« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

さようなら2006

060902blythe_2400
あと3時間ちょっとの2006年。美川憲一も歌ってます。今年も、いろいろあったけど、差し引きしたらまあまあ楽しかったなぁ。
 みなさんの来年も楽しい一年になりますように。 …良いお年を!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

年忘れ!!
レンズはまぬけ!?「昆虫は?」

061230fabre
今日、ヨメの実家に向かう途中の路上で発見しました。なんと、動物病院です。昆虫はどうしたの? 動物はシートン先生にまかせておかないと。専門外じゃないのかなぁ。
(大阪府道21号線で発見)

Air-EDGE Phone AH-WX300Kで撮影(部分)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日のお月さん
半分

0612282330moon
今日のお月さんは、半月でした。月齢8.4。高度19.7度、方位268.1度。
 今日はよく晴れていたので、とても観察はしやすかったのですが風が強くてとても寒かったです。ブルブル。風呂上がりだしぃ〜。

Panasonic LUMIX DMC-FZ10
DC VARIO ELMARIT f=2.8/6.0-72.0mm ASPH.(35mm EQIV.35-420mm)
スポット測光/露出補正EV-1
光学ズーム最大+テレコンバージョンレンズ×1.5を等倍トリミング
23時30分ごろ撮影

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日のお月さん
ちょっと赤い月

0612272246moon
久しぶりにお月さんの写真を撮ってみました。
 月齢7.3、高度15.2度、方位262.7度です。今日は魚座とくじら座の間にありました。東の空には土星も出ているんですね。これは見てないけど。
 今夜の大阪は雲が所々にあります。気温は高めなので、ベランダで観察しても寒くありませんでした。さて、ワタクシ明日は仕事納めです。がむばります(^ε^;)。(←ナニヲ?)
Panasonic LUMIX DMC-FZ10
DC VARIO ELMARIT f=2.8/6.0-72.0mm ASPH.(35mm EQIV.35-420mm)
スポット測光/露出補正EV-1
光学ズーム最大+テレコンバージョンレンズ×1.5を等倍トリミング
22時46分ごろ撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビヨンセと赤い彗星
『THE BIG ISSUE Japan』57, 63号

061226bigissue
赤い彗星のシャア大佐が表紙の『THE BIG ISSUE Japan』63号は通常の3倍の速度で買った(^ε^;)YANBOさんに負けてしまいましたが、やっと入手しました。それと、読んでなかったビヨンセの57号も。内容的には57号の方が興味深いです。こっちはホームレス特集だったし。

 63号のシャアの画は、これは映画版のですね。ガンダムの富野監督のインタビューは、ガンダムファンにはこれといって新しい話ではありませんでしたが、でもまあ変に突っ張りすぎずに話をしていて富野監督もやや丸くなったかなぁと。ヨメは富野監督の写真を見て「この人、販売員さん?」って聞いてましたが…(^ε^;)。監督の後ろのザクは左がシャア専用で、右はジョニー・ライデン少佐用でしょうか。

 んなことよりも、冒頭の稲川淳二インタビューの方が驚いた。まだ工業デザインでバリバリとやっているんですね、この人。すごいな。96年だから10年前だけど賞までまで取ってる。

 キルスティン・ダンストのインタビューも面白かったです。『マリー・アントワネット』見てみたくなりました。

 57号は、 ビヨンセのインタビューも良かったですが「身体醜形恐怖」の記事が興味深かったです。こういう話は人づてに聞いたことがあったので。けっこうこういう悩みというか病気ですよね、こういう人がいるんですね。でも身近にいても本人が納得できないのだから何を言っても通じないでしょうし難しいですよね、対応は。

 といったところで、まだ全部は読めていませんが、いろいろ考えたりして実に面白かったです。

 僕はいつも大阪は京橋の京阪とJRのコンコースのJR側のオッチャンから買っています。オッチャンはいつも「気を付けて」とか一声思いやりの声をかけてくれて、なんだかちょっとうれしいのです。通勤が京橋を通らないので毎号欠かさず買うというわけにはいかないのですが、週刊誌のタレントゴシップを読んでいるのと比べると同じお金を使って買う雑誌としては興味深い情報が多いので、オッチャンも元気で頑張って欲しいし、僕も読み続けたいと思っています。

| | Comments (2)

