出演していました。忠臣蔵の四十七士の一人だからけっこうおいしいですよね。例えせっかくのセリフがカットされてしまっても、画面で北大路欣也のすぐ右後ろに映るポジションです。
070103chusingura2
 ちょっと残念だったのは、エンドロールで名前が「必響」なのに「心響」となっていたこと。でも「ココロヒビキ」というのも音的にもいい感じだし、心に響くというのはイメージもグーなのでいっそのこと改名したらどうでしょう(おせっかい)。

070106tomodachi
今年最初のトモダチです。あけましておめでにゃ〜と言ってました(ちょっと妄想入ってます)。なんか秋に体調を崩したらしくボロボロな感じだったんですが、すっかりよくなっています。よかったよかった。もともとこのチャトラ猫(アカネコ)は強いらしいですけどね。

070108doumori
というわけで昨日の正月休みの最終日というか成人の日は[ひらパー]へ。今年から枚方市の成人式が[ひらパー]では行われなくなったのでちょっとつまらないですが、まあイキッたにいちゃん、ねぇちゃんたちがいないだけ平和というものです。我が家の目的は「どうぶつの森/わくわくヴィレッジ」でした。新聞屋さんにもらった招待券ではこれは見られず、別途券を買わねばなりませんでした。基本的に中はほのぼのとした展示を中心にところどころ最新技術の仕掛けがあって、それなりにおもしろかったです。キャラクターの描き割りというのか等身大切り抜きも、元がCGで立体感ある画ですので、平面で立ててあっても写真に撮るとけっこう立体に見えたり。ヨメは[喫茶ハトの巣]でマスターとのツーショットを撮ってよろこんでいました。
070108totakeke
 こちらは、さすらいの(?)ギター弾きのトタケケです。これは描き割りではなく立体に作ってありました。仕掛けでもうちょっとうごいてほしかったなぁ。
070108kotumekawauso
 [ひらパー]には昔は猿山というか『死亡遊技』の塔のようなサルの塔があったのですが、今はなくなってしまいました。動物もアライグマとレッサーパンダとカワウソがいるだけです。全体に寒さに負けて寝ているのが多かったのですが、カワウソの夫婦はとても愛嬌があってめっちゃ可愛かったです。サービス満点で近くまで寄ってきてくれました。
 動きが速く天気が悪い中でシャッター速度が遅くなってまともに写っているのがないのが残念。
070108inosisi
 これは[ひらパー]の入口にあった猪の細工物です。うまく作ってあるとは思うのですがちょっと地味かも。ほかにもいろいろなパターンがありましたが、なかなか、じっくり見ないとイノシシとわかりませんでした(^ε^;)。ほとんど入園者はそこに目をとめず素通りでした。
070108cloverpig
 お土産店でみつけた四つ葉のクローバーを持ったブタです。なんともはやかわいかったので欲しそうにしていると、下の娘(うずらカラザ)が僕に買ってくれました。お年玉を持っているのでどうも鼻息アラオになっているようです。垂直落下の「メテオ」にやっと乗れる身長に達したので乗りたいということで、一人で乗るのは嫌だからと「金ならある!」と僕を引き連れて乗りました。僕はメテオ好きなのでまあいいけど〜(^ε^;)。お金を握らせると気が大きくなるカラザでした。

070108zippokairo_s
去年から欲しかったZippoのカイロをやっと入手しました。ほかほかでうれしいです。詳細はコチラに。

 まあ、以上でワタクシのお正月休みの総括ということで(^ε^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

萬年寺山に梅は咲いたか!?

