« ちょっとオシャレな写真の雑誌創刊
『CAFE PHOTO』
| Main | 今日のお月さん
ちょっと赤い月 »

ビヨンセと赤い彗星
『THE BIG ISSUE Japan』57, 63号

061226bigissue
赤い彗星のシャア大佐が表紙の『THE BIG ISSUE Japan』63号は通常の3倍の速度で買った(^ε^;)YANBOさんに負けてしまいましたが、やっと入手しました。それと、読んでなかったビヨンセの57号も。内容的には57号の方が興味深いです。こっちはホームレス特集だったし。

 63号のシャアの画は、これは映画版のですね。ガンダムの富野監督のインタビューは、ガンダムファンにはこれといって新しい話ではありませんでしたが、でもまあ変に突っ張りすぎずに話をしていて富野監督もやや丸くなったかなぁと。ヨメは富野監督の写真を見て「この人、販売員さん?」って聞いてましたが…(^ε^;)。監督の後ろのザクは左がシャア専用で、右はジョニー・ライデン少佐用でしょうか。

 んなことよりも、冒頭の稲川淳二インタビューの方が驚いた。まだ工業デザインでバリバリとやっているんですね、この人。すごいな。96年だから10年前だけど賞までまで取ってる。

 キルスティン・ダンストのインタビューも面白かったです。『マリー・アントワネット』見てみたくなりました。

 57号は、 ビヨンセのインタビューも良かったですが「身体醜形恐怖」の記事が興味深かったです。こういう話は人づてに聞いたことがあったので。けっこうこういう悩みというか病気ですよね、こういう人がいるんですね。でも身近にいても本人が納得できないのだから何を言っても通じないでしょうし難しいですよね、対応は。

 といったところで、まだ全部は読めていませんが、いろいろ考えたりして実に面白かったです。

 僕はいつも大阪は京橋の京阪とJRのコンコースのJR側のオッチャンから買っています。オッチャンはいつも「気を付けて」とか一声思いやりの声をかけてくれて、なんだかちょっとうれしいのです。通勤が京橋を通らないので毎号欠かさず買うというわけにはいかないのですが、週刊誌のタレントゴシップを読んでいるのと比べると同じお金を使って買う雑誌としては興味深い情報が多いので、オッチャンも元気で頑張って欲しいし、僕も読み続けたいと思っています。

|

« ちょっとオシャレな写真の雑誌創刊
『CAFE PHOTO』
| Main | 今日のお月さん
ちょっと赤い月 »

Comments

おっちゃんも、来年中には仕事を見つけなくては...と、取り返しのつかないことにぃ~。
「なら、同志になれ、そのほうが一冊あたり110円の収入になる。」
ほんと、おっちゃんがオッチャンになったらシャレになんないよー!(そんな勇気も無いけど)。

でも、その前に人間として「自立」しなきゃあね(涙)。
まだだ、まだ終わらんゾ(意味不明)。

Posted by: A boy about 17 | December 28, 2006 at 12:26 AM

▼ A boy about 17さん
 「わたしはおっちゃんだ。それ以上でも、それ以下でもない」
 ですか。

Posted by: うずらまん | December 28, 2006 at 11:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ちょっとオシャレな写真の雑誌創刊
『CAFE PHOTO』
| Main | 今日のお月さん
ちょっと赤い月 »