« うずまきシネマ
『チャーリーとチョコレート工場』
| Main | 空に溶けそうなお月さん »

ちくわ笛の名人
枚方に来たる!

051120chikuwabue2
『TVチャンピオン』とか『笑っていいとも!』とかにも出演した、岡山県のちくわ笛名人・住宅正人(すみたくまさと)さんが、我が町枚方市の「ひらかたエコ・フェア2005」の中のイベントの一つとして来演。生演奏を楽しんできました。いや〜、ほんとに楽しかったです。
 ホームページのプロフィールによると、住宅さんは岡山市役所経済局商工観光部勤務で、岡山を中心に伝承民謡の採集・採譜を行いながら、瀬戸内の民謡の歌い手として活動する一方、大学・短大等で伝統芸能やエンターテイメントについての講義を行うなど、芸能文化の伝承・普及に努めているという人。テレビに出演したことから全国的にも有名になったそうです。
 マネジメントは吉本興業の岡山支社が担当しているらしいです。枚方で演奏をするのも知っているだけでも今回で2回目のはず。やわらかいトークと、得意のものまねなどを挟みながらの楽しいイベントでした。ちくわ笛の作り方や吹き方も披露してくれました。
 ちくわって岡山の名物なんですね。前にテレビでも見たことがあったんですが、ちくわ笛は、リコーダーや尺八に似た音色ですね。ケーナにも似ているかも。
 さっそく我が家も帰宅してから、ちくわを10本ほど買ってきて、ちくわ笛に挑戦! でもこれがなかなか難しいんです。音がまず出ません。教えてもらった通りにカットしてやってみるんですが…。家族4人で挑戦して何とか音が出たのは、ワタクシうずらまんとヒヨコだけでした。音が出たという点だけで言えば僕がまだ一番うまかったです。でも曲を奏でるほどにはいかないんです。
 住宅さんが言ってたようにあんまり吹きすぎると顔色が悪くなります。それは急激な酸欠になるからですね。これは注意しないといけません。僕も音を出して調子に乗りすぎてあとでちょっと頭痛が襲ってきました。なんでも夢中になりすぎるのがいけないんですね。
 さて、かなり長い間練習し、ヒヨコも音がある程度出るようになってきました。明日からなんか特訓するとか言ってます。ほんまかいな。
 住宅さんのホームページでは、演奏が聴けたりしますので一度ごらんあれ!

【追加画像】
051120chikuwabue_

|

« うずまきシネマ
『チャーリーとチョコレート工場』
| Main | 空に溶けそうなお月さん »

Comments

このお方、確か高校の同窓生(いっこ下かな)だったような・・・
毎日ちくわばっかり食べてて大変だとか。

ちなみに岡山県人はちくわ笛を吹けるわけでも学校でちくわ笛を習っているわけでも毎日ちくわを食べているわけでもありません。ちくわが特に岡山名物というほどでもないですよ(^^;

Posted by: ひらまつ | November 21, 2005 at 07:54 AM

▼平松さん

 ひょ〜! 平松さんの同級生か後輩かでしたか。すご〜! 平松さんも吹けます? 平松さんはマカロニ笛の方が得意かな(^ε^;)。
 え゛! ちくわが名物ではないんですか(^ε^;)。やっぱキビ団子かな。

Posted by: うずらまん | November 21, 2005 at 05:01 PM

はじめまして。「ちくわ笛」で検索して、こちらにたどり着きました。実は私も一昨日家族で「枚方エコフェア」に行き、住宅さんの音色に魅了されました。そしてヒヨコさん同様「ちくわ笛」にチャレンジしてみようかと思っています。ですが、「笛の作り方」の時に模擬店のお好み焼きブースに並んでいたため、作り方を聞きそびれてしまいました。文字では説明しにくいかと思いますが、よろしければ作り方を教えていただけませんか?

Posted by: ひらかた在住母鳥 | November 22, 2005 at 06:59 AM

▼ひらかた在住母鳥さん
 コメントありがとうございます(^ε^)。
 お好み焼きは列ができていましたね。
 さて、作り方ですが、ネットで詳しく研究している人もいると思うんですが今ちょっと探し切れませんでしたので簡単に覚えている範囲で書きます。

(1)ちくわは穴の大きい方が上です。こちら側をカットします。
 棒を抜いた方の穴が大きくなるそうです。大きさが区別できない時はどっちでもいいとのこと。

(2)斜めに2方向からカットします。角度と位置は、住宅さんの持っているちくわの吹き口が見えた画像を追加しましたので、参考にしてください。

(3)吹き方は、穴の中と向こう側に半分ずつ息を吹く要領で。

(4)音階を出すための穴は、筒状のもので抜く。住宅さんはサインペンのキャップを使っていました。

(5)ちくわは暖まるとやわらかくなるので、そうなると音が出にくいそうです。時々休ませるといいようです。

 …と、いった感じですが、我が家では昨日も挑戦しましたが、音が出るところまで。音階は、住宅さんが小さいちくわでやられたように、穴を開けるのではなく、つまんで変えるやり方でド・レ・ミの3音ぐらいが出ただけで、それ以上は無理でした。
 うちの家族はどうも強く吹きすぎているようです。住宅さんは強く吹いてなかったですよね。強く吹くと音をコントロールできないですもんね。やっぱり5年かかるんでしょうか…。

Posted by: うずらまん | November 22, 2005 at 09:07 AM

ご丁寧に、詳しい説明をどうもありがとうございます。
昨日、ちくわを買ってきました。
早速やってみます。
枚方ではしばらくの間、ちくわの売り上げが伸びそうですね。 (^O^)♪
来年の「ひらかたエコ・フェア」のイベント会場で、うずらまんさんファミリーがちくわ笛演奏会をしていたりして・・・
その時に私も飛び入り参加できるように、練習してみます!!
貴重なお時間を割いていただいて、どうもありがとうございました。m(_ _)m

Posted by: ひらかた在住母鳥 | November 23, 2005 at 04:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/7233350

Listed below are links to weblogs that reference ちくわ笛の名人
枚方に来たる!
:

« うずまきシネマ
『チャーリーとチョコレート工場』
| Main | 空に溶けそうなお月さん »