070106ume3
お正月と言えば暦の上では春ということになりますので、いろいろなビジュアルでは梅をモチーフに使ったりします。でも実際に梅がお正月に咲いているようなことがあるでしょうか。大阪ではなかなかそういう状況には巡り会いませんね〜。…と思って昨日(正確にはもう一昨日になってしまっていますが)、近所のいつもの梅園、意賀美神社に初詣に行くついでに「萬年寺山梅園」を見てきました。

070106ume2
 今年は暖冬だということですが、やっぱりその影響でしょうか、蕾はたくさん付いているのです。でも咲いてるのはない…、いやありました。2本ほどの木にほんの数輪ですが、気の早い梅が咲いていました。

070106ume1
 咲いているのはほんとうにほんの数輪ですので、見頃は来月ぐらいかと思いますが、咲いている花は儚げでもなく、それなりにしっかりと咲いているのには驚きました。でも昨日の夜から今日にかけて寒くなりましたので、しまった、と思っているかもしれません。けど咲いているのを見つけたときはなんとなくうれしかったです。一昨年は母と伯母をここに梅を見に連れてきましたが、今年も連れてきたいなぁ。

070106morishige
 これは、りっぱな門松です。最近はお商売をしているところでも、なかなかこんな立派な門松を立てるところは少なくなっています。ましてや家でなど、とんと見かけません。まあこの写真のお家のように門松を立てるほどの門構えが必要にもなってくるわけですけれども…。
 このお家は、意賀美神社からもすぐのところにあるお屋敷です。俳優の森繁久彌が幼少の時代に過ごした家だということです。だから森繁さんは枚方の名誉市民になっていますし、我が家の子どもたちは小学校の後輩にあたります…って前にどっかに書いたな、このネタは(^ε^;)。

Canon IXY D40 5.8-17.4mm 1:2.8-4.9
(35mm EQIV.35-105mm)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

自分へのお年玉

070104ixyd40
年末年始休暇の最終日の一昨日、僕の元に届いたのは、僕自身用のお年玉とでもいうか、ちょっと前のデジカメ、キヤノンIXY D40です。

 お手軽なblog用のデジカメとしてIXYがいいなぁと思っていたんです。最近のLUMIXはIXYにも引けを取らない薄型のデザインでいいんですが、残念なことにファインダがなくなってしまいました。僕はファインダを覗いて撮るというスタイルがやっぱり好きなんです。IXYは前から気になっていたので一つぐらい持っておきたいと思ったりもしていました。

 というわけで小型で画素数もそこそこでということでIXY D40を選びました。某オークションでなかなか程度のいいものが入手できて喜んでいます。今年はデジカメでもどんどん遊ぼうと思います。今我が家にある、僕がすぐ使えるデジカメはLUMIX DMC-LX1、LUMIX DMC-FZ10、Leica digilux zoom、PowerShot A5、Che-ez! SPYZ、そしてCanon IXY D40の6つになりました。あと子どもに無期限で貸し出しているLUMIX DMC-FX5もありますが…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新春初観察!
今朝のお月さん

0701050712moon
新年初めての観察です。今日は仕事が初出の慌ただしい朝なのに、その朝にお月さんの写真を撮りました(^ε^;)。

 今朝のお月さん、大阪の枚方市の午前7時12分ごろの撮影です。枚方は東経135度35分、北緯34度45分に位置します。
 月齢16.1。満月を見逃してしまいました。高度が13.5度、方位が289.2度。蟹座と山猫座の間あたりにありました。同時に土星と火星と木星が出ていますが、土星は月の明かりで見えるかどうか。火星と木星はお日様に負けて見えるかどうかというところでしょうか。

Panasonic LUMIX DMC-FZ10
DC VARIO ELMARIT f=2.8/6.0-72.0mm ASPH.(35mm EQIV.35-420mm)
スポット測光/露出補正EV-1
光学ズーム最大+テレコンバージョンレンズ×1.5を等倍トリミング
07時12分ごろ撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お餅がおいしい

070104abekawa
お正月のお餅というと、世間ではまずお雑煮ということになるのでしょう。地方によってすましだったり味噌仕立てだったりといろいろと特色が現れるものでもありますね。

 しかし、僕の場合はお正月であろうと何であろうとお餅の最高峰は安倍川餅なのです。黄粉をまぶしてある甘いお餅。これが僕のお餅のスタンダードであり、キング・オブ・お餅。

 どうしてもお餅と一緒にイメージするのは甘さなんです。だから「力」ナントカといってうどんにはいっていたり、関東煮の餅巾着とかっていうのは僕は苦手なんです。お雑煮だって食べられるようになったのは大人になってからで、子どもの時は安倍川餅か砂糖醤油餅を正月には食べていました。

