護衛艦しまかぜ(DDG-172)が天保山にやって来た!

19055524_1463071630417039_578153302
6月11日 日曜日、大阪の天保山埠頭に海上自衛隊の護衛艦が寄港し一般公開しているというので見物に出掛けました。

 護衛艦しまかぜ(DDG-172)。はたかぜ級2番艦。1987年進水、1988年就役。全長150メートル、全幅16.4メートル、基準排水量4,650トン。乗員260名、最大速力30ノット(約時速55.56キロ)。1番艦はたかぜの改良版で排水量が50トン大きく、主錨がはたかぜのホールス式に対してしまかぜはアドミラリティ式に変更されているとのこと。
 前に舞鶴で体験乗船した「護衛艦しらね」と大きさはほぼ同じだけど、あちらはヘリコプター巡洋艦タイプなので後部デッキが広く、また格納庫もあったがしまかぜはそういう装備はありません。しまかぜはDDGミサイル護衛艦です。
 
19025018_1463046003752935_324495497
▲しまかぜの浮き輪。
 
19095718_1463243863733149_281108988
▲艦橋(ブリッジ)から艦首方向を臨みます。

 127mm54口径単装連射砲Mk42、1門。これ、中に人が入って操作していますが回転がかなり速いです。調子に乗って思いっきりブン回した遊園地のコーヒーカップぐらいの速さはあります。中の人、酔わないのでしょうか。
 アスロックSAM8連装発射機Mk112、詳しくないのでわかりませんがミサイルランチャーと言っていいのかな。四角い箱が4連が2段。蓋が開いてレールが少し出てミサイル発射!と今日はミサイルなしでしたが動きは見せてもらいました。
 後部デッキの127mm54口径単装連射砲Mk42では排莢の実演がありました。本来は火薬の勢いで排莢するのですが、今日は人力で押しだしだと。発射後の掃除の実演もありました。
 
19055578_1463245590399643_818753800
▲メーター類がいいですね。これも好きな人には萌えポイント。
 
19025270_1463246630399539_558189350
▲りっぱな堂々とした羅針盤。
 
19054962_1463249933732542_294835238
▲使い込まれた感がしびれる〜ぅ!双眼鏡です。
 
19092878_1463247850399417_444382375
▲大阪湾の海図がありました。
 
19054930_1463248823732653_731892307
▲海図を広げていたテーブルの上、書架や金庫のような物があります。
 
19092640_1463251290399073_607682829
▲艦橋の見学を終えて出る時も急で狭い階段を下りていきます。
 
19023681_1463253847065484_152885128
▲やっぱりこの角度がカッコイイですね。

楽しかった~! そしてやはり自分の国を守っている自衛隊のことを知るのはとても有意義でした。自衛官のみなさんに感謝。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

滋賀 長浜に仮面ライダーがいたッ!

18920958_1454830771241125_1037760_2
6月4日、彦根城へ向かう途中、琵琶湖湾岸を走っていて、仮面ライダーストロンガーに出会いました!
 これ、クルマのフロントガラスにムービーカメラを貼り付けてたので動画からの切り出しです。

 バイクはカブトローではなくて新調したみたいですね。スクータータイプで荷台にボックスもくくりつけてあります。かなり実用性の高いカスタマイズですね。武器でも入っているんでしょうか。

 Twitterにこの写真をアップしておいたら、ツイッターで、ストロンガーさんご本人からコメントをいただきました! 「滋賀 長浜 仮面ライダーストロンガー」という名前で活動されていましたが、最近「ゴーストロンガー」と名称変更されたようです。仮面ライダーのコスプレでツーリングなどをしながら「飲酒運転撲滅」をPRする活動をされています。他にもライダーがいます。ゴーストロンガーさんのTwitterでチェックしてください。
 ゴーストロンガーさんのツイッターは↓
https://twitter.com/ghostronger

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小さな本格派
Panasonic LUMIX GM5

19024941_1463212727069596_412071779

とうとう製造終了してしまったパナソニックのデジタル一眼(ミラーレス)LUMIX GM5。発売からだいぶ経っても値段がなかなか下がらなかったのですが買って良かったと思います。最近はこればかり持ち出してます。

 小さいくせにファインダ付きでほとんどの撮影をこなせます。レンズはキットレンズのG VARIO 12-32mmを付けて持ち出すことがほとんどです。ちょっとしたお出かけ撮影や旅行ならこれで十分。出掛ける気分を阻害しない機材でなおかつ必要十分なカメラですね。

 自分で貼ったネイビーブルーの貼り革、社外品のこのグリップも気に入ってます。末永く愛用したいデジカメです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さらにさらに!



僕は何をやっているのだろう? 追いまくられてまるで義務のように[いいね!]だけを押す。写真なんか数秒も見てない。そんなことをしていて楽しいのか? 楽しむためのものだったんじゃないのか?

 ずっと考えていたことでした。意味のないことはやめよう。山ほどあるやりたいことはこのままじゃ、死ぬまでに終わらない。無理をするのはやめよう。やりたくて放置プレイになってることに着手しよう。やりたいと思わないのに惰性で付き合いで時間を浪費するのはもういいや。

 というわけで、生活パターンというと大げさだけど、忘れていたものを思い出したり、後回しにしていたことをやり始めたり。とにかく自己中心的に軸足をさらに移していきたいと思います。このブログだってもうちょっと更新したいしネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この小鳥は?

16602308_1337312829659587_532854659

今日、午後からMINIでミニドライブ。途中で寄ったファミマの駐車場でちょこちょこと走ってた小鳥。なんという鳥だろう? …と書いたら、twitterやFacebookで教えてもらいました。「ハクセキレイですね」と。みなさんありがとうございます。

 …と、ここまで書いて気づいたことが。このハクセキレイって前にも見かけたのでは?
 そうです。前に記事にしてました。
 「ハクセキレイ コンデジ魂」
 前もドライブ先でコンビニで出会ったのでした(笑)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カーネギー・ホール 1938年の幻のライブ盤
ベニー・グッドマン

16707276_1334971213227082_147153429

作家 池波正太郎さんが愛聴したという、1938年のまだクラシックのコンサートホールだったカーネギーホールで行われた、ベニー・グッドマンがカーネギー・ホール初出演のジャズコンサートの幻のライブ盤LP、2枚組。

 聴いてみたくなってこれをCDで入手。CDも2枚組。中古で入手したのだけど、ほぼ新品だった。このアルバムはレコード用に録音されたものではなく、ラジオでマイク一本で生中継されたものが放送局で記録としてとりあえず録音されていたから残っていたもの。それを音源にしているという奇跡のレコード。この時代だからテープはないのでおそらくカッティングマシンで音盤に直接録音されたのだろう。レコードのプチプチノイズ入りはご愛嬌。

 Facebookのお友だち三浦さんによると「大型のディスクに録音されたと聞いていますが、Vディスクと同じ12インチだとして録音時間が8分ぐらいだから、もっとデカイのかもしれません」とのこと。

 MINI仲間の五十嵐さんは「クラッシックの殿堂であったカーネギーホールの歴史的なコンサートライブですね。特にシングシングシングは、今聴いても圧巻です。DVDのベニーグッドマンストーリーもいいですよ。ライオネルハンプトンや往年の名ジャズメンも多く出演。スィングジャズが単なるダンスミュージックから鑑賞するものに転換するのを物語る場面もあります」という。

 僕のような人生の重みがないものにはジャズはまだ無理だろうと思っていたが、考えれば人生も折り返し地点を随分と過ぎた。もうそろそろ聴き始めてもバチは当たるまい。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年明けましておめでとうございま〜す!

15826599_1296917800365757_306607908
明けましておめでとうございま〜す! いつの間にか2017年になっちゃってました(笑) というわけで新春初笑いの画像(初夢カメラ)と、メッセージはドイツ語でございます。






 この画像、単なる思いつきで作ったものです、はい。

15780689_1296884330369104_613666093

カメラとしては、CONTAX G1です。全自動レンジファインダーカメラ。これヨメの父のカメラ遺産です。せっかく遺してくれたので使わないと、とは思うんですけどなかなか馴染めないので……。

15724770_1296880753702795_334229291

15825759_1296884790369058_351242952

…新年の工作第1弾として、貼り革をしてみたというわけです。なんだか、昭和チックになって素敵でしょ(^ε^)
 これに「Leitz」のロゴを載せてみたら?と思いついて、新春メッセージを作りました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【悲報!?】LUMIX LF1に潜む影! そして落下事故、そして…

P1050501_2

悲しいお知らせ。先週から香港旅行に行ってました。旅行の報告は別途しますが、その旅行中にワタクシ、iPhone 5sを某所に落下水没させたというニュースをFacebookに書いて全国を震撼させてしまいましたが、さらに悲しいお知らせです。

 写真の一番下、中央から右斜め上に伸びる影。おわかりいただけただろうか。ではその部分を強調した写真を見ていただこう。

P10505012

 センサーにダストの付着しているのである。

15403860_1275519842505553_582830958
▲写真中央のコンパクトデジカメがLUMIX DMC-LF1。小型で電子ビューファインダーが付いているのが使いやすい

 カメラはLUMIX DMC-LF1。コンデジだ。つまりレンズが外せない。ということはセンサーのクリーニングは自分ではできない。(※レンズが外せる一眼レフや一眼タイプのデジカメでも素人がセンサーの苦リーリングを行うことはメーカーは推奨していない)
それに加えてクリーニングするには本体を分解しないといけないので、単純なメンテではなく修理扱いになり、修理に出すと作業工賃が多くかかり、何万円単位の費用が掛かってしまう。写真によってはわかりにくい物もあるがずっと同じ位置に出ている。カメラを振り回したり振動させたりしても位置が変わらない。ダメだ。これはもうモチベーションがリーマンショック以上に下落してしまった。そしてその上に悲しい出来事がさらに重なった。

