« 日本語を日本語のリズムで | Main | MacでにこにこNICOLA »

歯車の刻む「時」

seiko5_04.jpg

時計を買いました。誕生日の祝いの権利を二カ月ほど保留していたのでそれで七割ほどを家計で負担してもらいましたが(^ε^;)。といっても値段はそんなに高いものではありません。でもとても欲しかったんです。
 SEIKO5というSEIKOの自動巻時計です。1960年代から70年代にかけて発売されていたシリーズで、すでに国内では何十年も前に生産は終了しています。でも海外輸出用にまだ作っていたんですね。それを逆輸入したもの。ムーブメントは日本国内、組み立てを香港で行っているとのこと。
 僕が小学生のころ初めてちゃんと動く時計を初めてもらったのが、このSEIKO5のお古でした。その時計は以降一五年ぐらい使いましたが、とうとう動かなくなって捨ててしまいました。
 全く同じ物ではないですが、同じシリーズの時計を自宅最寄り駅から一駅先の街の、いつも客があまり入っていない、つぶれかけの公設市場の空きをどんどん占領する形で店内を広げていっているバッタ屋とスーパーが一緒になったような薄暗い店で見つけました。見つけてから買うまで数カ月。
 ショーケースに入っていたこの時計を、
「SEIKO5が欲しいんです」
 と言って店員さんに出してもらいました。間違いなく新品で、偽物じゃなくSEIKOのホログラムシールもはってあります。でも箱もなにもなし。その場で支払おうとすると、あっちのレジでとかなり遠くのレジを示されました。この店、薄暗くて広くて、そんな遠いレジに自分で持って行くなら、その間にポケットに入れてしまってもわからないような感じでした。でもちゃんとレジでお金を払いましたけどね(^ε^;)。チューインガムを買うのと同じような感じで青いインクで印字されたいかにも安っぽいレシートと、ファンシーグッズを入れるような紙の小袋に時計を入れて手渡されました。もちろん保証書もなし。早速手にはめて中風のように手をふるわせてネジを巻きました。最近、逆輸入のSEIKO5は比較的入手しやすいらしいですが、裏もガラスのスケルトンになっているモデルが多いようです。僕のこれは、裏は昔ながらの金属蓋です。
 薄暗い怪しい店で、保証書もなく、なんか拍子抜けしたような買い方したけど、ちゃんと動いてます。しっかりと。クォーツではない機械式。チッチッチッチ…と生き物のように。
 ホログラムシールは勿体ないけど剥がしました。

|

« 日本語を日本語のリズムで | Main | MacでにこにこNICOLA »

Comments

こだわりのうずらまんさんはこんなとこにもこだわりがあった
んですねえ…。そういえば先日別のとこで「機械式時計」につ
いてちょっとやりとりをしたような…。
祖父がしていたのもこんな感じの時計でした。あれがSEIKO5だ
ったのかなあ。

私も誕生日プレゼントの権利を2ヶ月ちかく保留していました。
買った物は違いますけど、欲しい物を買う時っていろいろ悩み
ますよね(笑)。

Posted by: まんたろ | July 07, 2004 at 01:35 PM

▼まんたろさん
 なんかね、電池って嫌なんです。嫌いではなく電池の電気がなくなってしまったときがとても悲しくて。たぶん子どものころに玩具のレーシングカーかなんかが、遊ぼうと思ったときに電池がなくなってて、うんともすんともいわなかったとかなんかで、それで電池を使うものが嫌なものという認識が刷り込まれてしまったようなんです。
 カメラもライカやペンが好きなのは電池は一部使っていますが使っていても、その電池がなくなっても本来の写真を撮るという機能は失われないというのが本質的に好きなんですね。だからゼンマイ式の時計が大好きで、腕時計もこういうのが好きなんですね。
 どこかで時計の話ってしましたっけ? なんか覚えているようないないような…。

Posted by: うずらまん | July 07, 2004 at 03:57 PM

SEIKO5っていろんな種類があるんですね。
ネットで探してみたら大抵のは裏がスケルトンでした。

時計の話…複雑時計のしくみを全部クオーツでやると
いう時計の話をしたようなしなかったような。
私は…メカメカは好きなんですが、時計に関しては時間
が秒単位でも狂ってるのが嫌なので、クオーツの方が
いいです。機械というよりは「計測器」だと思ってる
のかも(笑)。

Posted by: まんたろ | July 07, 2004 at 04:41 PM

▼まんたろさん
 そうそう、裏がスケルトンのも面白いですね。今回買ったの
は、オモテのデザインで選びましたので、裏にはこだわらな
かったんですが、今度買うなら裏スケルトンがいいな。でも
自動巻だと二つ持っていると毎日取っ替えでうまく回るだろ
うか…。
 僕は時計にはけっこう寛大で、1、2分進めてたりします。
クォーツ使っていても必ず時間が狂うのであきらめました。
電波時計はさすが正確ですね。目覚ましで我が家にありま
すが、ほんとちゃんと修正してくれます。あと、タイムサーバ
の設定をしたMacの時計表示も正確ですね。

Posted by: うずらまん | July 08, 2004 at 04:41 PM

自動巻を自動的に巻いてくれる機械があるんですよね。
電気を否定して、自動巻を巻くのに電気を使うのは…とか、いろ
いろひねくれた事は考えつくもんでして(笑)。

私も一番頼りにしているのは、パソコンとビデオの時計です。

Posted by: まんたろ | July 09, 2004 at 10:55 AM

▼まんたろさん
 そうそう、自動巻を巻くための機械。ロレックスとか高級時計で日々の生活では危険(傷つくとか盗難とか)できないような高もんの時計を家に置いておくときに使うのかな、って思いますが、そういう機械の存在は知ったとき爆笑しました(^ε^)。なんか「王様のアイデア」で売ってそうな…。

Posted by: うずらまん | July 09, 2004 at 11:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/917272

Listed below are links to weblogs that reference 歯車の刻む「時」:

» 香港製のホンモノ時計 [うずまき中華 blog]
▼腕時計を買ったんです。ゼンマイ式自動巻のSEIKO5というやつ。1960年代 [Read More]

Tracked on July 07, 2004 at 06:19 PM

« 日本語を日本語のリズムで | Main | MacでにこにこNICOLA »