 安倍川餅はできることなら焼いて、お湯につけて黄粉をまぶすのが一番いいんですが、即席に作る場合はお茶碗にお水少々を垂らしてそこにお餅を1つ。そして電子レンジで1分半から2分ぐらい加熱してぶわわわ〜っと膨らむまでじっと見守る。水分が飛ばないうちに取り出して箸でひとこねしてから黄粉をまぶすという簡単な方法でも作ることができますね。

 写真の安倍川餅はオーブントースターで焼いて作りました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007年初の夜の散歩へ

070102sanpostyle
今日夕方、ヨメの実家から我が家へ戻ってきました。年賀状をチェックして、出せなかった人に返事を書き、それを持ってポストに投函するついでに夜の散歩に出かけました。とは言っても7000歩ぐらいですが。

 冬の散歩で重宝しているのが去年の冬に買ったThinsulateの指が出る毛糸の手袋。僕の散歩は常にカメラをぶら下げています。しかもマニュアルのカメラなので、巻き上げたりシャッターを押したりとそのたびに手袋を外さないといけません。だから寒くても手袋はしていなかったのですが、この手袋は指の先が出ているのではめたままでカメラが扱えますのでとても便利。しかも手のひら側におそらく豚革の裏革が縫いつけてあるので滑り止めにもってこいです。

 鞄は、本当はデイパックの方が両肩に重さが分散できるのでいいのですが、ものの出し入れをするときにはけっこう面倒なのでUNIQLOの小さいショルダーを愛用しています。これは6、7年前に買ったものです。だいぶくたびれてきたので同じのを買いたいのですがもう同じタイプは売っていません。
 外側にポケットが二つ。チャックの方にいつもデジカメを。マジックテープの方に予備のフィルムやミニミニ三脚など。身体に触れる方にも大きなポケットがありここにはメモ帳などを入れます。そして鞄の本体の中には予備のレンズや、もう一台カメラを持って行くときにはここに。でも鞄はいつも余裕があるようにしています。なぜかというと、僕は撮影のためだけのお出かけというのはめったにしないのです。ということは出かけると買い物もするし、したものは鞄にいれられないと荷物を持ってだとカメラが扱いにくくなるので鞄に入れてしまわねばならないからです。
 今日は中に、ほぼ日手帳、レンズが一本(COLOR-SKOPAR 35mm F2.5)、そして買い物したチョコレートと森永のあずきキャラメルと文庫本一冊が入っていました。

 今日の出動カメラは引き続きLeica M6 Classic。レンズはOLYMPUS-OM ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4+マウントアダプタです。このレンズだとアダプタを介してピント合わせが二度手間になるので、散歩写真としては素早く扱えず不適切なのですが、何せ夜の散歩なので、明るいレンズがいいだろうということでライカレンズのナントカルクス級の明るさのOM ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4を付けていくことにしたのです。まあ今日はいつもの散歩道だし、慌てて撮るような写真は撮れる場所でもないしこれにして正解だったと思います。というわけで、代わり映えのしない散歩コースを、何度も撮った場所でブラパチしたので写真としては面白みのないものになったと思いますが、また現像に出したらどこかに載せようかな。

 今日の買い物は、えい文庫の去年の春に出たもので郡山総一郎著『気づいたら、カメラ馬鹿。』です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

新年快樂!

070101inosisipan
あけましておめでとうございます。

 いやはや、始まりましたね2007年。今年はいったいどんな年になるのでしょうね。僕自身もとても楽しみです。でもとにかく楽しみ…と受け身ではいけないですね。自分から楽しむという積極性が必要です。

 写真はイノシシパン。別にイノシシ肉が入っているわけでも、イノシシエキスが混ざっているわけでもなく、イノシシ型のカスタードクリーム菓子パンでしたが…(^ε^;)。

061230inosisi
 この写真は、「ファーブル動物病院」を撮ったのと同じ日に撮ったもの。たまたま名前に「猪」という文字が入っている病院が目に入ったもので…(^ε^;)。

 というわけで、今年も気合いを抜いてとことこふらふらと楽しんでいく年にしたいと思いますので、リラックスしておつきあいください(^ε^)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »