« 男は黙ってぬいぐるみ… | Main | 赤い飛行船 »

ロシア生まれの憎いヤツ

JUPITER-12.jpg

某オークションで入手したロシアレンズのJUPITER-12 35mm F2.8です。今日届いたばっかり。これはドイツのカメラ・ライカの古いタイプ「バルナック型」に規格された「Lマウント」と呼ばれるマウントで、アダプタを使って、僕の持っているM型ライカにも取り付けることができるレンズです。

 ネットでいろいろ調べてみると、このJUPITER-12は、戦前のカールツァイスの名レンズ・ビオゴンをコピーしたレンズらしいです。後玉が飛び出していて、剥き出しになっているのが特長です。シルバークロームメッキは1950年代から10年ほど製造されていたものらしく、今ではなかなか入手しにくいとのこと。しかし、このブラックメッキは1990年代まで製造されていたので比較的入手はしやすいと。

 ロシアはLOMOのようなコンパクトカメラも面白いのですが、レンズも面白いです。特にレンズはカールツァイスやライカのコピーレンズが多く出回っています。第二次大戦後ドイツが東西に分断されたときにツァイスの技術がロシアに流出したということで、なかなか優秀なレンズも多いらしいのです。しかし、当たりはずれはあって、外れるとけっこう痛い目にもあうということです。

 でもライカのレンズって高いのでなかなか買えませんが、ロシアレンズだと1/10以下の値段だったりしますので、ほんとにお小遣い程度で気軽に買うことができて、僕のようなプアマン・ライカーにはとてもありがたいのです。ロシアレンズは今まで2本買いましたがいずれもグーでした。

 というわけで、週末はこれをライカに取り付けて、散歩写真を楽しもうと今からワクワクしてます。とりあえず、家の中で子供たちをモデルに試し撮りはしてみましたけど…。

|

« 男は黙ってぬいぐるみ… | Main | 赤い飛行船 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32361/577674

Listed below are links to weblogs that reference ロシア生まれの憎いヤツ:

« 男は黙ってぬいぐるみ… | Main | 赤い飛行船 »