« 僕の好きな星座
「オリオン座」
| Main | 明けましておめでとうございます。 »

あ!やっぱり。ベトナムとくればライカか!
『BLOOD+』

BLOODPLUS面白そうだとは思っていたのですが、なかなか見られなかったアニメ『BLOOD+』をこないだから見始めました。10話からかな。だからまだ3つぐらいしか見ていないんですが…(^ε^;)。

 興味を引いたのは画が綺麗なこと。色遣いが渋いこと。画面の演出がうまいこと。なんかただの学園ホラーかと思っていたら全然違う方向なんですね。

 きっかけは我が家の新兵器PSX君が勝手におすすめ録画してくれていたことからでした。しかし、これが大当たり。そう、舞台がベトナムだったんです。しかもベトナム戦争を絡めたストーリーになっています。予備知識もなく、途中からまだ見始めたところなんで、誰がどんな人物なのかも皆目手探りですが、それなりに楽しんでいます。

 今日、2本溜まっていたのを一挙に見たのですが、第11話に沖縄の新聞社のジャーナリストが出てきました。そして、何か謎に満ちた地下倉庫にそのジャーナリストが潜入しているんです。主人公の女の子たちの戦いをそこでジャーナリストは垣間見てしまいます。

 その直前にジャーナリストは悪者(笑)に殴られて気を失っているんですが、そのとき、首から下げていた一眼レフが壊れてしまっていたんですね。女の子たちの戦いを見て写真を撮ろうとするとレンズがすっぽ抜けてしまったんです。そこでバッグから予備のカメラを出してきました。
「こんな暗さで写るのかぁ!」
 とか言いながら。そのカメラがこれです。
 版権の問題で少し変えてあるのでしょうが、これはライカM4ですね。ベトナム戦争の時代だとM3かM2。沢田教一もM2に35mmレンズを付けて使っていましたね。でも現代の押さえのカメラとしてM4を持ってくるあたりがにくいですね。

 ブライトフレームセレクタレバーと、セルフタイマーレバーが付いていること。ストロボ端子が二つあること。これでほぼM4をベースにしていることがわかります。作り手がベトナムにこだわり、そこから小道具にこだわっているのがよくわかります。こういうこだわりが作品を面白くするんですよね。レンズは何だろう?

 アニメに登場したライカというと『ちびまる子ちゃん』のまる子の親友・たまちゃんのお父さんのライカ以来ではないしょうか。しかもたまちゃんのお父さんもM4だったですよね。

 というわけで、細かいところにも油断ができない『BLOOD+』でありました。前半の話を公式ホームページで確認しなければ…(^ε^;)。

|

« 僕の好きな星座
「オリオン座」
| Main | 明けましておめでとうございます。 »

Comments

巻き上げを「2ストローク」で行う所なんてマニアックでしたが、ファインダー画像は御粗末でしたね。
煮詰めが甘い。(ィ。ィ)

Posted by: 39'ers | December 29, 2005 at 11:11 PM

▼39'ersさん
 ファインダーの見た目出てきてましたか。気づきませんでした。さすがですね。

Posted by: うずらまん | December 31, 2005 at 12:39 AM

ご無沙汰してます。

「Blood+」、ケーブルで観てます。
何週か遅れなんで、言及された回はまだ観ていないんですが。

海外ドラマのBuffyとアニメ「十二国記」を足したような内容のアニメですね。ちゃんと観てないと内容がちんぷんかんぷんになりそうです。

最近のアニメは映像がホントきれいですね。

p.s. リンクしてくださっている私のブログですが、6月に移転してます。リンク先はもう削除されてしまっているので、お手数ですが、良かったら変更してやってください。よろしくお願いします。

Posted by: かれん | December 31, 2005 at 01:47 AM

▼かれんさん
 こちらこそ、御無沙汰しております。
 そう『BLOOD+』ってアメリカのテレビドラマっぽい感じがしますよね。『Xファイル』も意識していると思う。
 ちょっとグロいシーンもあるのですが、画のレベルがそれなりに高いので許せます。
 リンクは直しておきました(^ε^)。

Posted by: うずらまん | December 31, 2005 at 02:10 PM

うずらまんさんは見られていない前の方で、あのカメラはかつてベトナムへ行って写真撮ってたことが描かれていて、それがあの記者をベトナムへ向かわせる一因になっているという背景です。
自宅を旅立つその時に、ふっとそのカメラも掴んで荷物に入れた、そんな描写もありました。

まだこの記者と主人公達は絡んでいないんですが、後半ではこのカメラが背景の謎をひも解く重要な役割を果たしそうな、そんなニオイがします。

Posted by: ひらまつ | January 06, 2006 at 12:00 AM

▼ひらまつさん
 そんなにストーリーに絡んでいたんですか。知らなかったぁ〜。損したぁ〜。ちゃんと見とけばよかったぁ〜。本当にしまったなぁ。
 このアニメほんとに画が綺麗なのでいいですね。

Posted by: うずらまん | January 06, 2006 at 12:22 AM

Bloodの制作はstudio I.G. なんですが、以前の作品、攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG の中にもM6 TTL がほんの数カット出ていました。押井守の陰謀か、あるいは制作サイドの小物好きが書き込まれるのでしょうね。ああ、北米在住なのでライブでみられないのが残念。

Posted by: ライブシュタンダルテ | February 04, 2006 at 06:39 AM

▼ライブシュタンダルテさん
 はじめまして。北米にお住まいなんですか。『BLOOD+』はネット配信もしているのでそれでご覧なのでしょうか。
 スタッフに好きな人がいるのでしょうね。押井監督もけっこう細かいところ描くの好きそうだし。あとライカだと一応国内のカメラメーカーに対して気をつかわなくていいということはあるかもしれません。クルマのCM以外のCMにクルマを出すとき会社が多いのと同じ理由ですね。
 しかし、あのカメラマンの名前が岡村昭ナントカというのはモロに岡村昭彦から来ていますよね。彼のオヤジのイメージをそこに被せているし。オヤジが撮ったという写真も、沢田教一の撮った写真が使われていましたね。

Posted by: うずらまん | February 04, 2006 at 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/7894109

Listed below are links to weblogs that reference あ!やっぱり。ベトナムとくればライカか!
『BLOOD+』
:

« 僕の好きな星座
「オリオン座」
| Main | 明けましておめでとうございます。 »