ちょっとオシャレな写真の雑誌創刊
『CAFE PHOTO』

Cafephoto
えい出版から新しい写真の雑誌が出ました。ちょっと書籍関係の紹介が続きますが…(^ε^;)。

 この雑誌、雑誌というスタイルをとっていますが、これ一冊丸ごと藤田一咲の雑誌なんです。藤田さんとい言えば「○○の時間」シリーズがいっぱい出ていますよね。
 『CAFE PHOTO magazine』という名前でコンセプトは「一杯のコーヒーと楽しむ写真の雑誌」だそうです。この出版社は写真関係の文庫をたくさん出していますし、雑誌もいろいろ出してますね。いつの間にか休刊してしまっているものとかもあるのですが…。『ライカ通信』や『コンパクトカメラ通信』はどうなったんでしょうか(^ε^;)。

 趣味系の写真雑誌は他にもいろいろ出ていますので、それらと差別化をしていくために、藤田一咲という人に絞っての雑誌になっているのでしょう。そのため、全体に散漫にならず一本の筋が通っている気はします。人、風景、街、ネイチャー、いろいろな写真が載っていますが、おしゃれ小物にしても、キャピキャピ感が前面に出たものではなくてちょうどよい塩梅ですね。

『CAFE PHOTO magazine』
著者:藤田一咲
発行:えい出版
定価:857円+税
ISBN4-7779-0646-9

| | Comments (3) | TrackBack (0)

シリーズ図書館に行こう!
『WORLD of PINHOLE』田中良哉

Pinhole
さて、またまた図書館で借りた写真集です。最初、かなりキツ目の広角レンズの写真集だなぁと思って興味を持ったんですが(タイトル見て気づけよ!)、ピンホールカメラで撮った写真集だったんですね。

 それになぜ気づかなかったのかというと、ピンホールカメラの写真集にしてはピントがけっこうキている写真だったんです。カメラ雑誌のグラビアに掲載されたピンホールカメラの写真も見たことがありますが、たいがいピントが甘くて、これでよく満足しているなぁという感じだったんですね。ピンホール独特の柔らかい描写…とか言う人がいるんですが、柔らかいのとピンぼけなのはやっぱり違うのだとこの写真集を見て自信を持ちました(評価基準としてですが)。
 でもまあピンホール写真を撮る楽しみもあるわけで、マスメディアや写真集として出すのならば、ピントは合っていて当然でしょう、と言いたいだけなんです。アマチュアが撮って楽しむ分にはボケててもそれはそれで楽しいというのはわかっています。

 さて、そんな意味でもこの写真集は納得の一冊です。周辺光量落ちがすごくて、周辺部が流れる、なんだかスピード感まで感じてしまうのですが、実際はかなりの時間をかけて撮っているわけですね。時間がそこに凝縮しているということですね。

 撮影場所は日本だと思うんですが、広角のせいでしょうか、どこかしら大陸的な感じがします。田舎もアメリカの田舎のような気分がしてきます。

『WORLD of PINHOLE』
写真:田中良哉
発行:新風舎
2004年5月26日 第1刷発行
定価:1600円(税別)
ISBN4-7974-4254-9 C0072

|

シリーズ図書館に行こう!
『亡骸劇場』小林伸一郎

Nakigara
廃墟ブームも一時の盛り上がりは収まった感がある(?)昨今ですが、廃墟本もたくさん出たけど、写真として美しいのはやっぱり、この人、小林伸一郎さんの写真だと思います。

 この人の写真集は2冊ほど持っていますが、この本は枚方市立中央図書館で借りてきました。15年の集大成だとのことで、僕が実際に肉眼で見て写真も撮ったことのある廃墟(高知県室戸市)の写真も収録されていました。

 集大成だから、一カ所一カ所の掘り下げ方は浅いのですが、たくさんの場所が載っているという点ではお買い得な写真集だと思います。

 ただ、気になるのはこの小林さんが「パラダイス」を廃墟と勘違いしてこの写真集に紹介していることです。この写真集に、先日朝日放送の『探偵ナイトスクープ!』で紹介された某所が載っているのですが、ここはおじさんが趣味で作っているところで今でも廃墟ではありません。現役なんです。

