« 【速報】レンズはまぬけ!?
「皮っ!」
| Main | 一昨日の月 »

うずまきシネマ
『めまい/Vertigo』

memai
サンテレビの『ドリームシアター』という映画番組でアルフレッド・ヒッチコック監督の『めまい』が放映された。この番組なんと日曜のゴールデンタイムに3時間枠という贅沢な時間取りで放送されている。つまりコマーシャルが入ってもほとんどノーカットだということだ。これはうれしい。録画しておいてゆっくりと観た。
 1958年といえば、僕はまだ生まれていない。素敵な街並み。そして魅力的なデザインの自動車。今はどこを探してもなくなってしまったモダンな雰囲気。こんな時代にアメリカに行ってみたかったなぁ。
 主演は僕の好きなジェームズ・スチュワート。この映画の予備知識としては、「めまい」効果の演出に、トラックアップ(カメラを被写体に近づけていく)しながら、ズームアウト(レンズを望遠側から広角側へズーミングする)する手法を使っているとか、360度キスシーンとか、撮影方法のことぐらいで、ストーリーに関しては全く知らなかった。というよりも知らないように努力していたのだ。トラックアップしながらズームアウトは大林宣彦監督の『時をかける少女』ほか、様々な映画で応用されている。人物の後ろで背景だけが急に広がっていくようなあの撮り方。360度キスシーンは、ジェームズ・スチュワートとキム・ノヴァクがキスをするのをカメラがぐるぐると回り込んで撮っていく。ということは、スタジオセット内で照明さんや録音係などスタッフはカメラの移動と共に写らないようにカメラの背面にぞろぞろと全員が大慌てで回り込んで逃げなくてはいけない、観るとわからないけどとんでもなく撮影が大変な撮影方法なのだ。セットも部屋の四面の全部を作り込まなくてはいけないし。でもこの撮り方のおかげで、キスをしているだけなのだけど、それがとんでもなくエッチな気分を盛り上げてくれる。エッチな気分を演出する上品で効果的な手法だ。とにかくヒッチコックはストーリーでも、映画のカメラワークでもいつも意欲的に新しいことを考えてどんどん使っていく人なのだなぁ。
 さて、話を映画の中身に戻そう。スチール写真から受ける印象とは全く違うストーリーだったし、一番の驚きはキム・ノヴァクだ。強く描いた眉と睨んだような顔の写真が印象的で、きっとかなり強烈な灰汁を持った女性なのではないかと思って、それだけでなかなか見る気が起きなかったのだ。でも観てその評価は180度変わった。キム・ノヴァクはこの映画では前半のマデリーンの時もかなりハッキリと描きましたという眉なのだけど、特に後半のジュディになってからはきついメイクだ。くっきり、ぶっとく、力強く跳ね上がった眉になる。けれど、表情から読み取る彼女の顔は、とても上品でやっぱりヒッチコック好みの女優であることがわかる。元々この映画はヴェラ・マイルズを使う予定だったらしいが、ヴェラが結婚して妊娠したため、急遽キム・ノヴァクに変わったのだという。けれどそれが成功だったと思う。興行的には大ヒットではなく、赤字が出ない程度だったらしいが、僕の評価はかなり上位にランクされる映画だ。そしてキム・ノヴァクがとても素敵なのだ。
 ヒッチコック好きとして知られるデイビッド・リンチ監督のテレビドラマ『ツイン・ピークス』でも殺されるブロンドのローラという女の子とローラとそっくりで髪の毛が焦げちゃの従姉妹が登場する。その従姉妹の名前は「マデリーン・ファーガソン」。『めまい』でキム・ノヴァクが演じたブロンドの女性の役名「マデリーン」。そしてジェームズ・スチュワートの役名「スコッティ・ファーガソン」。この二人から取られているのは明白である。
 ジェームズ・スチュワートが演じるスコッティは、ヒッチコック自身を投影していると言える。マデリーンそっくりにジュディを仕立てていく様は、女優を気に入ると、自分好みにしようと一方的にプレゼント責めにして普段のファッションまで変えさせようとしたという不器用な恋愛観のヒッチコックそのままではないか。
 僕はとにかく恋愛ものでは、切なくなるものが好きで、この映画はジェームズ・スチュワートとキム・ノヴァクがお互いに愛し合いながら、気持ちがどこか捩れの位置にあって重なることがなかった。そこが切ない。そしてラストでは二人ともハッピーにはならないのだ。切ない、せつない…。僕はこの映画を観てしまって、この切なさでしばらく立ち直れそうにない。それぐらいキム・ノヴァクは素敵だったし、映画も良かったのだ。
 
『めまい/Vertigo』
(1958年/アメリカ映画/128分)
製作:パラマウント・スタジオ
   アルフレッド・ヒッチコック
   ハーバート・コールマン
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ピエール・ボワロー
   トーマス・ナルスジャック
脚本:アレック・コペル
   サミュエル・テイラー
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ジェームズ・スチュワート/キム・ノヴァク/バーバラ・ベル・ゲデス

|

« 【速報】レンズはまぬけ!?
「皮っ!」
| Main | 一昨日の月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/7562931

Listed below are links to weblogs that reference うずまきシネマ
『めまい/Vertigo』
:

« 【速報】レンズはまぬけ!?
「皮っ!」
| Main | 一昨日の月 »