 ホテルのベッドの上にLF1を放り出して僕は意気消沈していた。そのときガシャッカラカラカラ… 布団の上のものを取ろうとした係の者(うずらヒヨコ)がLF1を引っかけて床に落下させてしまったのだ。悲しいことは重なるものだ。もうダメだ。ツイてない。僕の人生は完全に終了だ。今回の旅は出がけにも不幸な事故があった。新しいデオドラントスプレーを使おうとして貼ってあったPOPのシールを剥がして捨てるとき少したたんだら角が立ってそれが左親指の腹に突き刺さって流血。これが痛い痛い。これが不幸の始まりだった。そしてiPhone 5s水没…などなど。

 ところがである。落としたLF1の動作を確認した。一応凹みも割れもなかったし、動作もできるようだ。念のため試し撮り。この落下のショックでもしかして…!
 その通りだった。落下のショックでセンサーのダストが取れてしまった。ズームしたりわざとピンぼけで白い壁を撮ってみたりしてもあのおぞましき影は出ていない。なんともはや怪我の功名である。

 係の者の粗相は災い転じて福となったのである。普段は場合によっては鬼のように×××形相で、
「そんなん知らんよ!こんなとこに置いてるんが悪いんや!」
 と全身全霊で総攻撃をしてくる性質のある係の者がこの時だけはあまり心のこもっているとも思えない軽い調子ではあったが、
「ごめんごめ〜ん」
 と言ったのも不思議だったが、まあとにかく鬼ではなくて女神様に見えた。一応の感謝を表しておく。だからラストデーの以降の写真には気持ち的にも写真的にも影は写っていない。All's well that ends well.
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【男の七つ道具】「記者ハンドブック」

15016446_1242405649150306_802109756
仕事で愛用している共同通信社の「記者ハンドブック 新聞用事用語集」。「じ」「ぢ」「づ」「ず」の書きわけ事例もこれに詳しく載っている。

 ながらく右の(第8版5刷 2000年)を使っていた。カバーもボロボロで補修したりしている。書き込みもけっこうしてある。仕事上のローカルルールをメモっているのだ。日頃、ネットで検索できるので辞書は使うことはなくなってしまったが、表記上のルールなどはこのハンドブックをみなければ判断に迷うことも多い。

 そういう辞書としてルールブックとしても役に立つが、読み物としても興味深いことがいろいろ書いてある。

 もう16年も使ったので、この度最新版の第13版を購入。第8版の時は写植で作っていた版面がやはりDTPになっているなぁ。書き現わすことの基準を知らないとそこから逸脱することもデタラメになってしまうから。古い方は家に持って帰って使おう。気の抜けた僕のblogやツイートなどの文章でも、少しは気をつけて自分なりの表現のルールは持っておきたいと思う。(思うのは自由)(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「○○し辛い」を「○○しずらい」と書く人

「○○し辛い」を「○○しずらい」と書く人をよくネットで目にする。きっとローマ字変換なんだろうなぁ。「すらい」なんて言葉はないとは思わないのだろうか。なんとなく見ていて「つらい」ヮ。

 このことをFacebookに書いたら「『現代仮名遣い』では『じ』『ず』を用いて書くことを本則として、『ぢ』『づ』を用いることも許容する」とご指摘をいただきました。

 そうなんですよね。ただし内閣告示のルールでは、凡例の第2の5に「次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く」という例外事項があり、この「サ変動詞」+「つらい」は、
(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
の例にあたります。つまり、ここでは仮名書きであれば「づらい」と書くのが正しいということになるんです。

11225180_1231258293598375_131600576

「つらい」は漢字で書くと「辛い」なんで「からい」との書き分けをしたくなるから仮名書きをする場合があり目立ちますね。
「酢漬け」とかだと漢字で書く方が分かり易いので「すずけ」と書いていてもわかりませんが、少なくとも「すずけ」ではATOKでは変換できない(^ε^;)
「しづらい」はATOKだと「しずらい」と打つと《「しづらい」の誤り》という警告が出て勝手に「しづらい」に直してくれて、その後で仮名漢字変換の候補で「し辛い」が出て来ます。

 他のIMEだとどうなんでしょうねぇ。MS-IMEとかことえりだとどうなるのかな? いずれにせよ「探しづらい」とかを「探しずらい」と打つ人はおそらく「探し」+「ずらい」と音節で分けて打って変換しているんでしょうね。「さがしずらい」変換、ではないでしょう。

 この仮名遣いの話はいろいろと普段から興味をもって資料を読んでいるのですが(仕事にも関係するので)、あい(愛)、あひ(相)、あゐ(藍)も全部今は「あい」にまとめられているのは言葉自体の発音が発音をし分けなくなってしまったからということもありますね。とはいえ「つらい」を「すらい」と言う人はまだいませんが。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«うずまきシネマ『エンド・オブ・ホワイトハウス』