 ま、そんなところはありますが、僕の写真のテーマの一つ「ザ・さびれ」とか「ザ・つぶれ」とかと同じジャンルでとても趣深いと思える写真集ではあります。

『亡骸劇場』
写真:小林伸一郎
発行:株式会社講談社
定価:3800円(税別)
2006年6月15日 第1刷発行
ISBN4-06-213417-9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金曜日のお買い物その2

061208mr9adapter02
金曜日に買ったのはステップアップリングだけではありません。関東カメラサービスの水銀電池MR-9用アダプタです。水銀電池は既に製造中止なので、それを使っているクラシックカメラの場合は、その代替電池の入手に苦労するわけです。ドイツ製の電池が都心の大きなカメラ店に行くと入手できるそうですが、それだと不便ですよね。できたらどこでも入手しやすい電池が使えるとうれしいわけです。

061208mr9adapter01
 これを使うと酸化銀電池SR43が同等のレベルで使えるようになります。このアダプタは抵抗が入っているタイプで1.55Vを1.35Vにしてくれます。SR43自体は近所の百円ショップで買えますのでアダプタのおかげで安上がりになります。僕はこれをOM-1で使うために買ったのです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

昨日のお買い物

Stepupring01
昨日は仕事の帰りに[ヨドバシカメラ マルチメディア梅田]に行きました。
 僕の場合、通勤経路が大阪市内を通らないので、「寄る」というのではなく、わざわざ「行く」という感じです。

 さて、昨日買ったのは、Kenkoのステップアップリングとステップダウンリングです。要するにレンズの先のフィルタ径を変換して他のサイズのフィルタを付けるためのものです。たとえば、小さいところでは、ビデオカメラなんかは37mm、PEN Fのレンズは43mm、OM-SYSTEMの50mmなんかだと49mmです。この辺りのフィルタ径を変換するアダプタを何種類かそろえておけばフィルタやコンバージョンレンズを共用できるというわけ。

Stepupring02
 写真は、先日39'ersさんにいただいたOLYMPUS IZM400に付属していたコンバージョンレンズをPEN FVのF.Zuiko 38m/f1.8に取り付けたところ。43mm→52mmのステップアップリングを使っています。このコンバージョンレンズは昨日OM-1に取り付けて露出を測ってみましたがほとんど付けても変化なしでした。半絞り変わるか変わらないかぐらいです。ネガフィルムだと充分許容範囲ですし、AEで撮るなら全然お構いなしですね。というわけで、リングをパズルのように組み合わせていろいろなカメラに取り付けて遊んでみたいと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

けっこうイケる!

061206_1235001
お昼に、ナントカ水というのをよく飲みますが、今日のこれは、なかなかおいしかったです。エルビーというメーカーの「さわやか・ゆず水」。ポリフェノール入りとのこと。何に効くんやったっけ?(^ε^;)
Air-EDGE Phone AH-WX300Kで撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お月さんの観察日記/12月3日

0612032328moon_s
今夜のお月さん、月齢は13.2。牡牛座と牡羊座の間にありました。かなり丸くなっていますね。今夜も曇っているのでお月さんは見えないのかとあきらめていましたが、夜が更けてくると雲がなくなっていました。
 しかし、寒いなぁ〜。なんか先週から一気に冬がやって来たみたいですね。この寒い時期って大阪だと12月からだいたい3月まであるわけで、そうすると4カ月。ということは一年で一番冬が長いのでしょうか。大阪ってけっこう暑いという印象があったのですが…。

Panasonic LUMIX DMC-FZ10
DC VARIO ELMARIT f=2.8/6.0-72.0mm ASPH.(35mm EQIV.35-420mm)
スポット測光/露出補正EV-2
光学ズーム最大+テレコンバージョンレンズ×1.5を等倍トリミング
23時28分ごろ撮影

| | Comments (2) | TrackBack (0)

うずまきニュース061202

52810022
これは「うずら眼鏡」に、PEN FV BlackとF.Zuiko 38m/f1.8で撮った散歩写真の続き「OSAKA 2006 autumn #3」を掲載しました。これで完結。今回は一気に淀屋橋から天満橋まで移動します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »